桃源暗鬼「漫画コミック単行本1巻」のネタバレ&発売日と無料読み放題

漫画「桃源暗鬼」1巻のネタバレ

コミック「桃源暗鬼」1巻(発売日 未定)

桃源暗鬼の1巻には、1話(2020年6月11日 週刊少年チャンピオン28号 発売)〜9話(2020年8月6日 週刊少年チャンピオン36・37号 発売)が収録される見込み。

「桃源暗鬼」1話のネタバレ&感想・考察

2020年6月11日(木) 週刊少年チャンピオン28号 発売

桃源暗鬼 1話

近日更新!


「桃源暗鬼」2話のネタバレ&感想・考察

2020年6月18日(木) 週刊少年チャンピオン29号 発売

桃源暗鬼 2話

近日更新!


「桃源暗鬼」3話のネタバレ&感想・考察

2020年6月25日(木) 週刊少年チャンピオン30号 発売

桃源暗鬼 3話

近日更新!


「桃源暗鬼」4話のネタバレ&感想・考察

2020年7月2日(木) 週刊少年チャンピオン31号 発売

桃源暗鬼 4話

近日更新!


「桃源暗鬼」5話のネタバレ&感想・考察

2020年7月9日(木) 週刊少年チャンピオン32号 発売

桃源暗鬼 5話

近日更新!


「桃源暗鬼」6話のネタバレ&感想・考察

2020年7月16日(木) 週刊少年チャンピオン33号 発売

桃源暗鬼 6話

つづきはこちらから

6話のネタバレ

鬼になった無人から逃げつつ、ボールを見つけてからゴールである学校へと向かう事に四季達はなったのである。
最初の組み合わせは四季、迅、帆稀の3人であったが、四季は帆稀と逃げる、迅は無人を始末する、帆稀は邪魔にならないようにすると考えていたのだ。
そして鬼ごっこが開始され、四季達がスタートし、その15分後に無人が動き出す事になっていたのである。
迅は誰よりも早く奥へと行き、あの野郎に会うためにと言う目標を掲げつつ、どのように無人を倒そうかと考えていると何者かの気配を感じとったのである。
その気配の正体は四季だったのだ。
四季は鬼ごっこが始まる前に、どうせくだらない目的でこの学校にいるんだろうと言われてしまった事に頭に来ていて、取り消せと言い放ったのだ。
迅はボールの数は2つだけだから、その前に四季を潰そうとしてマスクを外したのである。
更に手袋も脱いで、上着をめくると傷の跡だらけの手を傷つける事で血で出来た歯車を生成させたのだ。
普通に出来る事に驚いている四季に、迅はビビったのなら逃げろと言うが、四季はここで逃げたら命を落とした父親がくだらない存在になると言ったのだ。
迅は四季の目的は父親の敵討ちだと知ると、自分とは一生相容れないと言ったのだ。
そして四季は力を引き出そうとするも、何故か出来なかったのである。
やむなく四季は木の棒を手にして、どうすれば強くなれるのかを力づくで聞き出すことにして立ち向かったのである。

6話の感想&考察(ネタバレ含む)

「桃源暗鬼」6話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「桃源暗鬼」7話のネタバレ&感想・考察

2020年7月22日(木) 週刊少年チャンピオン34号 発売

桃源暗鬼 7話

つづきはこちらから

7話のネタバレ

迅は血の力を操れるが、四季は何故か血の力を扱えないのでそれなら戦いの中で血の力の操り方を聞き出すと決めて、木の棒を手にして迅に立ち向かったのである。
その凄まじい戦いの音は、別の場所を移動中の帆稀の耳にも入り、しかも茂みの音にも驚いてこけて、鼻血を出してしまったのである。
このドジに対して帆稀は自分みたいなのは退学しないといけない存在だ、自分みたいなゴミ人間がいれる学校ではないと卑下していたのだ。
そんな中、四季の事を思い出して協力すればいいと目を輝かせながら言うも、すぐさまそうやって頼ってしまうのは自分の悪い癖だと再び卑下したのである。
取りあえず、音がする場所へと向かったのだ。
一方、四季は迅とぶつかったのだが、手にしていた木の棒は一撃で折れてしまい、しかも一撃を喰らって地面に倒れていたのである。
何で迅は操れるんだ、何か意味あるのかを考えている四季だったが、一番悔しいのは血の事を何も分からない事だったのである。
迅は時間の無駄だったと言って、強力な斬撃を四季に向けて放ったのである。
そこへ帆稀がやって来ていたので、四季はこのままじゃ彼女に当たると考えて守るが、避けきれずにかすり傷を負ったのだ。
この事に帆稀は土下座して謝ると共に、鼻血による血の力で巨大な怪物を生み出し、この場から逃げないとやられてしまうと四季と迅に言うのである。

7話の感想&考察(ネタバレ含む)

「桃源暗鬼」7話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「桃源暗鬼」8話のネタバレ&感想・考察

2020年7月30日(木) 週刊少年チャンピオン35号 発売

桃源暗鬼 8話

つづきはこちらから

8話のネタバレ

四季が怪我したことによって己を責めた帆稀は血で出来た巨大な怪物を生み出したのである。
鬼になれば常人以上の血が出るものの、帆稀の場合は明らかに異常すぎる程の血が出ていたので、冷静な迅も驚愕していたのである。
怪物は拳を振り下ろしたと同時に、地面が抉れてしまい、その音は準備をしている無人の耳にも入ったのだ。
そんな無人の元に校長が現れ、初日から課題を出すなんて素晴らしいと口にすると、無人は口で説明するよりも訓練をした方が生徒達のためになると答えたのだ。
校長は鬼になってしまえば、血縁の者も始末されてしまうし、場合によって生きたまま桃太郎機関に捕まって実験台にされてしまう事もあるから強くしてあげてと言って去ったのだ。
一方、血の怪物は無茶苦茶に暴れまわり、迅の攻撃も余り効果がなかったのだ。
しかも血の怪物は主人である帆稀を守る素振りをしつつも、帆稀では制御が出来ず、更に大量の血を出しているのでこのままでは命を落としてしまう可能性があったのだ。
父親の一件もあるし、今の帆稀はしんどそうな表情をしているので四季は帆稀を助けようとしていたのである。
近くまでやって来た無人はどのように解決するのかを見守っていたのだ。
そして四季は自分も血の力を操れるようになればと思うのである。

8話の感想&考察(ネタバレ含む)

「桃源暗鬼」8話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「桃源暗鬼」9話のネタバレ&感想・考察

2020年8月6日(木) 週刊少年チャンピオン36・37号 発売

桃源暗鬼 9話

つづきはこちらから

9話のネタバレ

四季は血の怪物を止めようと血の力を使おうとするが、全然使える様子は無かったのである。
あの時は出来たのに何故出来ないんだと思っている四季に、血の怪物は石礫を投げつけていくのである。
この状況に四季は今の自分は弱いとか以前に無能であり、まるで武器の使い方が分からずに戦場に行っている兵士だと思っていたのだ。
これまでの喧嘩では敵なしだったが父親が始末され、今は何も出来ない故に自分がこんなにも無力なのが悔しいと感じて涙を流し始めたのである。
そんな中、迅は血の怪物と戦う理由は何一つないが逃げたら目的を果たせないと心の中で呟いて、右腕に歯車、左腕にチェーンソーを出現させて血の怪物相手に立ち向かうも、血の怪物も必死で抵抗するのだ。
この光景を見ていた四季は迅や帆稀が力を使えているのは、それぞれに関係あったりする物を出しているからだと察し、以前自分が出していたのは銃だから今度は銃の事だけを考えようとイメージをし始めたのである。
その間にも迅は血の怪物の咆哮によって鼓膜が破れてしまったので、様子を伺っていた無人は事態収拾のために動き出そうとしていたのだ。
そして四季はイメージし続け、その結果右腕を巨大な銃にして、俺はここからだと言うのである。

9話の感想&考察(ネタバレ含む)

「桃源暗鬼」9話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!

漫画「桃源暗鬼」を無料で読む方法

「桃源暗鬼」が掲載されている「週刊少年チャンピオン」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「桃源暗鬼」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「週刊少年チャンピオン」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「桃源暗鬼」単行本は4円〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「桃源暗鬼」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓