漫画「サムライ8 八丸伝」28話のネタバレと無料読み放題

サムライ8

漫画「サムライ8 八丸伝」28話のネタバレ

2019年11月25日(月)週刊少年ジャンプ52号 発売

28話のネタバレ

一時的とはいえ、人間の姿に戻ったダルマの姿が光り輝いており、駆けつけた八丸は目が眩んで良く見えなかったが、ようやく見えると見覚えがあると言わんばかりの顔をするのである。

ダルマは弁形に秘密は無しだと言いつつ、自分は猫を被るのが嫌いで本性を隠して大人しく出来ない性質だと言うのである。

弁形はダルマの姿を見て動揺し、八丸はあの侍ゲームの主人公だと言うのである。

そんな八丸にダルマは自分の後ろに下がるように言うと、弁形の繰り出す一撃を真剣で止めたのである。

そして技を繰り出して弁形を吹き飛ばし、八丸に自分は全盛期より力は落ちているがこの姿で戦うのは稀だから参考にしろと言うも八丸は凄すぎて参考にならないと答えたのだ。

そしてダルマは横綱級キーホルダーである洋犬を鎧として身に纏うと、弁形を相手に圧倒すると彼の体を半壊させる事に成功したのだ。

しかもダルマは候剣を会得していたので、半壊した弁形の体は再生できなかったのだ。

ダルマは何故義常の侍魂を持っているのだと弁形に問い、この会話は通信機の機能が戻った骨河も聞いていたのだ。

口を割らないので、ダルマは無理矢理プロテクトを突破すると骨河を利用して義常を騙して侍魂を奪ったのだと分かったのである。

「サムライ8 八丸伝」28話の感想(ネタバレ含む)

「サムライ8 八丸伝」28話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

30代女性
人間の姿で戦う達麻はかっこいいですね。できれば今後もこの姿で活躍してもらいたいものですが…。しかし、骨河の過去の真実もなかなかえげつないものである予感がして、来週号を読むのがちょっと恐ろしい気もします。

「サムライ8 八丸伝」28話の考察(ネタバレ含む)

30代女性
弁形は義常の息子である骨河を利用して義常を散体させたと達麻は言いますが、骨河は弁形が鬼若丸を持っていることは知っていてもその真相については知らない様子。彼は義常親子を巧みに騙していたようですね。口では厳しいことを言いつつも、義常は骨河に遮那家を継がせたくて、その気持ちを弁形に利用されたのかもしれません。あるいは後継者にはなれない骨河の身を案じ、弁形の甘言に乗ってしまったのかもしれません。いずれにせよ、骨河にはつらい真実がこれから明かされていくようですね。このタイミングで通信が再開されたのも、弁形に喋らせているのも意図的な達麻の策略でしょう。この会話を骨河に聞かせることで彼の目を覚まさせたいという、達麻の思いやりが窺い知れます。

漫画「サムライ8 八丸伝」28話を無料で読む方法

「サムライ8 八丸伝」28話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「サムライ8 八丸伝」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「サムライ8 八丸伝」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「サムライ8 八丸伝」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓