漫画「トーキョー忍スクワッド」25話のネタバレと無料読み放題

トーキョー忍スクワッド

漫画「トーキョー忍スクワッド」25話のネタバレ

2019年11月25日(月)週刊少年ジャンプ52号 発売

25話のネタバレ

鳴海會のアジトにある道場では仁と大琥が修行をしていたが、大琥は一度も勝てなかったのである。

仁はイメージに身体が追いついてないから3回はタイミングを間違えていると、小手先の技術に頼りすぎだと注意すると、喧嘩の強さは根性で決まると言ったのである。

そしたら鳴海會のドアが破壊され、忍組合総代表の黒脛紫門が現れたのである。

紫門と楽しそうに喋る仁を見て、大琥は紫門は忍組合のトップで仁を忍の道に引き入れたとエンに言い、エンは紫門はまるで大仏が座っているかのような存在感を放っている感じていたのである。

しかし、すぐに慣れてしまったのでパピヨンはエンに適応能力に内心驚いたのである。

紫門は仁にこんなに仲間が出来た事を嬉しく思っていると共に、この国の闇に君臨している閣下と呼ばれる男が動き出したと伝え、エンが所持している記憶ノ書を組合の管理下に置くと告げたのである。

しかし、仁は記憶ノ書はエンの大事なものだからと言う理由で拒んだので、紫門は仁に自分と勝負しろと言い、もし勝つ事が出来たら話を白紙に戻すというのである。

道場へと場所を移すも、仁は紫門相手に劣勢に立たされており、全く歯が立っていなかったのだ。

そして紫門は磁界術を発動させるのである。

「トーキョー忍スクワッド」25話の感想

「トーキョー忍スクワッド」25話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

30代女性
エンが記憶ノ書を手放したくない理由がいまいちわからないため、仁がなんのために師匠と戦っているのか、あまり感情移入できなかったです。エン自体が狙われやすい存在となっているでしょうし、彼自身の身柄の取り合いならわかるのですが…。

「トーキョー忍スクワッド」25話の考察

近日更新!

漫画「トーキョー忍スクワッド」25話を無料で読む方法

「トーキョー忍スクワッド」25話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「トーキョー忍スクワッド」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「トーキョー忍スクワッド」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「トーキョー忍スクワッド」単行本は459ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「トーキョー忍スクワッド」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓