漫画「トーキョー忍スクワッド」16話のネタバレと無料読み放題

トーキョー忍スクワッド

漫画「トーキョー忍スクワッド」16話のネタバレ

2019年9月21日(月)週刊少年ジャンプ43号 発売

16話のネタバレ

初戦を巧みなコンビネーションで勝利を収めた仁と拳竜は、それ以降の戦いも順調に勝ち進めていくのである。

勝利して控室でご飯を食べていると、2人と同じように昇任試験を受けているスクワッドのシシグの者達が2人の前に現れ、リーダーのアブディが部下達を2人に紹介するのである。

トップでありながら気さくな性格のアブディと美味しいお茶を作る部下の舞枝と自然に打ち解けていき仲良くなっていく仁達であったが、やがて決勝戦は仁達とアブディ達となったのである。

これを知った仁達にアブディは本気で自分達に挑むように頼み、彼らは了承したのである。
こうして2組は戦いの場に出てくると、試合が開始されたのだ。

いきなり舞妓は和傘を広げるとアブディと共に隠れ、拳竜は和傘を破壊しようと手裏剣を次々と飛ばしていくも舞妓は和傘を使って攻撃を全て防いでいくのである。

アブディは舞妓に30秒時間を稼ぐように指示して繭の中に入り、舞妓は命令通りにたった1人で仁と拳竜相手に時間稼ぎをし、やがて30秒となって繭が破れると殻を纏っていてかつ巨大化したアブディが現れると仁に一撃を叩き込むのである。

その間に拳竜はミサイル型のクナイを飛ばして舞妓を戦闘不能にし、一撃を受けた仁も磁界術による連打攻撃をアブディに浴びせて戦闘不能にしたがオーナーであるモハメッドは始末するように言うのである。

「トーキョー忍スクワッド」16話の感想

「トーキョー忍スクワッド」16話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

近日更新!

「トーキョー忍スクワッド」16話の考察

20代女性
今回の話で仁と拳竜は決勝戦まで上り詰め、その間に仲良くなったアブディと舞妓・Ⅰペアとの戦いも抜群のコンビネーションで制したが、試験官であるモハメッドからアブディ達を始末するように言われたところで終わりましたが、仁達は止む無く始末するのではないでしょうか。
本心としては彼らを始末するような真似はしたくはないと思いますが、下手な細工をすれば長らくサイボーグファイトのオーナーに君臨しているモハメッドの目は誤魔化せはしません。
それに無事に試験を終えた後にアブディ達が生きているとしたら、ルールを無視したと糾弾されてスクワッドの存続も危うくなる可能性が十二分にあると思いますので、本当は手を下したくはないが泣く泣く始末するのだと思われます。

漫画「トーキョー忍スクワッド」16話を無料で読む方法

「トーキョー忍スクワッド」16話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「トーキョー忍スクワッド」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「トーキョー忍スクワッド」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「トーキョー忍スクワッド」単行本は459ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「トーキョー忍スクワッド」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓