漫画「線は、僕を描く」 14話のネタバレと無料読み放題

漫画「線は、僕を描く」14話のネタバレ

2019年9月25日(水) 週刊少年マガジン43号 発売

14話のネタバレ

湖山先生に指名されて西濱湖峰が筆を手に花の絵を描き始めた。

青山は、この人が描く花の絵には美しさ以外の「何か」があると感じ、その「何か」に惹かれて感動に手が震えるのを感じる。

そしてこの「何か」が「命」であることに気づく。

終わりました、と言う西濱さんに青山はこんな命そのものをぶつけて生きている花の絵が描けるなんてと驚きと感銘を受ける。

そして湖山先生はきっとこれを伝えようとしたのだと感じ取った。

湖山先生はようやく口を開く。

青山くん、斉藤くん、千瑛の三人に対して、水墨と言うのは森羅万象を描く絵画であり、森羅万象とは宇宙の事であると言う。

そしてその宇宙とは現象の事であるが、それは外側にしかないものなのかと尋ねる。

最後に「心の内側に宇宙はないのか?」と三人に問いかける。

それは自分の心の内側を見ろということに他ならない。

それを聞いて青山は2年前に家族をなくして帰る場所も行くあてもなく立ち止まった人間、すなわち自分を見ろと言う事を指摘されていると感じ取った。

湖山先生は少し疲れたと言い今日はもう休むと言って、その場を先に離れた。

千瑛はただ描かれた花の絵を見つめていた。

古前君からは夏ももう終わるし川岸さんと千瑛さんを誘って遊びに行こうとの電話をもらうが、青山は湖山先生が解き放てと話したことを実践しようとしていた。

筆をもって心の内側を外へと放つために水墨はその手段になるのだと教えられたのだ。

そう教えられたからには自分は今度こそちゃんと自分の過去と向き合わないといけないと考えていた。

自分が閉じ込めて見ようとしなかった記憶とひたすらに向き合うのである。

千瑛が出かけようとすると西濱に話しかけられた。

千瑛はあの花を描いた日に西濱さんはあかねさんに会えて喜んでいた、と尋ねるでもなく一言呟くが、何でもないと言葉を飲み込んで出かけた先は青山の所であった。

ほんの小さな心の変化まで絵に表れる、そんな人間がどれほどいるのだろうかと悩んだ末ではあったが、マンションを眺めながらだからって青山に会いに来てどうするのだと千瑛は頭を抱えていた。そこに青山が帰って来た。

千瑛は青山を見つけるや否や、どうしたのかと尋ねる。

ここは自分の家だと言う青山に歩み寄り、青山の顔があの時、すなわち彼の描く線がとても悲しく見えた時と同じだと心配する。

青山は言葉では全てを伝えられないとして僕の心の内側を今度は伝えられるだろうかと思いながら、千瑛に「僕の絵をみてもらえますか?」と正面から伝える。

「線は、僕を描く」14話の感想

「線は、僕を描く」14話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

20代女性
湖山先生に指名されて西濱湖峰が花の水墨画を描きあげました。青山は西濱の水墨画の描き方を初めて見ることで、作品の中に「命」を描きだしたことに気づかされます。西濱の描いた花を見て湖山先生は納得したように微笑んで、その上で何か良いことでもあったのかと絵から感じとったことを話しています。そして仕上がった絵を見つめ考えこむ青山の様子を見て湖山先生は何か思う所のある様子を見せています。青山が考えて悩んでいることへのヒントを与えようとしているように見受けられます。
湖山先生は三人に向けて「心の内側に宇宙はないのか?」との問いかけをします。その言葉は青山にとって「自分の心の内側を見ろ」と言われているかのように感じられたようです。青山には2年前に家族を亡くして行き場を失った過去があります。そのことと向き合い逃げずに気持ちを解き放つように言われたのだと青山は考えて、しばらく自分の気持ちと向き合って絵を描く時間を一人で持つようになります。青山にとっては水墨画を描いていく上でどうしても避けては通れないことだったのだと思われますが、それ以上に今回の自分と向き合う行為は彼自身が生きていく上でも必要なことになっていくのではないかと推察されます。
なかなか自分の殻を破ることができない千瑛は悩んだ末に青山の家に向かいました。その青山の顔をみて何かあったのかと千瑛は心配しています。ある意味、この人の変化や様子を見抜く目を持つ千瑛は凄い才能を持っているのではないかと思うのですが、その点について本人は自覚がないのかもしれないのですが、そこに気づけばまた千瑛の才能の活かし方が別にあるのではないかと思われます。
訪ねてきた千瑛に青山は自分の絵を見てもらえますかと最後に話しています。青山の絵がどのように変化したのか、暗く重苦しいものになっているのか、それを超えた先に着地できているのか、こちらもその絵を楽しみに待ちたいと思います。

「線は、僕を描く」14話の考察

近日公開!

漫画「線は、僕を描く」14話を無料で読む方法

「線は、僕を描く」14話は漫画雑誌「週刊少年マガジン」に掲載されている作品です。

週刊少年マガジンは「U-NEXT」で、完全無料で読むことができます。

「線は、僕を描く」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「線は、僕を描く」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓