漫画「サムライ8 八丸伝」15話のネタバレと無料読み放題

サムライ8

漫画「サムライ8 八丸伝」15話のネタバレ

2019年8月26日(月)発売 週刊少年ジャンプ39号 掲載

15話のネタバレ

フルタの墓を作った八丸はダルマにアタの事を教えてくれるように言うと、ダルマは了承するも今の銀河の状況をも交えて説明を始めようとするが八丸はそれを了承したのである。

話を円滑に進めるためにダルマは八丸の鍵に自らの鍵を接続させることで、八丸を自らのデジタル意識に呼んだのだ。

大昔、不動明王に仕えており、烏枢沙魔流の頭首であるカーラをダルマら金剛夜叉流が止め続けていたがアタが私欲のために裏切り、銀河の星々を破壊していたのだ。

ダルマは師匠からカーラを止めるためにパンドラの箱を開けるために7つの鍵を集める事を託されたのだ。

しかし、パンドラの箱と対になるマンダラの箱を開けるために人工的に鍵を作ろうとしたがそれによって八丸が誕生したため、失敗に終わってフルタが彼を連れ去ったのだ。

話を聞いていた八丸は自分の存在が銀河の命運を握っていると悟るがダルマにどうして自分がパンドラの箱を開けられる存在だと分かったのかを聞くのである。

ダルマは目が見えないが時に全てが見せる事があると語ると、八丸が侍になった時に姫と共に立っている立派な侍の姿が見えたから間違いと感じたと言うのである。

アンは八丸と行動を共にすることになり、その事をダルマとの話が終わった八丸に伝えると八丸は嘘をついた事を謝ると、アンは必ず守ると宣言し、アンは自分の話を最後まで聞いてと自分の事は最後まで守ってくれと言う条件で許可したのである。

そしてハガミチは赤木城へ行こうとし、八丸達は一先ずダルマのアジトに行く事になったが、その前に八丸は墓前で約束を守ると宣言したのである。

そんな中、無雲が落ちてきたのでダルマはこの星を守ることが銀河を守る第一歩だと言うと、ついでにアジトを移動させると言って巨大ホルダーを出現させるのである。

「サムライ8 八丸伝」15話の感想(ネタバレ含む)

「サムライ8 八丸伝」15話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

近日更新!

「サムライ8 八丸伝」15話の考察(ネタバレ含む)

20代男性
第15話では無雲が落ちてきたところで終わりましたが、第16話ではダルマが八丸に大技を教えるためにその技を彼の目の前で発動させて無雲を破壊するのではないでしょうか。
15話では八丸はギンガを守ることを決意しましたが、今のままではまだ力が全然足りません。
なので師匠であるダルマは無雲の存在を利用して、大技を教えさせるのではないでしょうか。
その大技はアタに使用した星砕きという技ではないでしょうか。
その名の通り星を砕く程の破壊力を秘めた技で、放とうとした時にアタが動揺していたのでその威力は人が喰らえば一溜りもない威力なのだと思われます。
その名前の通り、星と同じくらいの大きさを誇る無雲を破壊するにはうってつけの技なので、ダルマは八丸に「銀河を救いたければ、アタを倒したければ、少なくともこの技を覚えろ」と言って教えるのではないでしょうか。

漫画「サムライ8 八丸伝」15話を無料で読む方法

「サムライ8 八丸伝」15話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「サムライ8 八丸伝」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「サムライ8 八丸伝」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「サムライ8 八丸伝」単行本は459ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「サムライ8 八丸伝」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓