漫画「夜桜さんちの大作戦」8話のネタバレと無料読み放題

漫画「夜桜さんちの大作戦」8話のネタバレ

2019年10月12日(土)週刊少年ジャンプ46号 発売

8話のネタバレ

六美は「運び屋」花輪の人質となるが、夜桜兄弟全員と恋人の太陽が奪取作戦を開始。

凶一郎は六美の乗るトラックを足止めすると、太陽と花輪の勝負が始まった。

スパイならばシンプルな武器もありだと、絶縁加工した園芸用ハサミが太陽を襲う花輪の目的は、救援部隊が来るまで約3分の時間稼ぎ。

二人の決戦現場には、花輪傘下の「花吹雪便」に「ウミユリ便」が駆けつけて、六美を船舶か潜水艦で逃がす手はずなのだ。

それまでに花輪を倒す必要がある太陽はワイヤーをハサミに絡めて分解に成功。

しかし「いける!」と感じた瞬間、体は動かず、目も霞み膝をついてしまう。

花輪特性の毒物薬のオーガニックブレンドを嗅がされたのだ。

自社工場のラインを止めたお陰で、身代金の不渡り、不認可の特効薬、武器の滞りなど、お前のエゴが世の中に混乱をもたらすと力説する花輪だが、六美を取り返したいだけだと歯に仕込んだ解毒剤で何とか立ち上がる太陽。

それを見た六美は足元に転がるハサミの片刃を太陽に渡すと、花輪のハサミと相打ちになりこれを破壊。

仰け反った花輪に太陽は渾身の右ストレートを放つ!

「六美は商品じゃない、俺の妻だ!」

海に落ちていく花輪。

残りの増援部隊も凶一郎が瞬殺した。

六美無事救出され、家族はまた一つに戻るのだった。

「夜桜さんちの大作戦」8話の感想(ネタバレ含む)

「夜桜さんちの大作戦」8話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

近日更新!

「夜桜さんちの大作戦」8話の考察(ネタバレ含む)

40代男性
花輪に初戦で負けて、失った六美とプライドを取り戻した太陽の成長回でした。
敗北からリベンジまで3日もかからないとは、凶一郎の鬼特訓は相当な効果がありそうです。
ミッション途中で何処ぞに出荷されそうな女の子を救った太陽にスパイとしてダメ出しをしていた凶一郎も、最後は太陽を「義弟」と言う台詞から、それなりに認めている感じがしました。
もっとも六美を助ける際に、太陽をわざと足場代わりに使うなど、作品的にはこれからもイジリ役として描かれるのでしょうが。
それにしても、救出した女の子を花輪は何の商品として出荷しようとしていたのか?
悪の持論を躊躇いもなく正当化する話ぶりに、スパイ産業という裏社会の深さを垣間見た気がします。

漫画「夜桜さんちの大作戦」8話を無料で読む方法

「夜桜さんちの大作戦」8話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ここでは「夜桜さんちの大作戦」が掲載されている週刊少年ジャンプの他作品の単行本を完全無料で読む方法をご紹介します。

「ジャンプの他作品の電子版コミック単行本」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「夜桜さんちの大作戦」単行本は410ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!