ランウェイで笑って「漫画コミック単行本16巻」のネタバレ&発売日と無料読み放題

漫画「ランウェイで笑って」16巻のネタバレ

コミック「ランウェイで笑って」16巻(2020年5月頃発売予定)

ランウェイで笑っての16巻には、130話(2020年3月11日 週刊少年マガジン15号 発売)〜138話(2020年4月22日  週刊少年マガジン21号 発売)が収録される見込み。

「ランウェイで笑って」130話のネタバレ&感想・考察

2020年2月26日(水) 週刊少年マガジン13号 発売

130話 最先端

近日更新!


「ランウェイで笑って」131話のネタバレ&感想・考察

2020年3月4日(水) 週刊少年マガジン14号 発売

131話 お仕事スイッチ

つづきはこちらから

131話のネタバレ

照実は観客に向けて「楽しみましょう。最新で最高の“今”のファッションを!!」と言い残して振り向く。そこに登場したのは千雪だった。そして照実はランウェイに登場した千雪とすれ違い、去って行く。

 観客たちはライトを手に固まってファーストルックに登場した千雪を見つめている。育人はその様子をモニターで見守りながら「佐久間さんが言ってた。TGCの歓声の大きさはモデルの人気なんだって。じゃあこの歓声はー?」と思う。そして「千雪さんの歓声…出番の度大きくなってたのに…っ」と立ち尽くす。その時、照実が育人に「画面に釘付けね…の割にはつまらなそうだけれど、暇なら雇われてちょうだい」と言う。育人は「はい」と返事をしながらも「このショーは失っ…なんでもない…そんなことない…」となんとか冷静さを取り保とうとする。照実は「あなたの作ったバッグをほとんど採用してるの。あなたがチェックしてくれた方が楽だわ」と言って育人をいざなう。育人は目の前で出番を待ちながら並んでいるモデルたちがみんな自分のバッグを様々な形で手にしていることを目の当たりにする。千雪は右手にバッグを軽くはさんで持ってウォーキングしている。

 育人は「どうしても成功させたいショー。大切なショー」と思い、うつむきながら「ふぅ」と息をはく。その時、照実が「“トラッド”は知ってる?」と聞く。育人は「え…えー」と答える。照実は「伝統的。元々わたくしのショーのコンセプトだったの。そこに変化を加えた。廃れることのない普遍的なアイテム、シャツとベスト。伝統的なクラシックな装いに。それを中と外に両方着せる新しいスタイリングで“新時代”。“若さ”を加える」と育人の隣で話す。そして照実は「“伝統的”で“新しい”神秘的な共存。そこから生まれるコンセプトは?」と聞くと、育人は「…パリの学生」と答える。千雪は今パリの街を歩くようにランウェイを進んでいく。照実は育人の答えを聞いて「…そう、あの子の得意分野よ」と言う。そして育人に「ありがとう、バッグを完成させてくれて。自由に着たいものを選べる時代になりつつある今、個人に“合わせて”変化するあなたのバッグは最新を演出するのに最適だったわ」と照実は感謝を伝える。ランウェイでは、千雪が育人のバッグの形を変形させ、今度は左手でボストンスタイルにして持ってポーズを決めて観客に見せる。するとようやく「千雪ちゃーん!!」と言う歓声が飛び始める。観客と一緒に見ていた美玖は「すごい千雪ちゃん。さっきまでのウォーキング見てたお客さん、ファッションウィークの観客みたいだった」と思う。

 育人の表情が変わった。照実はその表情を見て「いいわね…お仕事スイッチ入ってる」と言う。その時「このバッグ作ったデザイナー?」とモデルから声がかかる。育人が「は…い」と答えてそちらを見ると、セイラは顔を上げて育人を見て「セイラが好きなデザイン、使わせてもらうね、ありがとう」と言う。その言葉を聞いて育人は千雪が「小柄で世界に通用してる!わたしが目指すべき道はセイラさんにあると思うの」と言っていたことを思い出す。育人のバッグを持って立つ姿の後ろにはまさにパリの景色が見えている。

照実は「あの日、千雪が見せたパリの風景はあくまで彼女がその景色を創造しただけにすぎない。ここにいる全てのモデルが表現しろと言われれば表現できてしまうのよ」と思う。そして照実は「千雪、まだあなたは“特別”にはなっていない」と言う事実を客観的にとらえているのだった。

131話の感想&考察(ネタバレ含む)

20代女性
私の頭じゃまだ理解できてないけど、めためた育人のバックカッコいい!素敵!!!!なにあれ!!! そんなに変化するってなに??凄い!!!

「ランウェイで笑って」132話のネタバレ&感想・考察

2020年3月11日(水) 週刊少年マガジン15号 発売

132話 親しみと憧れ

近日更新!


「ランウェイで笑って」133話のネタバレ&感想・考察

2020年3月18日(水) 週刊少年マガジン16号 発売

133話 目標個数

つづきはこちらから

133話のネタバレ

 育人はペンを握り「やっぱり自分のブランドの名前は自分の名前がいいのかなー?」と考えてその案をノートに書きだしていた。その隣で花丘が「30!?30個が目標じゃ低すぎないかな!?なあ都村育人!!」と声をかける。しかし美依は「低くないよ!バッグ500個は全国規模の生産数だもん!!TGCの当日に30個発注くれば十分すごいんだよ~!」と言う。花丘が再び育人の名前を呼ぶが、育人は一人自分のブランドの名前をどうするかを考えている。花丘は立ち上がって育人を指差し「き、き、き、貴様が話せ!!デザイナーだろ!?」と言うが、育人は「数字はわかんなくて」と答える。「ごめんなさい」と謝る育人の返事に美依は「全体の目標の約15分の1が1日で売れるって言えば、すごさわかるでしょ?TGCの発注目標は30個!まずは30個目標に頑張ろう!」と二人に声をかけたのだった。その時育人がノートに書いていたのは「着た人が笑顔になる。」と言う言葉だった。だからこのTGCで2回目に千雪がランウェイを笑顔で歩いていた時「なんでランウェイじゃ笑っちゃいけないんですかね…?」と言ったことに結びついていたのであった。

 育人はモデルの持つバッグをチェックして「少しパーツがズレてるので直しますね」と声をかけている。そして「バッグに膨らみほしいな」と思い、モデルに「リュックって途中で何に変化しますか?」と聞く。するとボストンになるという返事だった。そこで育人は「ボストンですか!ならジャケット中に詰めちゃうんでバレないよう変形させてください!」と言って自分のジャケットを脱ぎ始める。育人の眼は大きく見開かれている。

 コレクションを見つめる美依は「千雪ちゃんと蓮ちゃんでスペコレの雰囲気に慣れてから歓声ばっかりだ。売れて…!」と思う。観客は「セイラー!」と名前を呼んでライトを振っている。美依はスマホを握りしめて「お願い…バッグも見て…!」と思う。その時、隣で「なんかみんな同じ柄のバッグ持ってるね、ブランド統一してるのかな?」と言う声が聞こえてくる。その言葉を聞きながら美依は「あれ同じバッグなんだよ!1個買えば全部使えるの!でも気付かないくらいが逆にすごいのかなー!」と思い、胸がきゅ~んとなる。

 育人は美依に「1枚の巾着袋をもとに折り紙みたいにしてみようかなって」と今回のバッグの案を説明していた。育人は「こう折り目をつけて立体を作るイメージ。土台は1枚の袋で。山折り谷折りの組み合わせで、形を調整できるようにする」と話していた。今、ランウェイでモデルがバッグを変形させている。それを見ながら美依は「口で言うのは簡単だけどそんなの普通できないよ…とむらくんにはみんなに見えてない何かが見えてる」と感じている。育人はバッグをデザインしながら美依に「変形が難しいとよくないですよね。三角の継ぎ目に元から折り目をつければ簡単だし綺麗に」や「バッグ、重たくない方がいいですよね?デコレーションパーツ軽くできないかな…」や「パーツが簡単に取れないようにしないと、出かけて知らないうちに失くしたんじゃ悲しいですもん」や「ネオジム磁石がおすすめなんですか?薄いのってあります?」などと相談していた。そして育人は笑顔で「佐久間さん見てください!!このパーツの3つの頂点に小さい3つの磁石つけて!ほら!」と言ってバッグにそのパーツをつけて見せたりしていた。育人は今、一生懸命モデルがランウェイに出る前にバッグのチェックを続けている。

 美依はうっとりとした目をして「みんな…もっと見てあげて」と思う。そして「とむらくん、すごいことしてるんだよ。デザインだけじゃなくて、みんなが使いやすいように考えてるんだよ。もっともっと」と思いながらモデルが腰につけたバッグを見つめている。

綾野麻衣に「“合同展示会でトップをとる”ようなことがあれば独立したとしても無名ではなくなるでしょうね」と言われたこと。柳田に「勝ってみろ」と言われたこと。千雪の父の藤戸研二に「千雪をパリへ連れてってくれないか?」と頭を下げられたこと。美依に「きっとウケると思う!!」と言われたこと。千雪に「じゃあ一緒にいこっか」と言われたこと。綾乃遠との確執。育人はバッグの三角のパーツを左手に乗せて見つめながら思い返していた。そして「笑顔の千雪さんが好き…か」と思っている。その時そばにいたモデルから「ねぇ、このバッグいつから買えるの?欲しいんだけど」と育人は声をかけられる。その言葉を聞いて育人の眼は真ん丸になり、頬が真っ赤になるのだった。

ランウェイの上のモデルがまたバッグを変形させて手に持ち観客に披露している。ようやく観客も「いいなぁ、あのバッグ…どの種類もすっごいかわいい」と言い始める。美依は自分のスマホに目をやる。そして「すごい…まだショー中なのに」と思い、顔を嬉しそうに上にあげる。スマホには「発注数30」と書かれており、美依は「目標…達成しちゃったじゃん」と思う。

ショーは続いている。時計は7時20分を指そうとしている。テルミはうつむいて汗をかき「シャル…いつ到着するの…」とショーのラストを飾るはずのシャルが到着しないことに不安を感じ始めるのだった。

133話の感想&考察(ネタバレ含む)

近日更新!


「ランウェイで笑って」134話のネタバレ&感想・考察

2020年3月25日(水) 週刊少年マガジン17号 発売

134話 溶け込む

近日更新!


「ランウェイで笑って」135話のネタバレ&感想・考察

2020年4月1日(水) 週刊少年マガジン18号 発売

ランウェイで笑って 135話

近日更新!


「ランウェイで笑って」136話のネタバレ&感想・考察

2020年4月8日(水) 週刊少年マガジン19号 発売

ランウェイで笑って 136話

近日更新!


「ランウェイで笑って」137話のネタバレ&感想・考察

2020年4月15日(水) 週刊少年マガジン20号 発売

ランウェイで笑って 137話

近日更新!


「ランウェイで笑って」138話のネタバレ&感想・考察

2020年4月22日(水) 週刊少年マガジン21号 発売

ランウェイで笑って 138話

近日更新!

漫画「ランウェイで笑って」を無料で読む方法

「ランウェイで笑って」は漫画雑誌「週刊少年マガジン」に掲載されている作品です。

「週刊少年マガジン」は電子書籍配信サービスであるU-NEXTで読めます。

U-NEXT

「週刊少年マガジン」最新号配信中↓

「U-NEXT」では31日間の無料体験実施中!「ランウェイで笑って」単行本も配信!

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「週刊少年マガジン」300円〜/「ランウェイで笑って」単行本453円〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「ランウェイで笑って」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓