漫画「サムライ8 八丸伝」29話のネタバレと無料読み放題

サムライ8

漫画「サムライ8 八丸伝」29話のネタバレ

2019年12月2日(月)週刊少年ジャンプ1号 発売

29話のネタバレ

弁形は骨河の父親である義常から艦、キーホルダー、鍵、侍魂、息子、金、姫の命を奪ったと語り、骨河は弁形に騙されていた事を悟るのである。

弁形は義常への忠誠があったが家柄の事で己を縛って苦しそうだから自分が解き放ったと豪語し、ダルマは都合のいい解釈だと断じて止めを刺そうとするも彼のキーホルダーが助けてしまったのだ。

もう活動時間が限界なのでダルマは八丸に弁形の記憶を転送し、後を託したのだ。

そして八丸は地上に戻り、転送された記憶の映像を皆に見せていると骨河は弁形が隠していた記憶を自分に見せてほしいと頼み、八丸はその映像を見せたのである。

骨河こと三打の見定めの儀式の際、弁形は密かに別の者の血と三打の血を入れ替え、三打の侍失格の烙印を押させたのである。

そして弁形はご子息なのだから僅かな可能性に懸けてみてはと義常に進言し、彼は嫌がる三打に無理矢理切腹の儀式をしようとさせるが姫が身を挺して刃を受けたのだ。

この隙に三打は義常を押さえつけ、この間に弁形は姫の命を奪う事で義常は散体したのだ。

そして弁慶は三打を骨河と名付け、自分の弟子になれと言うのである。

真相を知った骨河は力を貸してほしいと土下座するも他の侍達は彼を軽蔑するも、八丸は今の骨河の姿が侍らしいと感じたというのである。

「サムライ8 八丸伝」29話の感想(ネタバレ含む)

「サムライ8 八丸伝」29話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

30代男性
弁が今まで騙していたのが明らかになった過去に骨河こと三打(サンダ)は涙を流しそして何より弁に怒りを覚え八丸に頭を下げてお願いをした。それを見た八丸はサンダの今までで一番侍らしいと思ったから、手を組み弁を倒す決意をしたのは、また八丸も侍らしくなりたいと思っていたからそう見えていたのかと思った。ガンバレ八丸!

「サムライ8 八丸伝」29話を読んだ感想(ネタバレ含む)2

30代女性
骨河やその両親が弁形から受けた仕打ちが、想像以上に悲惨なものであることを知って、可哀想になってきました。失われた両親の命は返ってきませんが、骨河には弁形を倒して少しでも奪われたものを取り返して欲しいものです。

「サムライ8 八丸伝」29話の考察(ネタバレ含む)

30代女性
八丸が受け取った弁形のメモリーにより、骨河の血がすり替えられて見定めの儀式が行われていたことが発覚しました。ということは、骨河には侍になれる資格が本当になかったかはわからないのです。すべてを知った骨河が頭を下げて詫びる姿に、八丸は侍らしさを感じたと言っていましたし、義常の魂を弁形から取り戻すことができたら、骨河は「三打」に戻って改めて切腹の儀式を行い、侍になることができる可能性は十分にあります。弁形の策略によってすべてを奪われてしまった骨河ですが、ここで八丸と共闘して弁形を打ち倒したうえで、八丸やアンと同じように家族の死という悲しみを乗り越え、強力な仲間となる展開がやってくるのかもしれませんね。

漫画「サムライ8 八丸伝」29話を無料で読む方法

「サムライ8 八丸伝」29話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「サムライ8 八丸伝」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「サムライ8 八丸伝」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「サムライ8 八丸伝」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓