漫画「トーキョー忍スクワッド」13話のネタバレと無料読み放題

トーキョー忍スクワッド

漫画「トーキョー忍スクワッド」13話のネタバレ

2019年9月2日(月)発売 週刊少年ジャンプ40号掲載

13話のネタバレ

鳴海會が青眼を倒してから半月後、仁とエンは忍組合総合本部に赴いていたのだ。

目的は講習会を受ける事なので、仁は退屈なのかとても面倒くさいと感じているが、エンは忍の事をもっと学べる好機なので楽しみにしていたのだ。

本部内に集まっているスクワッド達は仁達の話題を話していたのである。

本部で働いている忍達は設立してから1年を経過したスクワッドは忍組合による講習会参加と登記更新の義務があり、義務を怠れば休眠スクワッドと判断されて解散されると口にするのである。

やがて仁達が現れるとその忍達は今来ている者達の中では別格だと口にすると鬼庭愚連隊の鬼庭拳竜がやって来て、好意を寄せているパピヨンの近況を仁に聞き、その際に最新の写真を見て鼻血を流すのである。

そして講習会に参加する忍は釜沼の間へと向かうと、教育係のリウチーがいたのだ。

彼女は名前こそ出さないが職名を隠さないかつAランクの青眼を潰した仁達を批判しつつ、本題としてこの場にいる12人でチームを組んで昇格を懸けた任務に就くように命じたのだ。

鬼庭は仁達に手を組むように言うが、仁は言い方が気に入らないという理由で断るも弱みを言われたので鬼庭達と組むことになったのである。

彼らはホープランドに行くために、劣悪なスラムとなっている大蛇一街区へと行くのである。

「トーキョー忍スクワッド」13話の感想

「トーキョー忍スクワッド」13話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

近日公開!

「トーキョー忍スクワッド」13話の考察

20代男性
今回の話で昇格を懸けた任務を行うために鬼庭愚連隊の鬼庭拳竜とその部下と手を組んだ仁とエンですが、次回でその任務の内容と鬼庭の忍術について分かるかもしれません。
彼らが向かった任務先は大蛇一街区と呼ばれる7年前に起こった暴動が切っ掛けでスラムと化した街で、街の詳細から察するに街で悪事を働く者達を懲らしめるのが任務なのではないかと思われます。
そして鬼庭の忍術ですが、名前から察するに清水大琥と同じように生物に姿を変えられる忍術で鬼か、龍のどちらかに変化出来るのではないかと思います。
戦闘スタイルは見た目から察するに術の効力によって力を得た状態で、力づくの攻撃で相手を蹴散らしていくスタイルなのではないかと思います。

漫画「トーキョー忍スクワッド」13話を無料で読む方法

「トーキョー忍スクワッド」13話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「トーキョー忍スクワッド」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「トーキョー忍スクワッド」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「トーキョー忍スクワッド」単行本は459ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「トーキョー忍スクワッド」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓