トーキョーバベル「漫画コミック単行本2巻」のネタバレ&発売日と無料読み放題

トーキョーバベル

漫画「トーキョーバベル」2巻のネタバレ

コミック「トーキョーバベル」2巻(2020年発売予定)

トーキョーバベルの2巻には、6話(2020年6月10日 週刊少年マガジン28号 発売)〜15話(2020年8月19日 週刊少年マガジン38号 発売)が収録される見込み。

「トーキョーバベル」6話のネタバレ&感想・考察

2020年6月10日(水) 週刊少年マガジン28号 発売

トーキョーバベル 6話

近日更新!


「トーキョーバベル」7話のネタバレ&感想・考察

2020年6月17日(水) 週刊少年マガジン29号 発売

トーキョーバベル 7話

近日更新!


「トーキョーバベル」8話のネタバレ&感想・考察

2020年6月24日(水) 週刊少年マガジン30号 発売

トーキョーバベル 8話

近日更新!


「トーキョーバベル」9話のネタバレ&感想・考察

2020年7月1日(水) 週刊少年マガジン31号 発売

トーキョーバベル 9話

近日更新!


「トーキョーバベル」10話のネタバレ&感想・考察

2020年7月8日(水) 週刊少年マガジン32号 発売

トーキョーバベル 10話

つづきはこちらから

10話のネタバレ

朱宮ひばりは、女子高生。
学校では、理屈っぽく、気の強いことが災いして同級生達から避けられており、一人、「化学」の世界に没頭していた。
バベルに閉じ込められてからも、合理主義者のように振る舞っていたが、自分のことも顧みず行動する西原大牙に感化され、仲間として協力しながら、前に進む覚悟を固める。
執拗に命を狙う当面の脅威の鳳を倒す秘策として、鳥居和の弓矢を使った作戦を実行する。
反撃として壁に和の放った矢が当たる。
矢には、紙が結わえられており、”O2”と”炎”の文字が書かれていた。
鳳が、矢ははずれたと思ったのも束の間、ひばり達の合図で、その書かれた文字が実体化し、すさまじい炎となり、鳳を包む。
炎に焼かれながらも、鳳は、離れようとするひばりに襲いかかろうと、自ら仕掛けた爆弾トラップをものともせず、追いかける。すかさず、大牙が鳳の顔面へパンチを当て、倒す。
ひばりは、助けられながらも、燃えつつも襲いかかる鳳をよくも殴れたもんだとあきれる。
実は、大牙にとっても、初めて人を殴ったのである。
黒野武達も駆けつけ、鳳を倒した大牙とひばりをたたえる。
鳳を倒した大牙達は、爆弾で埋もれたがれきの中のリュウを助けるべく進むのである。

10話の感想&考察(ネタバレ含む)

「トーキョーバベル」10話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「トーキョーバベル」11話のネタバレ&感想・考察

2020年7月15日(水) 週刊少年マガジン33号 発売

トーキョーバベル 11話

つづきはこちらから

11話のネタバレ

朱宮ひばりの酸素と西原大牙の炎の合作攻撃により、大牙達に執拗な攻撃を仕掛けてきた鳳信楽を打ち倒すことが出来た。

大やけどを負いながらも息はある鳳をその場に残し、大牙達は手榴弾で生き埋めにされた東堂リュウを救出するため、がれきの元へ駆けつける。

大牙が実体化で作り出した棒を使って、がれきをどけようとしていると、はらりと羽が落ちてくる。

ひばりが気付くも、突如現れた天使は、最初の攻撃でよろけた大牙を床に押しつける。

絶体絶命かと思われたその時、がれき共々天使を天井まで押し上げる「木」が現れる。

それは、がれきに埋まりながらもリュウが文字を実体化させたものであり、がれきに押しつぶされたことで、イメージ力が高まった故の威力であった。

大牙を救い自らの窮地を脱して、目の前に立つリュウの姿に、大牙達は、賞賛するとともに、生きていてくれたことを心から喜ぶ。

しかし、それも束の間、再び流血の止まらないリュウは倒れてしまう。

慌てて、大声で助けを呼ぶ黒野武を、ひばりが天使を呼び寄せるな、と諫めるが、医者のいないこの状況に大牙達は動揺する。

一方、塔の上部では、トランプに興じる男女4人。鳳の爆弾による爆発などの音を、気にかける様子もない。

果たして、何者か。

11話の感想&考察(ネタバレ含む)

「トーキョーバベル」11話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「トーキョーバベル」12話のネタバレ&感想・考察

2020年7月22日(水) 週刊少年マガジン34号 発売

トーキョーバベル 12話

つづきはこちらから

12話のネタバレ

リュウが負傷していたので如何にかしようとする西原達だったが、一ノ瀬があれと指を指すと天井があったので一旦そこを目指す事にしたのである。
天井に辿り着くと、そこには居住区があったのだ。
この居住区で住んでいたのは、奈月、沢、玉、金井の4人である。
先程の鳳の一件があったせいか、黒野達は警戒していると西原はそんな事を考えている暇はないと言わんばかりにリュウが負傷しているから手当てしてくれと頼んだのである。
事情を聞いた彼らはストレッチャーを生成してリュウを天井まで運び、奈月はリュウの傷口を見てすぐさま医療の道具を生成して治療を開始するのである。
そんな中、天使が姿を現したので潔達は戦おうとするも金井、沢、玉が請け負う事になったのだ。
沢は事前に床に書いていた風を具現化させて天使を吹き飛ばすと、玉は事前に壁に書いていた瓦礫を具現化させて天使を生き埋めにさせるのである。
金井は天使の元へと向かっていくと、玉は具現化している瓦礫を金井に当たる前に消滅させ、天使の元へと到達した金井は無慈悲に銃撃を浴びせて始末したのである。
その間に奈月はリュウの治療を終えていたのだ。
ひばりは一体何者だと問いかけると金井は自分達は1年前にバベルに来たと言うと、奈月は真白に導かれたと言ったのである。

12話の感想&考察(ネタバレ含む)

「トーキョーバベル」12話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「トーキョーバベル」13話のネタバレ&感想・考察

2020年7月29日(水) 週刊少年マガジン35号 発売

トーキョーバベル 13話

つづきはこちらから

13話のネタバレ

菜月の口から出た名前は、西原真白。
姉についての情報を知りたい大牙は、その言葉に反応する。
大牙が真白の弟であると知り、菜月が取り出したのは・・・1冊のノートだ。
そこには天使の情報に加え、この第3層の入り口には天使が少ないと記されている。
バベルの移動より安全を優先させる人は、この場所に残るべき。
真白の言葉に従い、菜月たちは1年間生き延びてきた。
1年前、同時にバベル内に飛ばされたのは、菜月、沢、玉森の3人。
偶然出会った自衛隊の金井に保護され、第3層の入り口で暮らしていると言う。
そこまで話をおえると、女性陣をお風呂に連れて行く菜月。
お湯を実体化し、ひばりたちは久々のお風呂を満喫するのだった。
玉森は新しい服を実体化し、生活に必要な物を作り出していく。
唯一ここにいないのは・・・料理人・・・。
その話を聞いた水生は野菜とフライパンを実体化し、中華料理を作る。
実家が中華料理屋の水生の登場に、みんなは美味しい食事をとるのだった。
バベルに来て、初めて平和を味わう大牙。
しかし、その平和を楽しむ気持ちにはなれない。
大牙の焦りを感じた菜月は、大牙を呼んでババ抜きを始める。
そこで、大牙は本心を打ち明けた。
幼馴染の優愛を生き返らせるためには、バベルの上を目指さなければならない・・・。
平和を満喫している時間はないと感じていたのだ。
そんな大牙の焦りを溶かすため、あることを語る菜月。
いずれバベルの外に出た時のために、いつもの日常を忘れてはいけない。
菜月の言葉を聞き、大牙にはあることに気が付いた。
皆はバベルからの脱出を考え、安全な生活を最優先に考えている。
一方の自分は・・・バベルの中のことばかり・・・。
仲間たちを、自分の勝手な行動に巻き込んでいると感じたのだ。
巻き込んではいけない・・・。
そう呟いた大牙の言葉を、聞いていたのはリュウ。
リュウは大牙と共に上を目指すと断言する。
その言葉に喜ぶ大牙だが、黒野には言わないでくれと念を押した。
それは、黒野を巻き込みたくないと言う大牙の気持ち・・・。
そんな2人の会話を、黒野はこっそりと耳にしている・・・。

13話の感想&考察(ネタバレ含む)

「トーキョーバベル」13話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「トーキョーバベル」14話のネタバレ&感想・考察

2020年8月5日(水) 週刊少年マガジン36・37号 発売

トーキョーバベル 14話

つづきはこちらから

14話のネタバレ

西原達は金井達がやっていたようにコップと水を実体化させ、水だけを消す訓練をしていたがひばり共々うまくいかず、むしろ黒野達は上手くいっていたのである。
それに黒野も蘭も亀丸も菜月達との生活に馴染んでいるようなので、西原は安堵したのである。
そしてリュウの怪我が良くなったので先を進むことにした西原は、ここまで良くしてくれた菜月達にお礼を言いつつ、ここまで同行してくれた黒野に対しては来てほしくないと口にしたのである。
黒野はどうせ皆を守れる自信がないとか言えばいいのにと言いつつ、自分は弱いし、覚悟もないから力にはなれないと言って同行を拒み、それは蘭と亀丸も同じ考えだったのだ。
ひばりは鳳の時に西原に助けられたから借りを返さないといけないと言って同行する事になったのである。
一ノ瀬も行くつもりはなかったので、西原は彼に皆の事を頼むと言って、皆の見送りを見届けながら先へと進んだのである。
その夜、菜月達は離れた小屋へと行き、中には天使と人間が融合している何かがおり、これを見てしまったら全面戦争になってしまうと口にしていたのだが、この光景を後をつけていた亀丸に見られてしまったのだ。
菜月達は仲良しごっこはここまでだと言ったのである。

14話の感想&考察(ネタバレ含む)

「トーキョーバベル」14話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「トーキョーバベル」15話のネタバレ&感想・考察

2020年8月19日(水) 週刊少年マガジン38号 発売

トーキョーバベル 15話

つづきはこちらから

15話のネタバレ

眠りにつく武の前に現れたのは・・・金井!!
金井は武と海を縛り上げ、上の小屋へと運ぶ。
小屋には既に和の姿があり、3人は驚きを隠せないでいるのだ。
そんな疑問に答える菜月は・・・小屋の奥をライトで照らした。
そこには・・・天使になりかけた男の死体が・・・。
叫び声を上げる和。
玉森は、自分たちの過去について語り始める。
元々6人で行動していた菜月たち。
バベルで過ごす内に、2人は頭がおかしくなってしまった。
そこで・・・彼らは仲間を殺し、実験に使ったのだ。
沢は言う。
生きている人間は利用価値がある・・・。
恐怖を感じ、涙を流す和。
一方の武は、こんなことをしたら大牙たちが許さないと話す。
しかし・・・菜月は大牙たちが死ぬと断言。
実は、真白ノートには続きが記されていた。
そこに書いてあったのは・・・第3層の先には、さらなる絶望が待っている・・・。
そう話すと、菜月はある人物を呼んだ。
現れたのは・・・水生・・・!!?
菜月は水生に、海に薬を投与するよう命じる。
食料を実体化できる水生に利用価値を見出していた菜月たち。
仲間に加える条件として、海を殺させようとしているのだった。
対する海は・・・生き残るためなら、躊躇するなと話す。
その様子を見て、異変を感じたのは菜月。
慌てて小屋の外に出る!!
小屋の外には・・・光が・・・!!?
菜月たちを信じていなかった海は、事前に〝光〟の文字を書いていたのだ。
小屋に入れられた後、光で合図を送り続けていた海。
大牙たちが戻ってくると焦る菜月。
一方の金井は、時間があると話す。
金井の予想通り・・・大牙とひばりは階段を降り始めたところだった。
しかし、菜月たちが戦闘準備を始めようとした瞬間・・・。
突然、声がする。
声の主は・・・ロープで先に降りてきたリュウ!!

15話の感想&考察(ネタバレ含む)

「トーキョーバベル」15話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!

漫画「トーキョーバベル」を無料で読む方法

「トーキョーバベル」は漫画雑誌「週刊少年マガジン」に掲載されている作品です。

「週刊少年マガジン」は電子書籍配信サービスであるU-NEXTで読めます。

U-NEXT

「週刊少年マガジン」最新号配信中↓

「U-NEXT」では31日間の無料体験実施中!「トーキョーバベル」単行本も配信予定!

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「週刊少年マガジン」300円〜/「トーキョーバベル」単行本462円〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「トーキョーバベル」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓