漫画「トーキョー忍スクワッド」27話のネタバレと無料読み放題

トーキョー忍スクワッド

漫画「トーキョー忍スクワッド」27話のネタバレ

2019年12月9日(月)週刊少年ジャンプ2号 発売

27話のネタバレ

仁と紫門の戦いは結局紫門の勝利となったのだが、戦いを終えた紫門の表情は何処か清々しいものになっていたのである。

後日、記憶ノ書は組合の管理下に置かれる事になったのだが紫門だけが最後まで反対していた事を知った仁達はあの頃は自分達も若かったのだと感じていたのだ。

それから時が経ち、記憶術を立派に使いこなせる忍へと成長したエンはチンピラに絡まれていた少年の事を助けると自分のお気に入りの場所へと連れていったのだ。

彼は父親は忍だったが殉職し、母親は別の男を作って逃げ去ったのでこのトーキョーで自分一人の力で生き抜こうとしていたのである。

かつての自分を見ているようだと感じたエンは少年の記憶に自分の情報を埋め込んで、困ったら来るように言うのである。

その頃、事務所では清水とパピヨン、最近A級に昇格した拳竜とテツがおり、彼らは仁とエンを待っていたのである。

そんな中、エンがやって来て拳竜達がA級に昇格した事を祝うのである。

続けて仁が先程エンが助けた少年を連れてやって来たのだ。

あの後、少年はチンピラに絡まれており、そこへ仁が現れて助けて連れてきたのだ。

このトーキョーの街では近々変革が行われようとも、トーキョーにある闇が凄惨を極めようとしていたのだが、それでも仲間と結んだ硬い絆は変わらないとエンは思っていたのである。

「トーキョー忍スクワッド」27話の感想

「トーキョー忍スクワッド」27話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

30代女性
あの時はまだ若かった、といった言い方をしていましたが、エン以外のメンバーにそれほど大きな変化が感じられなかったので、あまり年月が経っていないのでしょうか?他人の記憶を植え付ける能力で戦うというのは面白そうなので、連載中にもっと活躍を見たかったです。

「トーキョー忍スクワッド」27話の考察

20代男性
今回の話でトーキョー忍スクワッドの物語は終わりを告げましたが、これからの彼らは忍組合から与えられた任務をこなしながら迫りくる巨大な闇を相手に戦っていく事になると思います。
最後のページでは彼らは新たに加わった少年と共に任務に出かけるような描写がありましたが、任務をこなして己をより強くしようとしているのだと思われます。
そしてトーキョーの闇が凄惨を極めようとしていると言う言葉は紫門が言っていた閣下が動き出そうとしているのだと思います。
今回の話で以前仁が倒した氷彗と思しき人物がいたので、間違いなく閣下が自分の元に集結した忍達を呼び寄せて紫門と忍組合を殲滅させようとしているのでしょう。
そんな巨大な相手に仁達がどう立ち向かっていくのかが気になるところですね。

漫画「トーキョー忍スクワッド」27話を無料で読む方法

「トーキョー忍スクワッド」27話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「トーキョー忍スクワッド」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「トーキョー忍スクワッド」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「トーキョー忍スクワッド」単行本は459ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「トーキョー忍スクワッド」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓