漫画「約束のネバーランド」143話のネタバレと無料読み放題

約束のネバーランド

漫画「約束のネバーランド」143話のネタバレ

2019年7月22日(月)発売 週刊少年ジャンプ34号掲載 143話

食用児全員で人間の世界に行き、それを最後に二世界の行き来を完全に不可能にして欲しいとエマは願いを語る。

しかしそれを叶える代わりに差し出す”ごほうび”を告げられたエマは驚き絶句してしまう。

邪血の鬼の足跡を見つけてから三日、他の痕跡を追ってドンとギルダたちはハヤト、アイシェと共に森を探し続けていた。

同行するアイシェにとってノーマンたちは仇であるということはハヤトには話せずにいた。なかなか見つからない痕跡だが、犬の助けも借りてついにムジカの足跡を発見し沸き立つ一行。

しかしハヤトは邪血の鬼を見つけたら発振器を使って秘密裏に連絡する手はずになっていた。

ドンたちとの思惑とは違い、ノーマンたちは邪血の鬼たちを葬り去る計画を持っていた。

二人を騙して邪血の鬼に近付こうとすることに後ろめたい気持ちはあるものの、食用児の未来のためにやらねばならない、それがボスの命令であるとハヤトの決意は強い。

そしてとうとうムジカ、ソンジュと再開し喜びを分かち合うドンとギルダ。

しかし邪血の鬼をその目で確認したハヤトはジン率いるΛに連絡を送り、鬼二人をあっという間に包囲してしまう。

騙していたことを謝りながらも、鬼の始末に動こうとするが、ソンジュはいつの間にかジンの後ろに回り込み不敵な笑いを浮かべるのだった。

「約束のネバーランド」143話の感想

「約束のネバーランド」143話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

20代男性
ムジカとソンジュと再開出来たのに果たして殺されてしまうのか、エマに課せられる約束を叶える対価とは、色々な部分が気になる展開で終わっているので続きがかなり気になる。終わりに向けてどんどん面白くなっているから今後も読みたい

「約束のネバーランド」143話を読んだ感想(ネタバレ含む)2

30代男性
思ったよりあっさりムジカたちと再会出来ましたね。とはいえ予想通りノーマン側は鬼の始末に動き、不穏な展開になってきました。ソンジュも黙ってやられるわけもない雰囲気を出していますが、どちらが傷つくこともドンとギルダが良しとしないでしょうからなんとかして仲裁してくれるんじゃないかと思います。
エマは先週まで神のような存在を相手取って計画通りことを運んでいたようですが、ごほうびとして要求されたものは予想の外だったようでここから計画が崩れていかないかかなり心配です。

漫画「約束のネバーランド」143話を無料で読む方法

「約束のネバーランド」143話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「約束のネバーランド」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「約束のネバーランド」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「約束のネバーランド」単行本は410ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「約束のネバーランド」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓