漫画「東京卍リベンジャーズ」 134話のネタバレと無料読み放題

漫画「東京卍リベンジャーズ」134話のネタバレ

2019年11月13日(水) 週刊少年マガジン50号 発売

134話のネタバレ

第134話 「Mortal enemy」

稀咲に撃たれたナオトがタケミチの目の前で倒れている。

「ナオトぉお!」と叫んでタケミチはナオトの元に向かう。

稀咲は「余計な事を」と言って二人の姿を眺めている。

タケミチがナオトを抱き起すとナオトは「タケミチ君逃げて」と言う。

しかしそこにオイオイオイと言ってイザナがやって来て「橘ナオトは俺が殺すはずだろー?稀咲―」と声をかける。

すると稀咲は「すまねぇ“イザナ”。橘がタケミっちを庇った」と言う。

タケミチは目の前に現れたイザナから「お前らは俺のマイキーを殺した」と言われる。

その「オレのマイキー」と言う言葉に疑問を持つタケミチだった。

するとイザナは「鶴蝶―」と呼ぶ。

そこに現れたのはあのカクちゃんだった。

そしてイザナに「花垣を殺せ」と命令されて、何の躊躇もなく「はい」と言ってタケミチに銃口を向けるのだった。

タケミチは過去でカクちゃんに「黒川イザナを救ってくれ」と言われた言葉を思い出す。

が、その瞬間ドンと撃たれるのであった。

ついにタケミチも撃たれてしまい、ナオトと瀕死の2人が横たわるのを見て稀咲は「あっけねぇモンだな」と言う。

タケミチは悔しさに涙を浮かべながらナオトにすまないと言って謝る。

するとナオトは「タケミチ君。君を現代で初めて見つけた時絶望しました」と話し始める。

続けて

「こんな、こんな情けなそうな奴に全て託さないといけないのかって。こんな奴のどこに姉さんは惚れたのか、不思議でした。何度も失敗する君を見てて今はこう思う。ヒーローってこういう人なんだ・・・って。何度失敗しても諦めない。君は僕の誇りです」

と言って優しい視線をタケミチに送る。

ナオトは「最後の握手です」といってタケミチに右手を差し出し「タケミチ君、やっぱり死ぬのは怖いですね」といって涙を流す。

「さぁ、ボクの息があるうちに」とタケミチを見て最後に言う。

タケミチは「最後じゃねぇぞナオト。最後にさせねぇ!!」と思いながら、ナオトの手をガシっと握る。

そして「オレは絶対に諦めねえ!!!」と胸に誓い。

稀咲・イザナ・鶴蝶の三人の前で決死のタイムリープを行うのだった。

「東京卍リベンジャーズ」134話の感想(ネタバレ含む)

「東京卍リベンジャーズ」134話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

近日更新!

「東京卍リベンジャーズ」134話の考察(ネタバレ含む)

近日更新!

漫画「東京卍リベンジャーズ」134話を無料で読む方法

「東京卍リベンジャーズ」134話は漫画雑誌「週刊少年マガジン」に掲載されている作品です。

週刊少年マガジンは「U-NEXT」で、完全無料で読むことができます。

「東京卍リベンジャーズ」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「東京卍リベンジャーズ」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓