漫画「サムライ8 八丸伝」26話のネタバレと無料読み放題

サムライ8

漫画「サムライ8 八丸伝」26話のネタバレ

2019年11月11日(月)週刊少年ジャンプ50号 発売

26話のネタバレ

主催者側と密通していた骨河。

八丸たちを裏切ってアンを人質に取ろうとするが、八丸の素早い拳によって殴り飛ばされてしまう。

主催者・鍵狩りの弁に命じられるがままに彼の元に行く骨河。

彼は最初から竜や八丸の鍵を、弁に売りつけるためにこの場へ連れてきたのだと言う。

この見下星はホルダーの廃棄処理場として使われ、今は星ごと廃棄されている。

それを利用してたくさんの人型ホルダーを操り、陽動を企む骨河は、八丸から卑怯者呼ばわりを受けてもものともしない。

自分は侍ではなく生身の人間であり、彼らサイボークとは違うのだと主張するのであった。

しかし、骨河の脳裏には幼い頃の光景がよみがえる。

侍になり「遮那家」を継ぐことはできない、失敗作呼ばわり。

侍になるため苦労を重ねてきたにも関わらず、切腹の儀式の成功率は極めて低いとされ、家の恥として見切りをつけられてしまった過去があったのだ。

その時の無力感を思い出しながら、骨河はこの銀河を守ると言う八丸の心を折ろうとするのだった。

八丸は、骨河にとって弁は信用できる相手なのかと問う。

しかし、骨河と弁は金でつながっている、信用を形にしたものが金なのだと主張する。

その一方で、達磨はアタという弟子を信頼し、失望したうえで八丸を信じることを選んだ。

そのことを胸に八丸は、揺るぎない思いを背負って骨河に迫るのであった。

「サムライ8 八丸伝」26話の感想(ネタバレ含む)

「サムライ8 八丸伝」26話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

30代女性
骨河の裏切りも予想通りのところではありますが、八丸の達磨との絆の話も含めて、もっとじっくり描いて欲しかったと思いました。
そして、利害とは別の繋がりを骨河との間に感じていただろう竜が、どういった反応を示すのか気になるところです。

「サムライ8 八丸伝」26話の考察(ネタバレ含む)

30代女性
骨河の裏切りが明らかになると同時に、彼の侍になりたくてもなれなかった過去もほのめかされました。
彼の出身は「遮那家」という、おそらくは代々侍を輩出する名家である様子。
しかし、彼はその跡継ぎにはなれず、他の後継者を選ぶことになったようです。
骨河が今こうやって、竜と一時的に手を組んで盗みを働こうとしたり弁に金で雇われたりしているということは、既に家を出ていると考えられます。
ということは、遮那家を継いだ侍がどこかにいる、という可能性が浮かび上がってくるのです。
その正体とは、記憶を失くしつつも骨河と行動を共にする竜かもしれませんし、まだ登場していない他の誰かかもしれません。
いずれにしろ、この後の展開で関わってくることになりそうですね。

漫画「サムライ8 八丸伝」26話を無料で読む方法

「サムライ8 八丸伝」26話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「サムライ8 八丸伝」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「サムライ8 八丸伝」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「サムライ8 八丸伝」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓