WORST外伝 グリコ「漫画コミック単行本6巻」のネタバレ&発売日と無料読み放題

WORST外伝 グリコ

漫画「WORST外伝 グリコ」6巻のネタバレ

コミック「WORST外伝 グリコ」6巻(2020年6月8日発売)

WORST外伝 グリコの6巻には、45話(2019年12月5日 週刊少年チャンピオン53号 発売)〜53話(2020年2月13日 週刊少年チャンピオン11号 発売)が収録された。

「WORST外伝 グリコ」45話のネタバレ&感想・考察

2019年12月5日(木) 週刊少年チャンピオン53号 発売

45話のネタバレ

ゼニガメは秋谷からバロンさんの雇った「右の兄弟分」について、会ったことはなくてもその名前は絶対に知ってると聞かされていた。

バロンと今話をしているのがその人物である。

ゼニガメはグリコ達が敵に回そうとしているのが…


「WORST外伝 グリコ」46話のネタバレ&感想・考察

2019年12月12日(木) 週刊少年チャンピオン2・3号 発売

46話のネタバレ

阿原谷篤は「蹴ったなテメェ、覚悟出来てんだろーなァ!?」と言って顔面から血を流して頬を押さえながら怒鳴り声をあげる。

たばこに火をつけてフーッと吐いて一歩前に出て「覚悟?レディばクソババァ呼びする野郎ぶちのめすのに覚悟なんて必要なか。ゲンコツ1つで十分ばい…


「WORST外伝 グリコ」47話のネタバレ&感想・考察

2019年12月26日(木) 週刊少年チャンピオン4・5号 発売

47話のネタバレ

学校はガヤガヤとさわがしくなっている。

火事での救出劇を見た生徒たちがグリコを見にやって来る。

教室に来て「3年C組の花木九里虎先輩!!」と声がかかるが…


「WORST外伝 グリコ」48話のネタバレ&感想・考察

2020年1月9日(木) 週刊少年チャンピオン6号 発売

48話のネタバレ

真島は「九里虎…貴様、その髪…」と言う。

林は「ヒゲもなか…」と言う。

ゼニガメが「しまった昼メシの時間か何も用意してなかった」と思い…


「WORST外伝 グリコ」49話のネタバレ&感想・考察

2020年1月16日(木) 週刊少年チャンピオン7号 発売

第49話 足元の小さな声

つづきはこちらから

49話のネタバレ

リンリンが九里虎を連れてやって来たのは鍛冶町バッティングセンターだった。

リンリンは左打ちですごい打球を放っている。

そしてリンリンは九里虎に打席に立つように勧める。

九里虎が「これが試したかかことか?」とリンリンに聞くと、リンリンは「私開発“スウィング占い”これもお礼の一つを兼ねてってことで」と言う。

九里虎は「直接蹴ったり殴ったりは得意やけど道具は苦手やけ」と言いながらバットを構える。

リンリンは「ケッコー当たるのよ、この占い。占いで何が知りたい?」と言った時ボールが放たれ、九里虎の目がガッと開かれる。

そして「リンリンのこともっと知りたか♡」と言う。

そして九里虎は思いきりよくスイングする。

しかしバットにボールは当たらなかった。

そのスイングをリンリンは大きな目で見つめる。

浦川は「リボンくん、ZIPPOの火、消えてるっス…九里虎くんの…風圧で」とリボンに言うと、リボンはZIPPOを見つめながら「どれだけ聞きてーんや…」と思うのだった。

九里虎はリンリンに「空振りは占ってもらえなかか?」と聞く。

リンリンは「なんでも教えるよ!そのくらいよかったよ!」と答える。

そして「欲望丸出しなのに無心のスウィング。決然の熱情家はとびきりの頑固者…目標を決めたら前進あるのみ…」と占いの結果を話す。

それを聞いてみんなは「こいつは女のためや、女のためだけばい」と言うが、それを聞いて九里虎は「頭カチ割ったろか。勝手について来くさって」と怒る。

そしてリンリンは「あの頃のあいつも同じスウィングだったよ。山本馬論は…」と言う。

しかし九里虎は「バロンの子供の頃なんか興味なか、どーせならわしが知りたかかはリンリンの小っちゃい頃の話ばい」とサングラスをかけながら答える。

九里虎たちについて来たみんなは「多少長くなってもよかぞー」と後ろからやんややんや声をかける。

リンリンはそう言われて「アハハハ、自分の話ねーそりゃあ~話し辛かねー。一つ言うんならうちがアイドルなったきっかけはアイツやろね」と笑顔で言う。

ゼニガメはふと気づいて「あの…」と口をはさみ「いいんですか?リンリンと言えば過去は一切公表してないんじゃ…」と気をつかう。

しかしリンリンは手で丸を作り「よかよか~そげんもんは事務所が勝手に決めただけやけ」と言って「うちはあの毎日をなかったことになんて出来なか…」と言って子供の頃の話を始める。

博多鍛冶町小学校5年林花凛(10)は「バローン」と笑顔で声をかける。

振り向いた相手は博多鍛冶町小学校5年山本馬論(10)である。

馬論の顔を見て花凛は「まーたケガしとる。6年生に目付きが悪いって殴られたとやろ!?」と聞くと馬論は「中学生や…」と答える。

そこに花凛にみんながおはようと挨拶して声をかけてくる。

花凛は笑顔で「みんな、おはよう!」と挨拶をする。

しかし馬論はプイと後ろを向いてしまう。

そんな馬論に花凛は「あんたもちょっとは笑ったらよか、ほら!ニー」と言って笑って見せる。

しかしその間に馬論はどんどん歩いて行ってしまっている。

友達に「よくあんなブキミな奴と関われるね」と聞かれるが花凛は笑って「よーちえんからとなりの家のくされ縁やけど昔のがブキミやったよ」と答えるのだった。

冬を迎え、馬論は毎日のように怪我をしていた。

花凛は「あんたそげんメチャクチャばっかこいとったら中学で友達一人も出来んよ!?これを機にホントのこと言わんね!?」と言って馬論に「目付きのせいでそげん毎日絡まれるわけなかやろ…?ホントはいじめられっ子を助けてるとか何か理由があるんやなかか?」と聞く。

すると馬論は「別に。俺のほうが強かのにデケー顔してる奴がおったら喧嘩売ってくるまでメンチ切ッとるだけや」と言う。

それを聞いて花凛は「お前が売ってんのかよ!!」と驚くのだった。

そして花凛は馬論に「ケガの手当てし続けたうちの優しい気持ちを返せ」と言うと、馬論は「別に頼んでない」と言って花凛にメンチを切るのだった。

中学に上がり、花凛は馬論に小学校の頃と同じようなことはしないように注意する。

しかし馬論は「せからしか」と言うのだった。

花凛が「全中戦争ってのにはあんたは関わったらいけんよ!」と言うが、馬論は「俺も聞いた。オモシロそーやねーか、俺のいる中学が負けでもしてみろ…来年の代表はこの俺や」と言ってみせる。

そして今年の全中戦争の優勝は天神六峰中になった。

そんな時、馬論は博多鍛冶中に乗り込もうとしていた。

花凛は必死で「鍛冶中の真樹輝って人…すでに伝説のお方よ!?」と言って止めようとするが、馬論は「だから挑むんやろ。俺がうちの3年優勝させたるけん。勝てばいいんや…勝てば…全員が認めるんや…」と言って乗り込んでいってしまったのだ。

病室で花凛は「星川先輩ね…北九州に転校したって…」と大けがをした馬論の枕元で話していた。

そして「そのケガはうちじゃ手当てしきれんよ…。不気味で凶暴で目付き悪くて…オマケにクチまでそんなに裂けちゃって。あんた…オバケ扱いだよ…ますます人が…寄りつかなくなるよ。なんて呼ばれとるか知っとるん…?“口裂けバロン”て…。なんで裂かれた側が…バケモノ扱いなんよ…」

と涙を流して話し続ける。

花凛が幼稚園の時、大事にしていたヌイグルミをノラ犬に取られたことがあった。

その時通りかかった男の子は無愛想で「俺の方が強ぇーのにでけー声で吠えるな」ってヌイグルミを取り返してくれた。

あの日からその無愛想な男の子への手当てが花凛の日課になったのだ。

花凛は泣きながら「誰か…このバカの目さましてよ…」と思っていたところに「山本馬論ってのおるか?」と言って、たい焼きを手に病室にやって来たのが真樹輝だった。

この花凛の小さな声が英雄の足元へ確かに届いたのだった。

49話の感想&考察(ネタバレ含む)

近日更新!


「WORST外伝 グリコ」50話のネタバレ&感想・考察

2020年1月23日(木) 週刊少年チャンピオン8号 発売

第50話/忘れられない宝物を

つづきはこちらから

50話のネタバレ

リンリンがバロンとの思い出をポツリポツリと語り始める中、博多には雨がしきりに降っていた。

時を同じくして博多より南に30㎞の地点で“ある情報”を入手したとある集団が雨の中を猛然と北上していた。

まるで地震が起きているかのようにバイクの音がけたたましく鳴っている。

その集団は南の鬼“筑前町”『鬼人』である。

リンリンは「あの日も雨だったな」とココアを手に九里虎の隣に座って他のみんなが大人しく見守る中、話し始める。

当時のバロンが運ばれた本間病院に「よ」と言って真樹さんが会いに来てくれたのだ。

真樹が「おーなんや、特攻中坊!!貴様こげんカワイか彼女がおったと!?」と言うと、花凛は「彼女やなかです…えっと…あなたは…」と聞く。

すると「あ!?俺、鍛冶中3年の真樹輝。こいつのことがちょっち気になってー」と言っている最中にベッドから起き上がってバロンがいきなり真樹に殴りかかろうとする。

その手を真樹はバシッと受け止める。

そして真樹は「猛獣かおどれは。たしかに屋上で『スキあらば俺の首狙ってもよか』ち言-たけど…今は違うやろ』と言う。

そして「見舞いや見舞い!ったく外見てみーや。せっかく全中戦争とかくだらなかケンカで花火の場所取りしたのに中止ばい。まぁ場所取ったところで貴様みたいにカワイカ女子の知り合いもおらんけどな」とバロンに言う。

すると包帯まみれのボロボロの顔でバロンは「何が見舞いや」と言う。

すると真樹は「俺に特攻かましたクソガキが口裂かれてここ入ってるってな。まー俺もここ常連っつーか行きつけの病院やし、ついでばい」と口をイッと開きながら話す。

「行きつけ」と言う言葉に花凛は驚いてしまう。

バロンが「俺より弱ぇくせに何が見舞いやゴラァ…」と言うと真樹は自分が持って来たたい焼きを食べながら「弱えって…お前俺に負けとるやん」と言う。

するとバロンは「殺せんのか!?俺ァオメーを殺せるッ!!今ッ!!今ァ…!!お前に俺は殺せん…!!殺せねー男がえらそーに見舞いとか言ってんじゃねー」と言って真樹にくってかかる。

すると真樹は「バロンー…お前は病気や。病名『光にビビッて目をつぶっちゃう病』暗闇ばかりでいきってんんじゃなーよ」と言う。

バロンは「はぁ?」と答える。

すると真樹はニッと笑って「物事はシンプルぞ。弱肉強食以外の楽しみ教えちゃるけん」と言う。

バロンが「うるせぇ俺は…」と再び真樹に掴みかかろうとするが、逆に真樹に捕まえられ首をガクガク振られながら「大丈夫…!どんな医者も完治を諦めた難病やけど俺は見捨てん。

今度の第三土曜、鍛冶町のロータリーに来い」と言って部屋を出て「またなーどーせなら2人で遊び来いよォー」と声をかけて去って行ったのだった。

バロンは「くそっ…なんなんやアイツ…ぜってー行かねぇぞ…」と言ってハアハアと呼吸を乱している。

その姿を見て花凛は吹き出して笑う。

バロンが「何笑ってやがる」と花凛に聞く。

すると花凛は「あんたが誰かにあんなホンローされてるの初めて見たもん」と言って「行こーよ第3。私も行く」と言ってバロンに笑いかける。

「行かん」と言うバロンに花凛は「じゃーコレ叩っ返して来たら?仲良しじゃん『タイマン張ったらダチ?』」と言って、たい焼きの袋に入っていた真樹とバロンが撮った写真を見せるのだった。

花凛にとって、それからの日々は紛れもなく彼女の青春だった。

だけど、その毎日が永遠に続くことはなかった。

小さな火種はやがて大火となり、福岡抗争は死人が出る程の狂気へ発展した。

いつしか花凛の首にまで懸賞金がかけられ自分が殺されると思ったけれど初代「邪魔」の皆が逃してくれて真樹さんの知り合いの芸能関係の人に匿って貰ったのだと言う。

「もう二度と顔を出すなよ」と笑顔で言われながらー、と花凛は一息に話した。

そして正面を見ながら花凛は「楽しかった。出来ればもう一度会いたかけど今の私にはそれは叶わない」と言う。

でも花凛は「私はあの日々をなかったことになんて出来ない」と話すのだった。

その時、遠くにいた人たちがリンリンがいることに気づく。

真島たちが退散しようかと話し始める。

リボンさんは「会いたいのに、会えない人がいる…かたや日本のトップに至るアイドルで…かたや日本のワースト入りする喧嘩チームの総長…かける言葉が見つからない…花凛さんに…花凛先輩にかけるべき言葉はー」と思い、何も言えず悩んでいる。

泣いている花凛の顔を覆うように洋服がパサッとかけられる。

そして九里虎は「感動の再会に涙は必要なか。100万ドルの笑顔ば用意しとけ。バロンとかいう不良の大将にこのわしが引導渡しちゃる」と言って顔を上げるのだった。

50話の感想&考察(ネタバレ含む)

近日更新!


「WORST外伝 グリコ」51話のネタバレ&感想・考察

2020年1月30日(木) 週刊少年チャンピオン9号 発売

第51話 三拍子

つづきはこちらから

51話のネタバレ

九里虎はリンリンに「バロンとかいう不良の大将にこのわしが引導渡しちゃる」と言った。

九里虎がトイレに行っている中、リンリンは「いやいやダメでしょ、中学生を巻き込んじゃ!!ていっても昨日今日会ったばかりであの子のこと知らないし」と思い、みんなに「九里虎くんってどんな子なん?」と聞く。

するとそれぞれに「暴虐超人」や「わがまま大王」や「スケベ大魔神」などと好き勝手なことをリンリンに答える。

それを聞いてリンリンは手をパンパン叩いて「なんちゅー三拍子よ」と言う。

リンリンの中では巻き込んだらダメだと止めようとする天使と、九里虎がどんな子か知りたいという悪魔が戦い、結果「年上としての責務」と言う気持ちが勝りみんなに「じゃー追って見てみよか。野放しになったあの男が本当にその三拍子揃うのか!!」と声をかけるのだった。

そこでリンリンは九里虎に「今日はこのまま解散で!撮影があるの!」と言うと、九里虎は「え?なんね、じゃあカレーば一人で行くけんよかよ♡」と答える。

そしてリンリンはみんなに「さあ追うよ!タンテー団ばい」と言って九里虎を追いかけていく。

リンリンの様子を見て「初代の邪魔に出入りしてたのってあんなのばっかりか?」と真島が聞くと、リボンは「カリン姐さんと真樹さんくらいや」と答える。

九里虎が雨の中、少し待っていると車がやって来た。

それを見てバッティングセンターを出て5秒で迎えの車がきたことに驚きながらも「アレもわがままのなせる技や」とみんなは分析する。

リンリンは「うーん」と悩みながらも「人望がすごいのかも」と真顔で言う。

みんなでとにかく追うことになってタクシーに乗り込むが、九里虎の乗った車はすぐ目の前の食堂のところで止まった。

九里虎は二人の人物と一緒に車から降りた。

一人は真島と九里虎がタイマンした時にいた人物で、もう一人は九里虎のクラスメートの大関だった。

九里虎はじーっと何かを見つめている。

自販機の前に二人立っていて、リンリンが「あの子たちは?」と聞くと堂島は「ありゃ多分スポンジっスね」と答える。

スポンジとは自販機のつり銭の上の奥のところにスポンジを挟んでつり銭が出ないようにしておくことを言うらしい。

そして堂島は「悪さ覚えたての不良くずれがようやっとるんです。

あの2人はすぐ回収して横のタバコ代にするつもりなんすね」と説明する。

その二人の前に九里虎は近づいていく。

そして自販機の前に立っていた二人が九里虎に「あっごめんね。お兄さん買い物?どくよ」「あれ?ていうかその顔あんたどっかで」と言うやいなや、九里虎は煙草をくわえていた方を殴り飛ばし「目障りばい」と言うやもう一方の人物の腹にも拳をお見舞いする。

そして九里虎が何ごともなかったように煙草を買う様子をみんなは見て「暴虐超人」と思うのだった。

そしていくらなんでももうトラブルは無いだろうと思っているところで、九里虎は500円玉を自販機に入れ損ねる。

その500円玉がコロコロと「駐車禁止」と言う札のついている所に止まっている車の下に転がってしまう。

九里虎は温厚に窓ガラスを叩いて「あのーすみません、車どかしてもらえないかな?」と声をかける。

しかし車の中で電話をしていた男性が立ち去るように九里虎に手で合図を送る。

次の瞬間、九里虎はその車の車体をドガドガ殴り始める。

車の中の人物が「なにしてんだ警察呼ぶぞ」と顔を出すが、九里虎はその人物の携帯電話を奪って投げすててしまう。

そしてその人物の首をつかんで持ちあげ「字読めっとや?あれ何て読むか知っとーと?」と聞く。

そして「駐車禁止」と答えると、九里虎は「読めたらしっかり頭に叩き込めろやコラァーッ」と言ってその人物を札のところにガンガンとぶつけるのだった。

そして最後に九里虎は「去ね」と言う。車が去って、九里虎は転がしてしまった500円玉を見つけて「わしん500円♡」と言ってようやく煙草を買う。

九里虎と一緒にいる二人は「タムロしとるだけの兄ちゃんに一々構うなよ」「おーい九里虎とっととカレー食おうや」とそれぞれ声をかける。

すると九里虎はスポッとスポンジを抜いて落ちて来る釣銭を見て「カレーの前に先に駅前に行くばい」と言ってサングラスを上げる。

みんなは九里虎が何をしようとしているのかさっぱり分からないという表情をしている。 

九里虎一行は「愛の羽根募金」と書かれた募金箱を持っている女の子がいるところに来ていた。

そして「どーせわしん金やなか。みーんなあげるばい」と言って募金箱に先ほどの自販機から出て来た小銭を入れる。

女の子が羽をくれようとするところを、九里虎は「よかよか!わしはおっぱいのはね頂くけん♡」と言って女の子の胸につけていた羽根をヒョイと取る

その現場を目撃してみんなはズザーっと倒れて、九里虎がスケベ大魔神だったことを改めて思い出す。

「あっはっはっはっ」と言う笑い声に「あ?」と九里虎は反応する。

そして「キミのことが分かったよ九里虎くん。正義の味方なんかじゃなく根っからの博多もんやったね」と言ってりんりんが出てくる。

そしてリンリンは九里虎に「2年前に始まった福岡抗争は休戦しとるだけでまだ終わったわけやない。ばってんこげんこつを誰かが言ってたと。終止符を打つのは鬼をも恐れぬ根っからの博多もんばい」と話して、九里虎を見つめるのだった。

51話の感想&考察(ネタバレ含む)

近日更新!


「WORST外伝 グリコ」52話のネタバレ&感想・考察

2020年2月6日(木) 週刊少年チャンピオン10号 発売

近日更新!


「WORST外伝 グリコ」53話のネタバレ&感想・考察

2020年2月13日(木) 週刊少年チャンピオン11号 発売

第53話 私に覚悟は足りている

つづきはこちらから

53話のネタバレ

雨が降る中、九里虎とリンリン達がいる所に悪鬼の車が次々と到着し囲まれる。

倫太郎が「おう!!なんしょーとか貴様らァ!!ここは駐車スペースやないっちゃろォ!?」と言うが、次の瞬間殴り飛ばされる。

ゼニガメが驚き身動きが取れない中、浦川が頭から血を流してボコボコにされている。

気づけば大関さんやドブ男さん、街の人までめちゃくちゃに殴られている。

ゼニガメがグリコやリボンさんを探していると目の前に鉄パイプが現れ、殴られた。

ゼニガメは「悪い奴が囲んでる」と思って頭を抱えて周りの様子を見まわす。

その時、何人かが反撃に出ているのを見つけた。

ゼニガメは一台の車の方に走って行く。

車の上に一人の人物が立っている。

そして「おいおい今回は本物の九里虎かと思ったら何しとーちゃテメー、あいかわらず俺のマネばっかしくさって和弘」と言ってカー坊の実の兄である通称ローラこと真島秀樹が正体を現す。

その時、ファンファンファンウゥーとサイレンの音がする。

それを聞いて真島は「あ?なんちゃ足止め班はもう音上げたんか。この分じゃ邪魔の奴らも集まっちまうな。やっぱりお前が花木九里虎か今度はおまえが会いに来い」と言う。

九里虎が「なんや貴様」と言うと、リンリンが「生傷の絶えない傷だらけのローラ。九里虎くん!!あいつに関わったらダメ!!」と九里虎に言う。

その時九里虎は後ろからスパッと切りつけられた。

すると切りつけた人物は「さすがにこっち見たか、そんなんじゃまだまだ甘-な中坊」と言われる。

次の瞬間真島はリンリンを九里虎の手から奪い去る。

そして「もう一度言う。今度はお前が会いに来い」と言う。

リンリンは九里虎の方に手を伸ばし「たすっ」と言いそうになるがその言葉を飲み込む。

なぜならリンリンは「九里虎くん私はあなたに抗争を終わらせてほしいなんて思ってない・・・あなたをこれっぽっちも巻き込みたくない」と思っている。

そして「あの日のありがとうはちゃんと伝わったのかな命の恩人の命が私は大事だよ」と思うからだ。

そして真島に車に連れて行かれながらもリンリンは「九里虎くんみんな!!逃げて!!!」と叫ぶ。しかしその言葉を聞いて全員が「なんば言いよっとかゴラァーッ」と叫び返す。

 車は列をなして走り去って行く。

車の中で真島はリンリンを横に座らせて「カカカカ、おいおい今気付いたっちゃけどこりゃ超大物連れてきてしもたのォ!!あの博多のスーパーアイドルリンリンじゃ!!」と言う。

リンリンはうつむいている。

真島は「九里虎は助けに来るっちゃ!?まあ来んかってもあんたに億稼いでもらうけんよかけどなあ!!」とリンリンに言う。

その時リンリンの前の席に座っている阿原谷篤が「覚悟決めなァ」と言う。

その言葉を聞いてリンリンと、車に忍び込んだゼニガメは「上等ォ!!」と思うのだった。

53話の感想&考察(ネタバレ含む)

近日更新!

漫画「WORST外伝 グリコ」を無料で読む方法

「WORST外伝 グリコ」が掲載されている「週刊少年チャンピオン」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「WORST外伝 グリコ」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「週刊少年チャンピオン」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「WORST外伝 グリコ」単行本は660円〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「WORST外伝 グリコ」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓