漫画「約束のネバーランド」152話のネタバレと無料読み放題

約束のネバーランド

漫画「約束のネバーランド」152話のネタバレ

2019年9月30日(月)週刊少年ジャンプ44号 発売

152話のネタバレ

鬼を強制的に退化させる毒薬が中央広場で撒かれ、混乱に陥った城下。ムジカ達は被害を食い止めるために動き出す。

一方、王宮。

ザジたち人間がついに女王レグラマリアの顔に一撃を加えた。ザジの顔を覆っていた紙袋が裂け、怒りの表情が露になる。

顔が崩れ、眼球が転がった女王のもとへついにノーマンが。
一番になりたい。

誰よりも美しく、強く、うまい人肉を食べたい。

女王としてすべてを手に入れてきた女王の、唯一意のままにできなかった、農園設立以来の最上物の人肉…ノーマン。

すべての黒幕がノーマンであることに気づいた女王。

彼の存在にも渡すのを拒否するほど手に入れたかった最上物、部屋に食べたいという女王の叫びが轟く。

そんな女王にノーマンは、怒りの表情を浮かべ鬼の言葉で「我ら誰一人もはや鬼の食料ではない」と言い放つ。

そしてザジに命令し、女王の顔に剣が突き立てられた。

残ったイヴェルク公らを人間が取り囲む。

あとはお前たちだけ。すべてが終わる。

そのとき、ノーマンの服を幼い頃のエマが引く。

それでいいの?と言わんばかりの表情でエマが、そして幼いノーマンがノーマンを見上げる。

王宮の通気口から忍び込んだエマとレイ。

彼の存在と約束を交わし、鬼を滅ぼさなくてもいい。ノーマンを止めるに王の間へ急ぐ。

「ノーマン!」

王の間に飛び込んだエマたちの前にひろがったのは、死に絶えた鬼たち。

女王、ギーラン軍、イヴェルクすべての死骸のさきに笑みを浮かべるノーマンがいた。

「残念、間に合わなかったね、エマ」

「約束のネバーランド」152話の感想

「約束のネバーランド」152話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

30代女性
エマたちの到着が完全に手遅れになってしまうとは、という驚きと無力感でいっぱいです。しかし、女王は周り全てを糧とし、自分の思い通りになるように生きてきた鬼だということで、ふさわしい末路ではあるとも感じました。心象風景の幼いエマと自分を振り切ってしまったノーマンは、もう戻れない一線を越えてしまったようですね。

「約束のネバーランド」152話の考察

30代男性
ついに鬼の女王を殺害する事に成功したノーマン達は、そこにいる鬼たち全員を殺害して達成感に満ち溢れているところに、エマ達がやってきました。
実はノーマンは、あらゆる実験により余命いくばくもない状況になっていたの、なんとしても将来の子供たちの為に鬼たちを撲滅する必要がありました。
その為、エマ達の平和的なやり方をまつ時間はなかったので強硬にでてしまいました、エマたちにはわかってもらえないとおもい、対決する事になると思います。
そんな時に、純潔の鬼が現れ新たな平和な世界を作り上げる事、人間の世界にいく方法をエマが契約した事を聞く事になりノーマンは自分達がしてきたことが無駄だったのかと落胆してしまいます。
最終的にはエマ達と対決する事を選ぶ展開に今後なると考えています。

漫画「約束のネバーランド」152話を無料で読む方法

「約束のネバーランド」152話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「約束のネバーランド」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「約束のネバーランド」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「約束のネバーランド」単行本は410ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「約束のネバーランド」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓