血の轍「漫画コミック単行本8巻」のネタバレ&発売日と無料読み放題

血の轍

漫画「血の轍」8巻のネタバレ

コミック「血の轍」8巻(2020年4月27日発売)

血の轍の8巻には、60話(2019年10月11日 ビッグコミックスペリオール21号 発売)〜68話(2020年3月13日 ビッグコミックスペリオール5号 発売)が収録された。

「血の轍」60話のネタバレ&感想・考察

2019年10月11日 ビッグコミックスペリオール21号 発売

血の轍 60話

近日更新!


「血の轍」61話のネタバレ&感想・考察

2019年10月25日 ビッグコミックスペリオール22号 発売

血の轍 61話

近日更新!


「血の轍」62話のネタバレ&感想・考察

2019年11月8日 ビッグコミックスペリオール23号 発売

血の轍 62話

近日更新!


「血の轍」63話のネタバレ&感想・考察

2019年11月22日 ビッグコミックスペリオール24号 発売

血の轍 63話

近日更新!


「血の轍」64話のネタバレ&感想・考察

2020年1月10日 ビッグコミックスペリオール1号 発売

血の轍 64話

近日更新!


「血の轍」65話のネタバレ&感想・考察

2020年1月24日 ビッグコミックスペリオール2号 発売

血の轍 65話

近日更新!


「血の轍」66話のネタバレ&感想・考察

2020年2月14日 ビッグコミックスペリオール3号 発売

血の轍 66話

近日更新!


「血の轍」67話のネタバレ&感想・考察

2020年2月28日 ビッグコミックスペリオール4号 発売

血の轍 67話

つづきはこちらから

67話のネタバレ 決壊

季節はいつのまにか冬。

長部静一は白の世界にいた。

白の世界、それはママである長部静子の目が行き届いていない世界だ。

長部静一もそんな世界のことはどうだっていいとおもっているのだろう。

担任の先生が、明日から冬休みということを知らせているが、それは長部静一にとどいているのだろうか。

長部静一の耳には伯母さんやしげちゃんの声がリフレインしていた。

そこにママである長部静子の声もくわわった。

長部静一はママにたいしてなにができるというのであろうか。

そんなこたえのでない自問自答を繰り返している長部静一。

それを尻目にホームルームは終了した。

長部静一は下校途中、伯母さんを、しげちゃんを、ママをどうにかしないとと考えながらあるいていた。

そんなとき、長部静一の白の世界にあきらかな異物が輪郭とともに浮かび上がった。

伯母さんのクルマが自分の家の前にデカデカととまっているではないか。

長部静一は家に駆け込んだ。

そこでみた光景はーーー

父さん、ママ、そして伯母さんたちがただことでない表情をうかべて今にどっしりとすわっているではないか。

長部静一は伯母さんたちに出て行くようにまくしあげた。しかし、ママはすでに観念しているようである‥。

67話の感想&考察(ネタバレ含む)

「血の轍」67話の感想&考察(ネタバレ含む)1

40代女性
長部静子‥‥静一のお母さんには親戚や静一にもずっと隠しているなにかがあるということがここ数回の展開の中で判明しました。

3歳の静一が血だらけになる‥いったいなにが起こったのでしょうか?

さすがにここまできて、長部静子が静一にドメスティック・バイオレンスをふるっていたという展開はストレートすぎるから、そういったことではないと予想します。

長部静子のセリフから、過去にもとんでもない犯罪を犯しているのではないでしょうか?

長部静子は路上で亡くなっていたネコや静一が3歳のときにケガをしていた話をすると都合が悪いようです。

長部静子は過去に取り返しのつかないことをしてしまって、今の今まで自暴自棄な行動をしているのではないでしょうか?


「血の轍」68話のネタバレ&感想・考察

2020年3月13日 ビッグコミックスペリオール5号 発売

血の轍 68話

近日更新!

漫画「血の轍」を無料で読む方法

「血の轍」は漫画雑誌「モーニング」に掲載されている作品です。

「血の轍」は電子書籍配信サービスであるU-NEXTで読めます。

U-NEXT

「モーニング」最新号配信中↓

「U-NEXT」では31日間の無料体験実施中!「血の轍」単行本も配信!

無料期間でお得に読む手順(簡易版)

  1. 上記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「モーニング」340円〜/「血の轍」単行本605円〜)
  3. 無料期間内に解約すると、月額基本料金が無料!

U-NEXTに関して詳しくは↓(今クールアニメも見放題で多数)
U-NEXTの詳細記事