漫画「約束のネバーランド」153話のネタバレと無料読み放題

約束のネバーランド

漫画「約束のネバーランド」153話のネタバレ

2019年10月7日(月)週刊少年ジャンプ45号 発売

153話のネタバレ

ノーマンと再会したエマとレイ。

二人の無事を喜ぶノーマンだが、鬼の死体で埋め尽くされた部屋に二人は言葉をなくす。

エマは約束を結び直したこと、人間の世界へ逃げられるから絶滅させなくてもいいことを伝え、戦うことを止めようとするが、ノーマンは拒否する。

鬼の社会が崩壊寸前であり、絶滅しか道がないと伝え、エマに邪魔をしないように冷たくいい放つ。

しかしエマは諦めない。

戦わなくていいのにノーマンはなぜやめないのか。

何を隠して何に怯えているのか。

「今のノーマンが怖くて震えている子供に見える」といわれたノーマンは、デルタでの事を思い出す。

生きてエマたちに会うことを希望に実験や薬を続けたこと。

仲間と農園を破壊したこと。

自分は強い、大丈夫、戦えるんだと言い聞かせて、あと少しのところまで来た。

しかしエマはその裏で怯えている自分に気がついていた。自分のミスでエマやレイたちがころされるのが怖いから確実な道=鬼の絶滅をすすんで行こうとしている。

目を見開いて動かないノーマンの手をエマがとり、「守ってくれなくていい。自分だけで背負わないで、苦しみも辛さも一緒に背負わせて。私はノーマンの隣を歩きたい」といい、レイは「お前はどうしたいんだ」と聞く。

それでも自分のしたことを思い出して二人を拒否しようとするノーマンに、エマとレイはそれも知っていることを伝える。

その上で一緒に生きようと手を差し出す。

二人を抱き締めるノーマン。

一緒に生きたい。

しかし無理だと告げる。

ノーマンを含めてデルタの人間はもう長く生きられない、と。

驚くデルタのメンバーやエマとレイに泣きながらノーマンは助けてと言った。

「約束のネバーランド」153話の感想(ネタバレ含む)

「約束のネバーランド」153話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

30代女性
前回のラストから今回のカラーページで、エマ・レイとノーマンの関係は完全に分かたれたものだと思い込んでいました。それだけに、今回のラストでようやくノーマンが二人に本心を打ち明けたということが、胸を熱くさせてくれます。

「約束のネバーランド」153話を読んだ感想(ネタバレ含む)2

30代男性
エマとレイがたどり着いたときはもうノーマンの計画通りになっていたけれど、それでも諦めないエマとレイにぐっときました。消えてしまったと思われたハウスを脱獄する前と変わらない3人の絆がまだそこにあったように思えます。ノーマンの体がラムダによってどうなってしまったのかとても次回が気になります。

「約束のネバーランド」153話を読んだ感想(ネタバレ含む)3

30代女性
巻頭掲載です、やったね!
先週、印象的なノーマンの表情で終わってしまったので早く続きがでないかと思ってうずうずしていました。ノーマンが抱えてきた全てを共有しようとするエマ、レイの言葉にはほろりときました。
来週も楽しみです。

「約束のネバーランド」153話を読んだ感想(ネタバレ含む)4

30代男性
ノーマンが背負ってきたものや不安や悲しみを解き放てるのはやはりエマしかいないと思いました。これからの平和な正解のために今後どんな展開になるのか楽しみです。ノーマンを始めとしたラムダのメンバーの寿命が短いという話が気になります。

「約束のネバーランド」153話を読んだ感想(ネタバレ含む)5

20代女性
鬼を殲滅させる作戦に出たノーマン。新たな約束を結び直し、ノーマンの虐殺を止めたいエマとレイ。エマとレイは、ノーマンの殺戮を止められるのか?と、緊張の前週からの続きでしたが。結局作戦を止めることはできなかったけど、ノーマンを助けたいと思うエマの気持ちが、本作前半【ノーマンが出荷される】頃を思いだし、「あ、約ネバってこの3人のつながりあってこそのだよね」と改めて感じる今週話でした。

「約束のネバーランド」153話の考察(ネタバレ含む)

40代女性
エマとレイがようやくノーマンの元に追いつきました。しかしノーマンはすでに鬼の王や貴族、ギーラン家の全てを殺してしまったあとでした。エマが約束を結びなおしてきたのにもかかわらず、ギリギリ間に合いませんでした。ノーマンに邪魔をしないでと言われるエマですが、エマは子供のころから変わらず思ったことをストレートに話すのでなんとかしてノーマンを説得したいと思っているようです。そしてノーマンに何を隠しているのかと聞きます。ノーマンはもう一度エマたちと会うために地獄のようなラムダでの実験にも耐えてきたわけですが、結局のところそういう経験からかノーマンが誰よりも鬼を怖いと思っていたようです。そして怖いからこそすべてを1人で背負おうとしてきたようです。エマは今度は守ってくれなくていいと、ノーマンの隣を歩きたいと言います。ノーマンはエマとレイが自分がしてきたことを知らないと思っていたようですが、実は地下で実験をしていたことまでも二人は知っていたという事には驚かされました。エマとレイは今度こそノーマンに一緒に生きようと言います。それを聞いてようやくノーマンの張りつめていた気持ちが緩んだようです。二人と一緒に行きたいと思いながらも、ノーマンはラムダの仲間と同じくもう長くは生きられないことを初めて伝えます。一度血を吐いていた場面があったので病にむしばまれているのかなとは思ってはいましたが、ここに来て本当に悲しい話の展開を迎えました。分かりませんが、もしかするとここで邪血の少女が一緒に来ていることが何か意味があるのかもしれません。このままではエマが結んできた約束も無駄になりかねないので、なんとかノーマンが生きていく方法が見つかればと思わずにはいられません。今度こそノーマンを本当の意味で救ってあげてもらいたいものです。

漫画「約束のネバーランド」153話を無料で読む方法

「約束のネバーランド」153話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「約束のネバーランド」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「約束のネバーランド」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「約束のネバーランド」単行本は410ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「約束のネバーランド」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓