漫画「サムライ8 八丸伝」27話のネタバレと無料読み放題

サムライ8

漫画「サムライ8 八丸伝」27話のネタバレ

2019年11月18日(月)週刊少年ジャンプ51号 発売

27話のネタバレ

何でそんなに強がれるんだと骨河に聞かれた八丸はダルマの言葉を思い出し、何事も自分で決められるのが侍だと答えたのだ。

拘束された骨河は弁は自分の父親の部下で、父親が亡くなった後は彼が後見人となって自分に金儲けの方法を教えてくれたと答えると、八丸にお前にとってダルマは何だと聞いたのだ。

八丸は説法が長いけど侍の師匠だと答えると肝心なところで寝落ちすると続けて言うと、骨河はダルマは自分を見張っていて寝てないと、弁は強いと言うのである。

空では弁と戦っているダルマは彼は多才でパワーがあるから眠気が来る前に片をつけようとしていたのだ。

一方、弁は四流派の剣技を駆使してダルマを追い詰めるも、ダルマは一撃を彼に叩き込んで彼の鍵を確認したのだ。

この事からダルマは弁を免許をダウンロード出来ていない鍵を継ぎ足しただけの弱者の卑怯者であると判断したのである。

弁は鬼若丸を出現させ、ダルマのスリープモードも近づいていたのである。

そんな中、ダルマは師匠との話を思い出すと、彼女の侍魂を取り出して柄骨と一体化させる事で猫の姿になる前の人間の姿に戻ったのである。

この光景に弁は驚きを露わにし、ダルマはやっと目が覚めた気分だと呟くのである。

「サムライ8 八丸伝」27話の感想(ネタバレ含む)

「サムライ8 八丸伝」27話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

30代女性
鬼若丸というホルダーについては、骨河も意味深な様子でしたし何やら事情がありそうですね。名前から想起される義経と言えば弁慶を従えて戦った人物ですが、弁慶がモチーフであろう弁がそのホルダーを所持しているのはなぜなのか気になります。

「サムライ8 八丸伝」27話の考察(ネタバレ含む)

20代男性
今回の話でダルマは師匠との思い出を思い出し、師匠から貰った僅かな侍魂を使って猫の姿から本来の姿に戻り、久々に目が覚めた気分だと言ったところで終わりました。
次回の話では本当の姿に戻ったダルマがかなり活躍するのではないかと思います。
無論、猫の頃から相当と言っていいくらい強かったのですが、人間の頃の方がもっと強いはずです。
人間から猫になる前はかなり自信過剰な面が目立っていたようですが、今は色々な経験をした事で元々持っている実力の他に冷静な判断力と頭脳で弁を蹴散らすのではないかと思います。
彼が戦っている姿を見て、これが師匠の本当の力なのかと八丸は思ってダルマの事を以前よりも尊敬するのではないかと思われます。

漫画「サムライ8 八丸伝」27話を無料で読む方法

「サムライ8 八丸伝」27話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「サムライ8 八丸伝」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「サムライ8 八丸伝」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「サムライ8 八丸伝」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓