漫画「私たちはどうかしている」52話のネタバレと無料読み放題

私たちはどうかしている

漫画「私たちはどうかしている」52話のネタバレ

2019年11月1日(金)BE・LOVE12月号 発売

52話のネタバレ

第52話 最後の夜

多喜川は七桜に「3年間七桜ちゃんと一緒にいて最近よく考えるんだ。いつか目的を果たして僕の隣から七桜ちゃんがいなくなったら。想像したらゾッとした。だれにも渡したくないと思った。」と言う。

それを聞いて言葉を失う七桜に、続けて「ごめんね、驚かせて。いまはそれどころじゃないのに。僕の気持ちを知っていてほしかったんだ。七桜ちゃんの中で全部整理がついたら考えてほしい。今日はゆっくり休むんだよ」と言って笑顔で部屋から出て行くのであった。

七桜は「多喜川さんがそんなふうに思ってくれてたなんて」と思いながら椿のことを思い出して胸がきゅっとなるのだった。

七桜は店を開けることにした。

それは多喜川さんがこの店を出すために高価な骨董品をたくさん売って資金にしたって聞いていた。

きっと親戚や周りからいろいろ言われてるはずなのに何も言わず私の側にいてくれる。

あのときからずっと、それはきっと簡単なことではなく、再び「結婚してほしい」と言う言葉を思い出してどうしていいか分からなくなる七桜だった。

一方の椿もお菓子作りが行き詰っていた。

栞はなんとか声をかけようとするが、行っても邪魔になるだけだと言われ、椿さんと七桜さん二人の勝負だから見守ることしかできないと言われてしまうのだった。

「見守るしか」と言う言葉を聞いて城島は七桜の店を訪ねて行った。城島の訪問に驚く七桜だが城島は「季節の和菓子いただいてもいいですか」と言って店の中に入る。城島は御菓子を口にして「やっぱ七桜さんの御菓子って不思議だよね。一つ食べるとかならずもう一つほしくなるんだよね」と言う。その感想を聞いて七桜は「いくらでも用意できますよ」と言う。それを聞いて城島は「本気でいくらでも出てきそうだし」と言うと七桜は「お茶のおかわりももってくるね」と答える。城島は七桜に「椿さんと栞さん、あの二人の間にはなにもないですよ。妊娠もしてないし結婚もしないと思います。」と言う。それを聞いて振り向く七桜に城島は「七桜さんは絶対好きな御菓子を楽しく作ってるんだと思ってた。七桜さんの事情、オレなりに調べてちょっとは分かってます。もし除夜祭の勝負で負けたら七桜さんはどうするつもりなんですか?一生光月庵を恨んで生きるんですか?」と聞かれて、立ちすくんでしまう。城島は立ちあがり「これ七桜さんに作ってきたんで食べてください。御菓子本当に美味しかったです」と言ってわらび餅を置いて帰って行った。そのわらび餅を食べて七桜は城島がもう前を向いていることを知った。そして彼に言われた「負けたらどうするんですか?」と言う言葉と多喜川に言われた「全部整理がついたら考えてほしい」と言う言葉を考えて自分なりの答えを探そうとしている。

椿は尾山神社に祈祷に来ていた。

すでにもう29日になっていた。

参拝している椿の隣で七桜も手を合わせていた。

驚いている椿に七桜は「今晩一晩だけ椿の時間を私にください。21時に“よろづ楼”で待ってます」と言って雪の中を帰って行く。

椿はその後姿を無言で見送りながら「覚悟を決めよう」と思うのであった。

七桜が待つ部屋に椿がやって来た。

七桜は「ずっと降ってるね。月が見たかったのに今日は今年最後の満月だったから。」と言うと椿に「そんなことを言いに呼び出したのか?」と言われる。

七桜は「私が小さいとき光月庵にいたころ、こんなふうに窓からしょっちゅう外を眺めてた。ときどき母屋から椿が来て手をふってくれるの。すごくすごくうれしくて、あのころ椿のことが本当に好きだった。」と頬を赤らめて告白する。

続けて「でも同時にいつも浮かんでくる光景があるの。

椿がママを指差したあの瞬間、それを思い出すとどうしようもなくドロドロした感情に支配される」と言う。

椿のことが好きなのに許せないのである。

そして七桜は「一晩、今夜だけ最後に私を抱いてほしい。

勝っても負けても明後日が私たちの最後になるから」と言って椿を見つめる。

七桜は椿のことも、光月庵のことも最後にすると決めたのである。

すると椿は七桜の着物を脱がし始め「ほんとにずるい奴だな」と言うと七桜も「椿もでしょ」と言う。

そのまま二人は肌を合わせて愛しあう。七桜は「あのとき私は誓った。ママの叶えられなかった夢は私が本物にする。それ以外何も望まないと。でも最後だけ、いまだけ、ただ一人の女として椿に抱かれたい」と思っている。

この気持ちを、子供のころ椿と一緒にいて感じた「あたたかくて陽だまりにいるような幸せで夢みたいな気持ち。そんな御菓子を作りたい」と思うのだった。

そしてこの瞬間をすべて心に焼きつけると思いながら抱き合うのであった。

朝になり七桜は眠っている椿に口づけをして先に部屋を出て行った。

椿は何も声をかけずに言葉を飲み込む。

明日は除夜祭、私たちの運命が決まる日がやってくるのである。

「私たちはどうかしている」52話の感想(ネタバレ含む)

「私たちはどうかしている」52話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

近日更新!

「私たちはどうかしている」52話の考察(ネタバレ含む)

近日更新!

漫画「私たちはどうかしている」52話を無料で読む方法

「私たちはどうかしている」52話は漫画雑誌「BE・LOVE」に掲載されている作品です。

BE・LOVEは「U-NEXT」で、完全無料で読むことができます。

「私たちはどうかしている」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「私たちはどうかしている」単行本は462ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「私たちはどうかしている」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓