漫画「心霊写真師 鴻野三郎」読み切りのネタバレと無料読み放題まとめ

漫画「心霊写真師 鴻野三郎」のネタバレ

心霊写真師 鴻野三郎のネタバレ

壮太はまた学校をサボりゲームをしていた。
母親にそのことを聞かれても上の空の壮太が気になるのは、事故物件である隣の603号室だ。
引っ越しして3日も続かないケースが多い中、今度の住人は少し様子が違ったようだ。
隣人の名前は、鴻野三郎。
深めに被ったシルクハットに痩せ型の長身と、特徴的な外見を持つ鴻野の職業は写真家。
しかも写真の中に霊を撮り捕まえる神霊写真家というにわかに信じがたい職業をしているようだ。
鴻野は壮太に隣人の情報を聞き出す。
元の住人の名前は神咲洋子。
普通の会社員で優しい人だったが、原因不明のまま飛び降り自殺をしたらしいというのだ。
すると603号室のドアが勝手に開くと、壮太を探す洋子の霊がやってきたのだ。
実は洋子が死んだ原因は、イジメに耐えきれずベランダから飛び降りようとした壮太を助けようとした際に、落ちてしまったことに起因する。
涙ながらに洋子の霊に謝罪する壮太。
しかし洋子の霊は復讐に来たわけではなく、壮太が心配で成仏することが出来なかったのだ。
生きて笑っていて欲しいという洋子の願いに、今度こそと約束する壮太。
その様子を見た鴻野は今がチャンスだと、指切りをする笑顔の二人を写真に収める。
その後、写真は燃やされて蝶々に生まれ変わり成仏をして夜空を飛んでいった。
その後に母親に全てを話して引っ越しをした壮太。
除霊師ではない鴻野は神霊専門のカメラマン。
無理矢理成仏させるのではなく、霊たちにとって最高の1枚をうつそうと、今日も何処かでシャッターチャンスを窺がっているはずに違いない。

「心霊写真師 鴻野三郎」の感想(ネタバレ含む)

「心霊写真師 鴻野三郎」を読んだ感想(ネタバレ含む)1

近日更新!

「心霊写真師 鴻野三郎」の考察(ネタバレ含む)

「心霊写真師 鴻野三郎」を読んだ考察(ネタバレ含む)1

近日更新!

漫画「心霊写真師 鴻野三郎」を無料期間で読む方法

「心霊写真師 鴻野三郎」は漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」に掲載された読み切り作品です。

今のところ読み放題のサービスを含め週刊少年ジャンプを完全無料で読む方法はありません。

また「心霊写真師 鴻野三郎」は週刊少年ジャンプの読み切り作品なので、単行本化されることもないかもしれません。

ですので、ここでは「心霊写真師 鴻野三郎」が掲載されていた週刊少年ジャンプの他作品の単行本を完全無料で読む方法をご紹介します。

U-NEXT

週刊少年ジャンプで掲載されている多くの作品のコミック単行本が

電子版として配信中!

「U-NEXT」では31日間の無料体験実施中!完全無料で最新刊を読めます。


完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 上記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(ジャンプの単行本は410円〜が多い!)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

U-NEXTに関して詳しくは↓
U-NEXTの詳細記事