漫画「夜桜さんちの大作戦」5話のネタバレと無料読み放題

漫画「夜桜さんちの大作戦」5話のネタバレ

2019年9月21日(土)週刊少年ジャンプ43号 発売

5話のネタバレ

目が覚めた太陽。

しかし、そこには光は無く、椅子に座り手は後ろに回され手錠をかけらていた。

ようやく自分が拉致られたことを知った太陽。

早速指に仕込んだ針を使い解鍵し、見張りを倒して銃を奪うと、今度は見張りの追っ手を撒くために、通気孔の中を間接外して移動をすると、ある温室の部屋にたどり着いた。

するとそこには気配が全く感じられなかった、物腰柔らかい中年男性が植物に水を与えていた。

その男は「週刊スパイ」にも掲載していた通称「運び屋」こと花輪。

クチコミ1位のプロのスパイに手玉に取られる太陽は、タンポポは所詮タンポポだと、運び屋に逆関節を取られて地に伏す屈辱を味わう。

そこに六実が現れる。

運び屋の目的は最初から六実で、太陽を人質交換要員のカードとして誘拐をしたのだ。

入れ替わり人質になる六実は、太陽に「心配しないで」と言葉をかける。

気を失い夜桜の屋敷に送り返された太陽を介抱したのは、出張から戻っていた凶一郎だった。

3日後までに六実を家族全員で迎えに行くと言う凶一郎は、まだまだ3流以下の太陽に一流の何たるかを体と心に刻み込むつもりだ。

「よろしくお願いします、凶一郎義兄さん」

失われた誇りと六実を取り戻す覚悟をする太陽だった。

「夜桜さんちの大作戦」5話の感想(ネタバレ含む)

「夜桜さんちの大作戦」5話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

30代男性
今週は主人公の朝野太陽が捕まるところからスタートした。拘束されていたが難なく解く所作が、スパイ稼業としては当たり前なのだと思いました。そのあと人質として夜桜六美との交換に使われ、自らの非力さに嘆くと同時にまだまだ成長する朝野太陽が次はどんな活躍を見せてくれるのか非常に楽しみです。

「夜桜さんちの大作戦」5話の考察(ネタバレ含む)

40代男性
守りたいものを守れなかった屈辱。
スパイものというトリッキーな題材ながらも、実は主人公の成長物語という王道の展開だったりする。
最後は「義兄さん」と呼ぶ太陽にニヤリとするとする凶一郎は、兄と言われて嬉しかったのか、これから太陽をいたぶることが出来からか、その理由については次回に明らかになるだろう。
結論から言えば3日足らずで、3流以下が1流になることなど不可能であろうが、そこは「ジャンプ」特有の三大要素「努力」でどうにかするのだろう。
また、地味ではあるが、六美を迎えに行くとした凶一郎のセリフは「兄弟」ではなく「家族」であったことから、何だかんだと言いながら完全ではないが太陽を認めつつあるのではと考えられる。

漫画「夜桜さんちの大作戦」5話を無料で読む方法

「夜桜さんちの大作戦」5話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ここでは「夜桜さんちの大作戦」が掲載されている週刊少年ジャンプの他作品の単行本を完全無料で読む方法をご紹介します。

「ジャンプの他作品の電子版コミック単行本」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「夜桜さんちの大作戦」単行本は410ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!