六道の悪女たち「漫画コミック単行本23巻」のネタバレ&発売日と無料読み放題

漫画「六道の悪女たち」23巻のネタバレ

コミック「六道の悪女たち」23巻(発売日 未定)

六道の悪女たちの23巻には、197話(2020年7月9日 週刊少年チャンピオン32号 発売)〜205話(2020年9月10日 週刊少年チャンピオン41号 発売)が収録される見込み。

「六道の悪女たち」197話のネタバレ&感想・考察

2020年7月9日(木) 週刊少年チャンピオン32号 発売

六道の悪女たち 197話

つづきはこちらから

197話のネタバレ

六道は学校を走り回っていた。

ちよやみんなのことを探している。

その頃向日葵乱奈ちよの場所を幹部たちから聞き出していた。

向日葵乱奈が近々暴走を始めるのかと言う問いかけを背に、向日葵乱奈は反対側の校舎に向かうのであった。

幹部たちはそれを受けて作戦変更した。

幹部たちは自ら動き出すことにした。

その場所は偽の場所であった。

校舎を走っていると六道は、窓の外から葵さんと鈴蘭さんが戦っているのを見てしまった。

2人は校舎の外で、バイクと格闘技で空中決戦をやっていた。

鈴蘭は自分の手足のようにバイクを操る葵に苦戦していた。

2人が戦っているときに、あざみがバイクに乗ってやってきた。

葵は自分を助けてくれるのだと思って鈴蘭を一緒に挟み撃ちにしてくれと言った。

しかしなんとアザミはバイクで葵に突進するのであった。

そうこうやっている間に、六道も鈴蘭達と合流することになった。

六道はみんなをまとめようと発言した。

味方同士で争っていても仕方がないと。

そんな時にサイレンを鳴らしながら走ってくるバイクの音が聞こえた。

すずらんは警察がここにやってくるのかと思っていた。

サイレンを鳴らしているバイク、それは顔の決まっている竹松であった。

197話の感想&考察(ネタバレ含む)

「六道の悪女たち」197話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「六道の悪女たち」198話のネタバレ&感想・考察

2020年7月16日(木) 週刊少年チャンピオン33号 発売

六道の悪女たち 198話

近日更新!


「六道の悪女たち」199話のネタバレ&感想・考察

2020年7月22日(木) 週刊少年チャンピオン34号 発売

六道の悪女たち 199話

近日更新!


「六道の悪女たち」200話のネタバレ&感想・考察

2020年7月30日(木) 週刊少年チャンピオン35号 発売

六道の悪女たち 200話

つづきはこちらから

200話のネタバレ

コウモリ対フクロウの戦い、名残と仁の戦いは一層激しくなった。

その一方でミナミは後者の外に隠れて、寺国がそれを追っている。

指にメリケンサックをつける寺国、彼の言う武器とはメリケンサックであった。

それをミナミは目撃していたため、殴られた衝撃で頭蓋骨が割れてしまう。

それでもひるまず気持ちを立て直し寺国に立ち向かう。

完全に死角からの攻撃、それなのに寺国はそれを見切っていた。

寺国は360°見渡すことができた。それなので攻撃が見えた。

ミナミはメリケンサックの強烈な一撃を食らい吹っ飛ばされる。

倒れるミナミ、彼女に対しておとなしく闇営業を続けていればよかったのにといい、近くにあった鉄パイプでとどめを刺そうとした。

しかしそこにミナミの姿はなかった。

寺国はミナミを金の匂いで判別していたのだ。

そのすきを突きミナミは近くにあった傘で、寺国の後頭部に強打を放った。

慌ててマンホールから逃げ出す寺国、しかしその先ではミナミが待ち伏せしていた。

そして大吾が名残と仁に倒されていた。

ミナミは寺国に対してはっきりとお前の汚い金の匂いが判別できたと言った。

そして寺国の顔面を思いっきり蹴り上げた。これにより寺国は意識を失い気絶した。

ミナミのもとに名残と仁が来て感謝する。

200話の感想&考察(ネタバレ含む)

「六道の悪女た」200話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「六道の悪女たち」201話のネタバレ&感想・考察

2020年8月6日(木) 週刊少年チャンピオン36・37号 発売

六道の悪女たち 201話

つづきはこちらから

201話のネタバレ

走る六道と飯沼次から次にわいてくる闇金幹部たち手下を倒すのに苦戦していた。
一方天道とちよの場面、一行は屋上にいた。
ここは俺の母校なんだという天道、ちよと違い自分は学校生活がうまくいかなかったという。
みんないい人たちだから傷つけないでというちよにたいしていい人たちになったんだよという。
真意が読み取れないちよ続けて天道は自分はどこで道を踏み外したのかと思いにふける。
そして未来予知の力を取り戻してこの世の中を廃墟にしたいという。それによってやっと割れるようになるという天道。
天道の思想を聞いて天道の思想の通りにしていたら、世界が壊れると確信し震えるちよ。
しかし今はただ助けを待つことしかできなかった。その時六道たちがちよのもとに来て遠くから名前を呼ぶ。
一方芳閃たちの場面、格闘技を使って武闘派になった芳閃。
彼は中国拳法の痕跡を残した手下たちの倒れている様子が見る。
その数は70人にも及んでいた。
ダテシマをみて昔と比べて随分見違えたなとほめる。
ボロボロの彼に対して、鈴蘭がいなくても戦えて、出る幕がないといってやる気が満々の様子。
一方鈴蘭はちよを探して走り回っていた。
たてしまと芳閃の因縁が絡まりあい、その間に鈴蘭がいる描写で今回は終わる。

201話の感想&考察(ネタバレ含む)

「六道の悪女た」201話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「六道の悪女たち」202話のネタバレ&感想・考察

2020年8月20日(木) 週刊少年チャンピオン38号 発売

六道の悪女たち 202話

近日更新!


「六道の悪女たち」203話のネタバレ&感想・考察

2020年8月27日(木) 週刊少年チャンピオン39号 発売

六道の悪女たち 203話

つづきはこちらから

203話のネタバレ

芳閃と五分で戦う鈴蘭。鈴蘭は、芳閃の上段回し蹴りを押さえて、連打するも防がれる。芳閃が大技飛び蹴りをするも、鈴蘭も足技で返す。芳閃は、自分とここまで張り合える鈴蘭に対して、嬉しそうである。芳閃は、鈴蘭の動きの種類が少ないことに気付く。「所詮カンフーは曲芸だ」と言い放つ。芳閃は、「鈴蘭は自分と同じ人種だ。鈴蘭が勝てないのは、弱くなったからだ。」と言う。学校に通い学生と戯れることで、闘いを忘れガキに成り下がったのだろう。鈴蘭は、弱くなったことを認めない。芳閃は、カウンターで重い一撃を入れる。止めを刺そうとする芳閃。勝負がついたと止めるタテシマ。芳閃は、鈴蘭の顔面に強烈な蹴りを入れた。鈴蘭はいつのまにか闘争心が薄れて弱くなっていたことを認めた。考えれば、六道と会ってから勝負に負けることが多かった。タテシマに勝ったのも六道だ。そこで、ふと思い出す。敗北必死の状態から、六道はどうやってタテシマに勝ったのか。そう、絶対に守りたい仲間がいるから、守らなきゃいけない仲間がいるからである。どんな相手でも立ち上がった六道を思い出し、鈴蘭も立ち上がる。動きの種類が増えた鈴蘭に警戒する芳閃。鈴蘭は、「良いことをするお前も悪いことをするお前も同じ一人の人間なのだ」という和尚の話を思い出す。

203話の感想&考察(ネタバレ含む)

「六道の悪女たち」203話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「六道の悪女たち」204話のネタバレ&感想・考察

2020年9月3日(木) 週刊少年チャンピオン40号 発売

六道の悪女たち 204話

つづきはこちらから

204話のネタバレ

鈴蘭が絶対守りたいもののために覚醒するのであった。

鈴蘭の構えは以前と変わっていて動きの種類にまだたくさんの幅を持たせているらしい。

芳閃に向かってまっすぐに突っ込んでいく鈴蘭。

ものすごい速さで手刀を繰り出している。

それはいろいろな動きを組み合わせてまるで鈴蘭が何人もいるのかのように思えるのであった。

お互いがパンチやキックを繰り出してそれを受け止め痛み分けの状態になっている。

芳閃が巨人のメルセデスのような大振りのモーションから拳を繰り出すと、その隙をついて鈴男は点穴を食らわせるのであった。

点穴を食らうと芳閃はそこから全く1歩も動けなくなってしまったのであった。

鈴蘭は奪われていた写真を返してもらうことにした。

そして終わらせることを決意したすずらんは芳閃に対して無数の拳を食らわせるのであった。

鈴蘭はここで勝負ありと自分で決めるのであった、武術を凶器とでしか見てないお前はそこから立ち上がる術を知らないのだと。

舞台は別として校庭の裏では、バイクに乗った竹松が追い詰められていたのであった。

あざみは竹松に白バイ警官を今すぐやめなさいと警告をしている。

竹松は切れてバイクごと突進してきたのであった。

完全にブチ切れる竹松であった。

204話の感想&考察(ネタバレ含む)

「六道の悪女たち」204話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「六道の悪女たち」205話のネタバレ&感想・考察

2020年9月10日(木) 週刊少年チャンピオン41号 発売

六道の悪女たち 205話

つづきはこちらから

205話のネタバレ

莇美のあおりに完全にブチ切れて、警察も組織もどうでもいいから死んでも倒してやるとキレる竹松、バイクは使い物にならなくなったということで、葵の後ろに乗せてもらう先に走る二人を竹松は追っかける。右に体重移動をして二人はかわそうと試みるものの竹松は捨て身の攻撃を起こしバイク事突っ込んでいく。そんな攻撃をして自分が先に死んでしまうと忠告が来るそして葵はそんな話は通用しないと話すのであった。やけを起こして自分たちをつぶすためにどうなってもいいというのである。事故ってもいいと思ってるやつは上達しないから、そこら辺を意識をして強くなっていけばいいという。そして結末はこれで終わり二人は安堵する、しかし突如変な音かなり倒したと思った竹松が頭に血を流しながら現れる。二人はバイクが使えないため非常に不利な状態に立たされることになった。しばらく時間がたつと莇美は葵をかばい横になって倒れていた。しっかりしてと葵に叫ぶ、葵は意識があるがまだ動ける状態ではに様子であった。葵は怪我がないと心配すると少し驚きつつ特に自分には何もないということを報告するのであった。この貸しはでかいからなといいしんどいから休もうとする。そんな様子をじっと莇美がのぞき込み葵にキスするのだった。

205話の感想&考察(ネタバレ含む)

「六道の悪女たち」205話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!

漫画「六道の悪女たち」を無料で読む方法

「六道の悪女たち」が掲載されている「週刊少年チャンピオン」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「六道の悪女たち」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「週刊少年チャンピオン」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「六道の悪女たち」単行本は440円〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「六道の悪女たち」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓