漫画「東京卍リベンジャーズ」 133話のネタバレと無料読み放題

漫画「東京卍リベンジャーズ」133話のネタバレ

2019年11月6日(水) 週刊少年マガジン49号 発売

133話のネタバレ

第133話 「Sell out」

「こそこそ嗅ぎ回ってる警察のラットがいるっていうからつけてみりゃ元上司二人とご対面だ、元東卍の壱番隊隊長・花垣武道、そして元黒龍十代目総長・柴大寿」

と九井一(通称ココ)が言う。続けて乾青宗(通称イヌピー)が

「黒川イザナを嗅ぎ回ってるオマエらは東卍の敵と判断した」と言う。

驚き言葉を失うタケミチに対して、大寿は「テメェら如きが俺の敵だと」と笑って見せる。

そして「黒龍にしがみつき続けてきた男と黒龍の財布だった男」と大寿は続ける。

そして「イザナはテメェの心を満たしたか、乾!!今でも東卍の財布のままか九井!!立場をわきまえろ半端者のカス共」と言う。

そしてタケミチにはさすがに分が悪いから裏から逃げるように言い、ナオトには八戒の死の真相を暴いてくれるように頼み、

大寿は「俺は佐野がやったなんて思ってねぇ」と言って「どうやって佐野の懐にはいったか知らねぇが、裏には絶対黒川イザナがいる!八戒の無念を晴らしてくれ、いいな!?」と言うのであった。

そして「行け!!!」と二人に言う。

タケミチは「大寿君、色々と、ありがとうございます」と言うと、大寿は「昔の“借り”はこれでチャラな」と言って最後に笑顔を見せる。

タケミチとナオトはそこから逃げることになり、東卍のメンバーは「待てコラぁぁ」と追いかけようとするのを大寿が投げ飛ばす。

そして「久々にどついてやるかぁ、楽しませろよ東卍!!」と言う。しかし乾と九井は「所詮過去の男だ」と言うのであった。

逃げたタケミチとナオトだったが、タケミチは色々と聞いた話の中から、イヌピーとココガ黒川イザナを知るためのキーマンなんじゃないかと思い、

ナオトに「やっぱり戻ろう」と声をかけ「あの二人なら絶対知ってる。関東事変の事をもっとちゃんと知っておきたいんだ!!」と言って一人走って戻り始める。

タケミチの方を見るナオトは「カチャ」と鳴る音に気づく。

そして「タケミっち」と声をかけられた方をタケミチが見ると、そこには銃口をこちらに構えた稀咲が気持ちの悪い笑顔を浮かべて立っていた。

そして稀咲が「死ね」と言って銃を放つ瞬間、ナオトが飛び込んできてタケミチを突き飛ばす。

そしてドンと撃たれたナオトがタケミチの後ろでドサッと倒れこむ。

タケミチはうずくまったまま「ナオト・・・?」と言ったあと言葉を失うのであった。

「東京卍リベンジャーズ」133話の感想(ネタバレ含む)

「東京卍リベンジャーズ」133話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

近日更新!

「東京卍リベンジャーズ」133話の考察(ネタバレ含む)

近日更新!

漫画「東京卍リベンジャーズ」133話を無料で読む方法

「東京卍リベンジャーズ」133話は漫画雑誌「週刊少年マガジン」に掲載されている作品です。

週刊少年マガジンは「U-NEXT」で、完全無料で読むことができます。

「東京卍リベンジャーズ」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「東京卍リベンジャーズ」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓