漫画「東京卍リベンジャーズ」 128話のネタバレと無料読み放題

漫画「東京卍リベンジャーズ」128話のネタバレ

2019年10月2日(水) 週刊少年マガジン44号 発売

128話のネタバレ

第128話 「Gang of four」

千早はタケミチにお前が焦る気持ちはわかると言う。

そしてお前が今まで必死こいて直していたものをその度に全部稀咲がぶっ壊していたんだとしたらたまんないよな、と言われる。

でも、と言われてタケミチは千早にその顔をやめろと言われて頬っぺたを思いきり引っ張られる。

そして千早にお前は視野が狭くなりすぎだと言われ、今目の前に稀咲がいてすぐに稀咲と会えるのかと聞かれる。

今大事なのは「天竺」が何者かと言う事で稀咲が裏で糸を引いているのならなおさらだと言われる。

続けて、もし稀咲もタイムリーパーならきっと今必死なはずだと言うので、タケミチが何でと千早に聞き返すと、千早は稀咲が現代では死んでいるんだろ?と指摘する。

それを聞いて確かにと思い、稀咲は未来に戻れないのかと気づき、今回は稀咲も失敗しているんだと言葉にする。

千早はまずは本当に稀咲がタイムリープしているのかを確認しないと始まらないという。

タケミチは稀咲は天竺にいると言う。

そこに河田兄弟が天竺のアジトが分かったと言って殴りこむとタケミチ達に声をかける。

バイクの後ろに乗せてもらいながらタケミチは天竺がどんなチームなのかをスマイリー河田に聞く。

すると最近できたチームだからよく知らないと言い、アングリーもやばい組織なのは間違いないと言って、最近できたのに神奈川の不良をまとめ上げていると話す。

スマイリーはモッチーみたいなバケモンはそういないけどと言いながら、モッチークラスが何人もいたら東卍もヤバいかもと話している。

一方、新宿では三ツ谷がモッチーに襲撃されていた。

オイ、モッチーと声のする方を三ツ谷が見るとそこにいたのは灰谷兄弟・弟の灰谷竜胆でその姿を見て驚くのも束の間、後ろから天竺四天王の灰谷兄弟・兄の灰谷蘭にブロックで殴られて三ツ谷は倒れてしまう。

モッチーは人の獲物を取ってんじゃねえと蘭に怒るが、竜胆は兄ちゃんはいつもいいとこ取りだと言う。

それを聞きながら蘭は誰がやったかはどうでもよいと言い、東卍はそんな甘い考えで潰せるチームじゃないと言って、今はまだ油断しているから速攻が大事だと言う。

そして今日中に終わらせるぞとその場を立ち去る。

倒れながらも三ツ谷は呪華武の元総長だけじゃなくて灰谷兄弟まで取り込んでいることに驚き、天竺が本当にヤバいことを実感する。

そして渋谷では天竺四天王の班目獅音(元九代目、黒龍総長)が東卍のメンバーをぼこぼこに殴り倒していた。

そしてタケミチ達4人は横浜の天竺のアジトに到着する。

思ったよりいっぱいいると言うよりはタケミチ達は完全にワナにはめられて待ち伏せに遭ってしまう。

タケミチは真ん中の奴を見たことがあると言う。

すると天竺四天王の「喧嘩屋」鶴蝶が「やっと来たな」と言う。

それを聞いてタケミチはやっと来たと言われたことにまた「へ?」と疑問を持つのであった。

「東京卍リベンジャーズ」128話の感想(ネタバレ含む)

「東京卍リベンジャーズ」128話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

 

「東京卍リベンジャーズ」128話の考察(ネタバレ含む)

近日更新!

漫画「東京卍リベンジャーズ」128話を無料で読む方法

「東京卍リベンジャーズ」128話は漫画雑誌「週刊少年マガジン」に掲載されている作品です。

週刊少年マガジンは「U-NEXT」で、完全無料で読むことができます。

「東京卍リベンジャーズ」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「東京卍リベンジャーズ」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓