漫画「ワールドトリガー」184話のネタバレと無料読み放題

ワールドトリガー

漫画「ワールドトリガー」184話のネタバレ

2019年9月4日 ジャンプSQ10月号 発売

184話のネタバレ

第184話「弓場隊」

海老名隊オペレーターの武富桜子がB級ランク戦8日目夜の部、今季最終戦の解説を開始した。

その解説席には玉狛第一のエース攻撃手小南先輩と王子隊の王子隊長と蔵内隊員が来ている。

昼の部の結果は出ていて3点を取っていた王子隊の二人にこの試合の感想を尋ねる。

すると4点3点3点という僅差で試合を終わらせたことを褒めてもらいたいぐらいだと蔵内隊員は答えている。

その結果これから試合に出てくる影浦隊と玉狛第二の熾烈な2位争いがあり、前の試合で影浦隊が3点獲得したので玉狛第二が2位になるには4点が必要になったとの事だ。

それを受けて小南は4点なら楽勝だと話しているが、今回はヒューストンの実力が知れ渡った状態なので前のように点が取れないのではと考えれば意外とギリギリなのではと蔵内隊員は考察している。

勝つためには生存点が欲しいのであるが、それについては二宮隊長を退場させなければならなくなってくる。

それを聞いて小南は「だから修はやたら二宮さんの対策をしていたのね」と話している。

そして弓場隊がMAPを決定する。

それは弓場隊が選択権を持つ時には必ず選ぶ「市街地B」のMAPである。

今回弓場隊から神田が抜けているので、弓場隊が負けると神田が責任を感じてしまうから上位に残りたいのではと推測している。

いよいよ試合開始まで13分余りとなり、玉狛第二は最後の確認をしている。

修は序盤は千佳がいる場所に全員で向かう事を作戦の最優先としている。

そして次に各部隊のエースの位置を把握することとしている。

もし千佳とヒュースの合流が難しそうなら、空閑とヒュースを軸に予備の作戦に移行することを確認した。

そして修は「あと4点、最終戦を獲りに行こうと皆に声をかける。

弓場隊の作戦室では雨取が爆撃しまくって手も足も出ないのが一番困るとの事で外岡狙撃手にマンマークするよう指令をしている。

そして帯島にも空閑対策をしっかり考えさせている。

弓場隊では自分たちは上位残留、隊を抜けた神田は大学合格とお互いにキメてうまいメシを食うぞと気合を入れている。

生駒隊の作戦室では作戦の話をするでもなくいつも通りを決め込んでいる。

どことも一回は戦っているし、ヒュースのデータも入っているし、転送位置次第でうまくやればいいことで、雨取のボカーンには対策はしようがないと話しをしている。

二宮隊は訓練室で唯一実戦練習をしている。

そして時間が来たと言うことで全員クールに試合へと向かう。

そしていよいよ全部隊が転送開始される時間になる。

「ワールドトリガー」184話の感想&考察(ネタバレ含む)

近日更新!

漫画「ワールドトリガー」184話を無料で読む方法

「ワールドトリガー」184話は漫画雑誌「ジャンプSQ」に掲載されている作品です。

ジャンプSQは「U-NEXT」で、完全無料で読むことができます。

「ワールドトリガー」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「ジャンプSQ」は509円〜「ワールドトリガー」単行本は418円〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「ワールドトリガー」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓