漫画「線は、僕を描く」 24話のネタバレと無料読み放題

漫画「線は、僕を描く」24話のネタバレ

2019年12月4日(水) 週刊少年マガジン1号 発売

24話のネタバレ

第24話 雪の日/破裂

“この人に出会えてよかった”誰にだってそんな人がいて、僕にとってあなたがそうだった。

僕があなたに教わったのはきっと・・・

歩いていると後ろから「青山君!」と声をかけられる。

振り向くと「青山君だよな?髪切ったんだね」と西濱さんに驚かれる。

笑顔で青山は「はい。ご無沙汰しています」と答える。

青山は声をかけてくれた西濱さんにスーツ姿を初めて見たと話す。

そして二人は授賞式の会場に入って行く。

青山が「公募展 湖山賞 授賞式」と書かれている文字をまっすぐに見つめている。

横で青山の様子を西濱さんが穏やかに見つめている。

そこで「来たわね。久しぶりね、青山君」と言って着物姿の千瑛が微笑みかける。

青山も「千瑛!」と言って嬉しそうにそちらを見る。

千瑛は「ずいぶん落ち着いているのね」と青山に声をかけるが、青山は「そう?かな」と答える。

千瑛は「髪を切っても青山君は青山君ね。自分が受賞するわけじゃないって思ってるんでしょ?」と言うと、青山は「それはそうだよ」と答える。

すると千瑛は「私は緊張しているわ、確信があるの。湖山賞を獲るのは私かあなたのどちらかよ」と真剣な顔で言うのだった。

そして「お待たせいたしました。湖山賞受賞者を発表させていただきます。受賞者の方は壇上へとお進みください。公募展湖山賞、本賞を受賞したのはー」とアナウンスされるのを二人は見つめるのだった。

会場では拍手がおこっている。

時はさかのぼるー。

あの学園祭のあと、冬を迎えたあの日の出来事を僕は生涯忘れることはないだろう。

それは「一本の電話からはじまった」のだった。

4か月前、青山は長い前髪を上にあげてくくった姿で「うーん、うーん、違う。違うんだよなぁ」と自分が描いた菊の絵を見ながら「ただ菊の形を描いているだけだ」と悩んでいた。

千瑛には「見てみたいわ。あなた自身が見出した“美”を」と言われていた。

その言葉を思い出しながら、青山は「僕にしか描けない僕の絵、僕が描きたい水墨って何だろう、いくら描いても答えは出ない」と感じて髪をぐしゃぐしゃ掻きながら湖山賞の締め切りまで時間がないと焦るのだった。

湖山先生には「この菊に教えを請い描いてみなさい」と言われて課題を与えられていた。

青山は1輪の菊を見つめて「この菊もくたびれてきたなあ」と思うのだった。

青山は花屋に向かった。

店員さんから「お兄さん、また菊を買いに来てくれたんですか?」と聞かれて、青山は「はい」と答える。

店員さんに「菊を1輪だけ、どうなさっているんですか」と聞かれたので、青山は「絵を描いている」と答える。

すると店員さんは「花は綺麗だものね。描きたくなるわよね。でもそんなに前髪が長いとよく見えなくありません?」と言われたのだった。

その時青山はくくっていた前髪を下ろして花屋に行っていたのだった。

青山は花屋から帰りながら、学園祭が終わってからずっと菊を見つめて何度も描いているうちに「花は綺麗だものね」と言う当たり前のことも忘れかけていたことに気づかされた。

そしてふと湖山先生が話していた「絵は絵空事だよ」と言う言葉を思い出す。

湖山先生の何気ないあの言葉をどうして今思い出すんだろうと思いながら歩いていると雪が降ってきた。

気づけばもうすぐクリスマスだった。

そのことに気づいて青山は少しさみしい気持ちになるが、今はそれどころじゃない、千瑛もきっと頑張ってると思い直す。

そして「俺はもう一人でも孤独じゃないから」と改めて思うのだった。

その時、携帯がヴーヴーと音をたてる。

西濱からの電話だった。

電話に出ると西濱は「ああ、青山君ごめんね。今、大丈夫かな。しっかり聞いてね。あのね、湖山先生が倒れちゃったから・・・」と話すのだった。

「それで今病院に」と西濱は話を続けようとするが青山はただ「どこの病院ですか?どこですか?どこの病院ですか?」と繰り返す。

西濱に「青山君、落ち着いて」と言われて、青山は「落ち着いてますよ僕は!!!」と大声をあげてしまうのだった。

そしてそのまま聞いた病院に向かって必死に走り出す。

走りながら湖山先生に「君の寂しさが少しでも癒えたのなら良かった」とほほ笑んで言われたことを思い出す。

青山は「先生、まだ何一つあなたにーーー(返せていない)」と思いながら走り続けるのだった。

「線は、僕を描く」24話の感想

「線は、僕を描く」24話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

近日更新!

「線は、僕を描く」24話の考察

近日公開!

漫画「線は、僕を描く」24話を無料で読む方法

「線は、僕を描く」24話は漫画雑誌「週刊少年マガジン」に掲載されていた作品です。

週刊少年マガジンは「U-NEXT」で、完全無料で読むことができます。

「線は、僕を描く」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「線は、僕を描く」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓