漫画「サムライ8 八丸伝」33話のネタバレと無料読み放題

サムライ8

漫画「サムライ8 八丸伝」33話のネタバレ

2020年1月4日(土)週刊少年ジャンプ6・7号 発売

33話のネタバレ

八丸達は義常の鍵を奪い返す事で、何とか弁形の企みを阻止する事に成功したのである。

銀河球連邦の特務隊の千は艦隊も召集済みであり、拘束されている弁形を護送しようとするのだがでか過ぎて大変だと呟いたのだ。

そこで三打が弁形に近づいて今まで自分を騙していたなと言うと、どうして父と母の命を奪ったのかと聞いたのである。

弁形は義常は自分に無いものを持っていたから欲しかったと口にし、人は完璧を求め、そのためには欠点をも秘密にすると話したのだ。

その話を聞いた八丸はアンに自分の過去を隠した事があったので、耳が痛かったのである。

更に弁形は義常は自分達家臣にも完璧を求めてきたと、三打が侍になってもいずれ潰れていたから自分が救ってやったと言い放ったのだ。

そして三打は更に接近し、耳元で10億くれたら逃がしてやると言い、弁形もそれに応じてコードを打って10億渡したため、三打は彼の拘束を解除したのだ。

そしたら三打は真剣で弁形の首を撥ね、自分はいい奴でも完璧な奴でもないがお前と違って本当の相棒がいると言い放ったのである。

三打は八丸にお金を渡すと仇を討たせてくれた事に礼を言ったのだ。

悪い計画は遅かれ早かれバレる定めにあると言う言葉で締めくくられ、一件落着となったのだ。

「サムライ8 八丸伝」33話の感想(ネタバレ含む)

「サムライ8 八丸伝」33話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

30代女性
千視点からすれば裏切るかもしれない三打に、弁形の捕獲を任せるという展開は違和感が大きかったです。それがあったからこその見せ場と10億の報酬が実現できたのはわかりますが…。丁度『呪術廻戦』で五条が「獄門疆」に捕らえられたのと同じ号で、弁形が「獄門玉」という拘束具に捕らえられたのは、偶然でしょうが面白かったです。

「サムライ8 八丸伝」33話の考察(ネタバレ含む)

30代男性
三打と竜との間では、左目をつぶるウィンクが「いい計画は秘密って事さ」という合図になっていました。それに対して、弁形の宇宙船が見下星に接地したのと、弁形が見下星の地面を割った傷ごとステルス解除によって現れたことによって、右目をつぶる不気味なウィンクが宇宙に出現。「悪い計画はいずれバレるって事さ」という千のセリフが象徴する通り、これは三打と弁形を対比する遊び心のような表現のようですね。誰も彼も陥れた結果本当の相棒がいない弁形とは違い、竜という心の底から信頼できる相棒を得た三打。これから三打の歩む道は弁形とはまるで正反対の、正々堂々とした正義の侍道であるという、明るい未来を感じさせてくれるラストでした。

漫画「サムライ8 八丸伝」33話を無料で読む方法

「サムライ8 八丸伝」33話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「サムライ8 八丸伝」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「サムライ8 八丸伝」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「サムライ8 八丸伝」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓