漫画「弱虫ペダル」559話のネタバレと無料読み放題

弱虫ペダル

漫画「弱虫ペダル」559話のネタバレ

2019年9月19日(木) 週刊少年チャンピオン42号 発売

559話のネタバレ

RIDE.559 MTBを闘う人たち

MTBのレース会場に到着した坂道は、そこにいろんなMTBがあり、たくさんの人がいてレースを闘う事を実感している。

そして早く雉くんのレースを見たいと思う。

雉くんのところに行こうと思ってメールを送ろうとするが、見ない可能性もあるかと電話をしてみようかと悩んで一人バタバタした末に、ようやく電話をかけようとするとそこは電話の繋がらない圏外の場所であった。

坂道があたふたして落ち着きなくしていると、いきなり声をかけられる。

その人は坂道に立て続けに困りごとか、観戦か、俺に聞けとまくしたてる。

そして自分の事をMTBマスター「追いかける雷鳴(ライトニングチェイサー)・吉丸雷音」と指を鳴らしながら自己紹介する。

それを聞いて唖然とする坂道に吉丸は再度ゆっくり名乗る。

そして助けてやろうと言っているんだと悩みを打ち明けるように話していると、坂道は携帯が、と答える。

すると見せてみろと携帯を奪われてしまう。

そこに車輪を雷音の頭に押し付けて女の子が止めに入ってくる。

坂道にうちのアニキがごめんねと言いながら中学生かと聞いてくる。

坂道が高2だと答えると妹の鈴音は若いと言い、雷音は同じ年だと言う。

そして千葉からレースを身に来たことがわかると何でも聞いてみろと言う。

坂道がレースは1日で終わるのかと聞くと、競技時間はおおよそ1時間半と教えてくれて、坂道は「へぇー」といいリアクションを見せる。

コースの説明を聞くにつけても「へぇー」と坂道は素晴らしいリアクションを続ける。

そしてMTBのレースがロードレースと大きく違うところについて教えてくれる。

それはMTBのレースは個人戦で、チームで闘うロードレースとは違い、レースの勝ち負けはそのまま個の力の差の証明になると言うのである。

そして「勝ち負け」イコール「プライド」で、そこはロードレースよりもシビアかもしれないと話す。

たった一人の戦いだと言う雷音に妹はサポートの存在も重要ですけど、と話に割って入り感謝してほしいと言う。

おろおろする坂道をよそに二人は言い合いをしている。

が、雷音は40分後にはレースだから応援を頼むと坂道に話す。

そしてオレのファンになれと言い、最後にはオレが優勝をする!と宣言して指を鳴らす。

そして坂道の悩みは何も解決しないまま、彼らは立ち去ってしまう。

「本当に来てくれたんだ、ありがとちゃい、小野田クン!」と言って雉くんが坂道の背中をポンと叩いた。

急な出会いに驚く坂道だが、雉くんはまたびっくりさせちゃったと言いながらお父さんの黒いバンがあっちの奥にとめてあると教えてくれる。

坂道は先ほどの「ありがとちゃい」の意味を聞くと雉くんは「ごめんちゃいの反対語」と答える。

坂道は雉くんのジャージがいつものと違うことに気づき、理由を尋ねるとこの間のヤツは練習用で今着ているものは決戦、レース用なのだと説明する。

雷音と雉くん、その二人との出会いの中で坂道は「MTBが個人戦」であること、そして「勝ち負けイコールプライド」であることを知る。

そしてもうすぐレースが始まる。

「弱虫ペダル」559話の感想&考察(ネタバレ含む)

20代男性
MTBのレース会場に着いてから坂道はずっと落ち着かずバタバタしている印象です。自転車に乗っていない時の日常の雰囲気のままと言えばそれまでですが、いささか興奮度が増しているように感じられます。
今回、レース会場で新しくにぎやかなキャラクターの選手と坂道は出会いました。自ら「追いかける雷鳴」などと肩書きをつけて名乗った「吉丸雷音」です。一見した印象は箱根学園の卒業生の東堂尽八に似ている気がします。人の話を聞くと言いながら、自分の事をとにかくよく話すタイプです。特に去り際に、俺のファンになれと言いながらポーズを決めるあたりはそっくりではないでしょうか。そして自分の知識を色々と坂道に教えてくれる中で、ロードレースとの違いとしてレースの勝ち負けがそのまま個人の力の証明になることを教えてくれます。また坂道が彼と同じ学年だと聞いて驚かれてしまうのも坂道のいつものよくある日常と思われます。
吉丸君が立ち去ったところに雉くんが独特のしゃべり方で登場します。今回は「ありがとちゃい」でした。彼に言わせると「ごめんちゃいの反対語」という事なのですが、彼の見た目と印象の違う物言いは少し調子をはぐらかされて面白いですね。レース用のジャージを着用している雉くんはまたピリッとした印象でカッコいいです。
次週から雉くんのレースが始まると思われますが、ロードレースとは違いおそらくもっと激しく車体がぶつかったり、倒れたりと言う事があるのではと想像できます。このレースを見ることで坂道が何を体感して、次の3年生のシーズンに向かうのかこの伏線の活かされ方が楽しみです。

漫画「弱虫ペダル」559話を無料で読む方法

「弱虫ペダル」559話は漫画雑誌「週刊少年チャンピオン」に掲載されている作品です。

週刊少年チャンピオンは「U-NEXT」で、完全無料で読むことができます。

「弱虫ペダル」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「弱虫ペダル」単行本は440ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「弱虫ペダル」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓