漫画「逃亡者エリオ」5話のネタバレと無料読み放題

逃亡者エリオ

漫画「逃亡者エリオ」5話のネタバレ

2019年8月29日(木) 週刊少年チャンピオン39号 発売

5話のネタバレ

第5話 エリオの拳

ララが眠っているところに、ゴルディが武器を持って現れた。

するとそこに大量のララを狙う人々が襲い掛かって来る。

その音に驚くエリオが屋敷に向かうと、ゴルディに手を貸せと言われる。

しかしエリオは何が起きているか分からないから、とりあえず任せると言う。

するとゴルディは事情なんて気にするなと言い、全員をブチのめすとして次々に敵を倒していく。

すると襲ってきていた敵の一人が「俺たちは別にアンタに危害を加えるつもりはないのだ」と言う。

そして「あの女、ララ・レズモンドは伯爵殺しの大罪人だから彼女を偉い方に差し出してちょっと報酬をいただこうと思ったのだ」と釈明し「アンタだって罪人をかくまっているのがバレたら罰を受けるぜ」と言われる。

しかしゴルディは聞き入れず「ここにある物は全部俺のものだ、どうするかは俺が決める」と言い放ち、敵の顔を潰してしまう。

その近くではエリオが襲ってきた敵の顔にマントをかぶせくるんで倒していた。

ゴルディは「甘い」と言い、武器をエリオに向ける。

するとエリオが目もつぶらずにゴルディを見つめる様子を見て満足そうに笑う。

少しして、カスティージャ南部の警吏団長のバルト・ガルシアがゴルディの元に尋ねてきた。

そして「2人の罪人がこの辺りを逃走している可能性があります、何か異常はありませんか」と聞く。

ゴルディは「今さっき盗みに入った奴らをぶちのめしたところだ」と答え、遺体を見せる。

人相を聞かれるもそれについては暗くてよく見えなかったと答える。

するとバルトは遺体の手に付いている鎖を確認し、その拳を自分の頬に当ててみせ感触を確かめた上、自分はその人相をよく覚えていると言い強い視線で見据える。

ゴルディとバルトのやり取りを楽しそうと見つめる刺客デボラの姿が木の上にあった。

「逃亡者エリオ」5話の感想&考察(ネタバレ含む)

40代男性
まず一番に目をひくのはゴルディの強さです。バタバタと倒していく姿は圧巻です。大半を倒してしまったのはすごいと思います。
ゴルディがひとしきり倒してしまったのち、エリオに武器を向けて殴ろうとするが、その
時はエリオに軽くかわされてしまう。その点から考えてもエリオはゴルディに負けず劣らずの強さの持ち主なのだと推察されます。
ゴルディの家に警吏団長バルド・ガルシアがやって来て、先ほどゴルディに負けて死んでしまった者の手を取り、自分の頬に当てて、その感触を確認しているようです。
それはバルドがエリオに頬を殴られたことに外ならず、バルドはエリオ達が行く先々に現われ、二人を捕らえに来るだろうと考えられます。バルドが手を頬に当てている姿は少々異常で怖さを感じましたが、もしかしたら毎回その場面が描かれるのかもしれません、そう考えるとなかなか怖い顔が毎回描かれそうに思えます。

漫画「逃亡者エリオ」5話を無料で読む方法

「逃亡者エリオ」5話は漫画雑誌「週刊少年チャンピオン」に掲載されている作品です。

週刊少年チャンピオンは「U-NEXT」で、完全無料で読むことができます。

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「逃亡者エリオ」単行本は473ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

[/box