漫画「東京卍リベンジャーズ」 127話のネタバレと無料読み放題

漫画「東京卍リベンジャーズ」127話のネタバレ

2019年9月25日(水) 週刊少年マガジン43号 発売

127話のネタバレ

肆番隊のスマイリー・河田ナホヤのバイクの後ろに乗せてもらったタケミチは、本当に今から横浜に乗り込むのかと聞いている。

ナホヤは天竺なんてドンでバッコンだよと答える。

ナホヤはアングリー・河田ソウヤのバイクの後ろに乗せてもらっている千冬にモッチーにやられたんだろうと聞く。

千冬はあんなのは負けじゃないと答え、不意打ちでいいのもらっちゃっただけだと言う。

それを聞いてナホヤは強がるなと言い「モッチーはゲロ強えよ、オレらだって負けてっから」と言う。

それを聞いてタケミチと千冬は驚く。

二人が東卍に入る前の双悪というチームを組んでいたころの話なんだと言う。

その時、川崎の呪華武というチームとバチバチの抗争を繰り返していて、チームでは決着がつかず、隊長同士のタイマンをした時にナホヤがモッチーに完敗したのだと言う。

ソウヤも挑んだが返り討ちにあったのだと負けた話を楽しそうにする。

二人は勝てる喧嘩はしないと、タケミチと一緒なのだと言う。

そして天竺がモッチーと言う主力を出してきたのだから東卍はその隙にカチコむしかないでしょとナホヤは言う。

すると目の前に天竺の服装をした二人組を見つける。

タケミチと千冬をその場に残し、双子はアジトを聞き込みと言う名の拷問をしかけている。

タケミチは千冬に稀咲に会ったことを伝える。

それを聞いて驚く千冬だが、タケミチは天竺が攻めてきたのはきっと稀咲が仕組んだことだと言う。

なんでと狼狽える千冬をしりめに、タケミチは一つずっとモヤモヤしていた疑問が解けた気がすると言う。

タケミチは何度繰り返しても失敗することが不思議だったのだと千冬に話す。

ドラケン君を救ったハズなのに失敗し、東卍から稀咲と黒龍を追い出したハズなのに失敗し、何をやっても現代(みらい)は一向によくならないのである。

もし、オレが未来を変えた後にさらに未来を改ざんしている奴がいると考えたならば、もしも稀咲もタイムリープしているとしたら?という仮説が導き出されたのである。

それを聞いて千冬は何を馬鹿な事を言っているのかというが、タケミチは話を続ける。

銭湯での会話を覚えているかと言い、タケミチは稀咲が東卍を抜けたからマイキー君は東卍の闇を背負って12年後にあんな風になってしまったと思っていたのだ。

しかし稀咲に「ようヒーロー」という言葉を今回言われたことにより、それは違うと感じた。

マイキー君が稀咲を必要とする訳はないし何より「俺は俺の東卍を創る」という稀咲は一貫していると感じたのだ。

つまり稀咲はずっと「自分にとって都合のいい東卍」を創ろうとしており、今回の天竺の動きもきっとそうなのだとタケミチは感じるのである。

それを聞いて千冬は、稀咲がタケミチと同じように何度も未来から来て東卍を自分好みに作り変えていると言う事にこれまでの失敗を思い返し、ようやく納得するのである。

そしてタケミチはもし本当に「全部」稀咲が仕組んだ事だとしたら「アイツを許さない」と怒りでいっぱいになるのである。

「東京卍リベンジャーズ」127話の感想(ネタバレ含む)

「東京卍リベンジャーズ」127話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

30代男性
肆番隊のスマイリー・河田ナホヤとアングリー・河田ソウヤと一緒にタケミチと千冬は天竺の本拠地の横浜に向かっています。千冬がやられた相手のモッチーは河田たち双子が東卍に入る前に双悪と言うチームを組んでいたころに戦ったことがあり二人とも負けたのだそうです。二人は勝てる喧嘩はしないと言い、タケミチと一緒なのだと言いました。その時のタケミチの表情は自分を認めてもらったかのように嬉しそうでした。目の前に天竺の服装をした二人組を見つけてタケミチと千冬を残して、その二人に力づくで情報を聞きに行く様子が彼らのやり方らしくて面白かったです。
千冬と二人になったタケミチは襲われた時に稀咲に会ったことを話します。そして稀咲に「ようヒーロー」と声をかけられたことに端を発した一つの仮説について話し始めます。千冬に対しては「一つずっとモヤモヤしていた疑問が解けた」と話すところからになります。
タケミチはドラケン君を救っても、東卍から稀咲と黒龍を追い出しても、タイムリープで何度未来を変えても失敗するのが不思議だったのだと言うのです。自分が未来を変えた後にさらに未来を改ざんしている奴がいたとしたら辻褄が合うと考え始めました。そして稀咲がタイムリープをしているのだとしたら納得できるという事を考えが及びました。そう考えるに至るには、稀咲がずっと「自分にとって都合のいい東卍」を作ろうとしていることがあります。そして今回の天竺の動きもそのことに関係していると考えています。千冬もこれまでのタケミチの話とこれまでの失敗を思い返してようやくその結論に納得したようでした。
タケミチは最後にもし「全部」稀咲の仕組んだことだとしたら「アイツを許さない」と怒りを露わにしています。タケミチがタイムループをするにも理由があり、もし本当に稀咲もタイムリープしているのだとしたらそれにも理由があるのではないでしょうか。その理由の一つがタケミチの思っている通り、自分の都合のいい東卍を創るということにあるのかもしれませんが、心の奥深くに何か別の理由が潜んでいるのかもしれません。稀咲なりのタイムリープの理由がどのように語られるのか待ちたいと思います。同時になぜタイムリープができるようになったのかも知りたい疑問です。

「東京卍リベンジャーズ」127話の考察(ネタバレ含む)

近日更新!

漫画「東京卍リベンジャーズ」127話を無料で読む方法

「東京卍リベンジャーズ」127話は漫画雑誌「週刊少年マガジン」に掲載されている作品です。

週刊少年マガジンは「U-NEXT」で、完全無料で読むことができます。

「東京卍リベンジャーズ」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「東京卍リベンジャーズ」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓