漫画「サムライ8 八丸伝」32話のネタバレと無料読み放題

サムライ8

漫画「サムライ8 八丸伝」32話のネタバレ

2019年12月23日(月)週刊少年ジャンプ4・5号 発売

32話のネタバレ

弁形によって、拘束された竜を斬ることを命令されるが、躊躇する三打。そこで竜は装填内技で拘束をすべて切り、その光景を見た千は「彼も軍荼利流だったのか!?」と驚く。

しかし竜は、「骨河…お前はやっぱり悪い奴だ」と言い、三打に向かって刀を振り下ろそうとした。

過去に竜から刀を振りかざされたことを思い返しながらも、その様子に観念する三打だが、竜から片目を閉じた合図を送られる。

「いい計画は秘密って事さ」と、かつて自分が竜に教えた合図。

それによって、刀を構えて一目散に弁形の方へ向かい、相棒として協力し、弁形を攻撃!

竜は、自分の本当の名前を見つけてやると言ってもらったことを思い返しながら、悪者としての骨河と対比するように、「三打はいい奴だ」と続けるのだった。

弁形が攻撃を受けたことによって、全員のトラップの拘束が解かれ、この勢いに乗じて殺星爆弾の発射を止めるべく全員で攻撃を仕掛ける。

八丸の刀が弁形の刀を割り、彼のキーホルダーを一刀両断!弁形の追撃から逃れつつ、八丸がキーホルダーの修復を食い止める中、千が射出した左手が義常の鍵に到達!

殺星爆弾の発射2秒前にして、それがついに阻止されようとしているのだった…!

「サムライ8 八丸伝」32話の感想(ネタバレ含む)

「サムライ8 八丸伝」32話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

30代女性
ついに弁形に対して総攻撃を仕掛けることができたことでスカッとしました。それでもデバイスを死守する弁形のために近づくことができない中、腕を飛ばして義常の鍵を掴むというのはこの作品らしい機転の利かせ方で面白かったです。

「サムライ8 八丸伝」32話の考察(ネタバレ含む)

30代女性
カウントダウンが迫るなか、角弾頭の発射を止めることができるかが気になる終わり方でした。みんなの協力であと一歩まで迫ったカウントダウン。ここはやはりギリギリで止めることが出来るのではないかと考察します。止めてしまえば反撃も可能だと思います。また、骨牙と竜が過去を知ってなお、相棒に戻った展開は熱かったですね。本当に相棒になった二人はこのままいいコンビとしてやっていくのではないでしょうか。二人も仲間になってこのまま旅を続けてくれる展開もあり得るかもしれませんね。竜の本当の名前を見つけるために手掛かりを探す展開もあり得るのではないでしょうか。記憶がない竜の過去も物語に絡み合う伏線になっていくような気がします。

漫画「サムライ8 八丸伝」32話を無料で読む方法

「サムライ8 八丸伝」32話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「サムライ8 八丸伝」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「サムライ8 八丸伝」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「サムライ8 八丸伝」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓