漫画「るろうに剣心 明治剣客浪漫譚北海道編」19話のネタバレと無料読み放題

るろうに剣心 明治剣客浪漫譚北海道編

漫画「るろうに剣心 明治剣客浪漫譚北海道編」19話のネタバレ

2019年10月4日 ジャンプSQ11月号 発売

19話のネタバレ

第十九幕 地獄の産物

永倉新八は、一騎当千の猛者か、確かに居るよねと言って前に歩いてくる。

清国の昔話にでてくる一人で本当に千人を倒すような化物じゃなくて、その者が現れると味方千人が奮い立ち敵方千人が恐れ戦く、そういう意味での一騎当千。

例えば新鮮組の近藤局長、土方副長、長州の高杉晋作、薩摩の西郷隆盛などが考えられる。

そういう実力者を選りすぐり外敵から日本を護る要とする。

大雑把に言うとお前さん達剣客兵器の企みってそう言う事だよなと尋問すると、凍座は「ウム」と答える。

すると永倉はそれって実のところ明治政府が掲げる富国強兵政策と相反していないよなと話すと凍座は今度「ウム?」と聞き返す。

永倉は続けて、実験戦闘なんて物騒な真似は止めにして、ここは一つ明治政府と手を組んでお前さん達が軍の一機関となって猛者を育成すると言うのはどうだい、と提案する。

そして戦うだけが問題の解じゃないと言って、函館や樺戸での暴挙を不問にするのは無理だろうが、おまえさん達の出方次第で罪一等を減ずるくらいは上も考えてくれると思うよと言う。

それを隊長に聞くと、投降するならその後の処置は俺の預かりではないと言うが、刃向かうなら即斬るだけだと言う。

それを聞いた後、緋村は富国強兵政策の強兵は拙者が思うところのとは違うけれど、拙者とて剣客、力そのものを否定はせぬと言う。

肝心なのはそれをどのように抑え、どのように扱うかだと緋村は言う。

それで実験戦闘などと言う愚挙を止められるのであらばと言う。

凍座は永倉に狸め、尋問と言うよりは提案だなと言う。

しかし凍座は「その提案は却下だ」とはっきり断言する。

たしかに自分達剣客兵器が手掛ければ、軍の下、訓練や演習で強兵を育成することはた易い。

しかしそれでは猛者が決して育たないと言う。

人が猛者になるのに何より必要なものは何事にも屈せぬ強靭な魂で、それは地獄でのみ育まれる。

そしてここに集いし貴様たちがまさにそうだろうと言う。

各々が各々の地獄を巡る中で強靭な魂を得て一騎当千の猛者と成ったと言われて、みんなは確かにそうだと、まんざらでもないような表情を浮かべる。

凍座は望まぬ論争、叶わぬ理想、不条理、理不尽そして死。

強靭な魂とはこれらを糧として育つ地獄の産物なのだという。

そして儘はなかなか得ることができなかった死に物狂いの武者修行でも比べればまだ温く、ゆえに何十年もの時間を費やす羽目になったという。

その凍座がぎゃんと目を見開く。

そして地獄なら一瞬、そう一瞬だ、見よと刀を向ける。

するとそこには木の柵を結んでいるのを銃で撃って外しながら突き進んでくる三島英次の姿があった。

その姿を見つけて緋村は「栄次」と名前を呼ぶが彼はただ一点を見据えているように見える。

凍座は「見事小鬼が育ちおった」と言って喜ぶ。

ついに三島栄次が瀬田宗次郎に銃口を向けて、銃を放つのであった。

「るろうに剣心 明治剣客浪漫譚北海道編」19話の感想&考察(ネタバレ含む)

近日更新!

漫画「るろうに剣心 明治剣客浪漫譚北海道編」19話を無料で読む方法

「るろうに剣心 明治剣客浪漫譚北海道編」19話は漫画雑誌「ジャンプSQ」に掲載されている作品です。

ジャンプSQは「U-NEXT」で、完全無料で読むことができます。

「るろうに剣心 明治剣客浪漫譚北海道編」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「ジャンプSQ」は509円〜「るろうに剣心 明治剣客浪漫譚北海道編」単行本は501円〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「るろうに剣心 明治剣客浪漫譚北海道編」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓