漫画「約束のネバーランド」159話のネタバレと無料読み放題

約束のネバーランド

漫画「約束のネバーランド」159話のネタバレ

2019年11月25日(月)週刊少年ジャンプ52号 発売

159話のネタバレ

レグラヴァリマ女王は富も食事も溢れた部屋の玉座に座り、考えていた。

 

地位、名誉、富、美食、強さ、賞賛

欲しい、もっと

 

しかし自分がほしかったのは『これ』ではなかったのか。

本当に欲しいものは別にあったというのか。

それは一体何なのか。それが手に入ればこの渇きは満たされたのか。

『何が悪い、例え満たされずとも』

その言葉とは裏腹に、女王は虚しさにおそわれる。

『腹が減った』

『よこせ、食いたい、妾の特上3匹(肉)』

前に現れたエマたちに手を伸ばしながら、レグラヴァリマ女王は霧散していく。

 

王宮。

食べ過ぎにより、体が溶けてしまった女王を見上げるエマたち。ムジカが女王が今度こそ死んだことを告げ、ソンジュはあの女王が死んだのか、と驚いている。

意識を失っていたザジが目を覚まし、駆け寄るエマたち。

一方、ムジカは女王の死体を見上げ、今までの逃亡生活のこと、捕まり殺されていった仲間のことを想っていた。

『これでもう追われない、もう誰も殺されない』

『父さん、母さん、みんな』

ソンジュもムジカの傍らで女王の死体を見上げる。

女王も死に、五摂家も滅び、鬼の世界は間違いなく変わるだろう。

しかも食用の子供たち野手によって、さらには約束まで結び直してしまった。

しかし、それでいいのか。

このまま結び直した約束が履行されてしまえば、鬼は人間を見ることも食べることもなくなるだろう。

『もう一度食いてえなぁ、腹一杯人間をよ』

かつて自分がいった言葉が思い出される。

目の前にはエマが、ムジカと抱き合っている。

『私は鬼を変えるために生まれてきたんだ』

ムジカの言葉にソンジュは自身の欲望をぐっと堪える。

 

抱き合ったエマとムジカ、ノーマンにレイがこの後の事をどうするか問いかける。

王に五摂家までが殺され、鬼の世界は完全に統率者がいなくなっている。このままでは和平交渉どころか暴動、戦争になってしまう。

と、そこへエマが言う。

『ソンジュが次の王様になれないの?女王の弟、王族だったんでしょ?』

ソンジュはしばらく考えるも、『無理だ』と答える。

自分はコネもなければ、反逆者として700年間追われてきたのだから、誰も言うことを聞かず余計な混乱を招くだけだ、と。

言葉を失うエマたちに、ムジカが大丈夫だと告げる。

人間の存在を消して、あくまで鬼の内乱だとしたほうが事態を収拾できる。

それより王都から出た王都兵の行き先がアジトだと大変なので急ぐように、と。

 

ムジカとソンジュに礼を言い、王宮を離れるエマたち。

ムジカは考えが何もないことを明かすと、ソンジュは当てがなくもない、一か八かだと走り出す。

 

アジトに急ぐ4人。

ノーマンはレグラヴァリマ女王のはっした『あやつ』という言葉や、それまでの状況を考える。

王都兵を動かしているのは誰なのか?

『今やつらを動かしているのは、恐らく』

『ラートリー家現当主、ピーター・ラートリーだ』

「約束のネバーランド」159話の感想(ネタバレ含む)

「約束のネバーランド」159話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

20代男性
ソンジュかわいいです。本当はもっと人間を食べたい、けれどエマがこのまま進んでいけばそれも出来なくなってしまう。その事を分かっていながらも大好きなムジカのためでもあり、純粋なエマので自分の気持ちを押し通すことはできなかったようです。エマが行ったあとに、フードをかぶり叫ぶソンジュは、恥ずかしい気持ちを抑える子供のようでした。そんなソンジュのことをよくわかっているムジカも大好きです。本当にこの2人は最高のコンビです。

「約束のネバーランド」159話を読んだ感想(ネタバレ含む)2

30代女性
鬼の社会の方は、ムジカとソンジュに任せておけば問題がなさそうな安心感があっていいですね。しかし、ここでラートリーと戦うことになってしまうとは…。綺麗事ではなく後味の悪いものでもなく、いい落としどころで決着をつけてほしいです。

「約束のネバーランド」159話を読んだ感想(ネタバレ含む)3

40代男性
ソンジュには初登場から怪しい素振りが何回か見られましたが、まさか本当にエマ達を食べようとしていたというのが意外でした。心変わりした今、どう国の再建のために動くのか気になるところです。そして更に気になるのが、ほぼ戦力がなくなってしまったエマ達が、アジトへ向かった数千の王兵とどう渡り合うのかということですが、次号は休載ということで残念です。

「約束のネバーランド」159話の考察(ネタバレ含む)

20代男性
今回の話で、王兵を率いているのはラートリー家当主であるピーター・ラートリーだと判明したところで終わりました。
次回はアジトへと向かう者達と、城下へと向かう者に分かれる事になると思われます。
ノーマンの表情から察するにラートリーはかなり手強く厄介な相手なのが感じ取れ、しかも話し合いが通じなさそうな気があるのも感じ取れます。
もし仮に戦いになるとしたらそれ相応の戦力が必要になっていきます。
しかしながら、女王との戦いで負傷したザジをほっとくわけにはいきませんので、城下へと向かって治療をする班も分けなければいけません。
レイ、ノーマンと彼の取り巻きがアジトへと急行し、エマ、ソンジュ、ムジカはザジを伴って城下へと向かうのではないでしょうか。

漫画「約束のネバーランド」159話を無料で読む方法

「約束のネバーランド」159話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「約束のネバーランド」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「約束のネバーランド」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「約束のネバーランド」単行本は410ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「約束のネバーランド」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓