漫画「ピーチガールNEXT」50話のネタバレと無料読み放題

漫画「ピーチガールNEXT」50話のネタバレ

2019年11月1日(金)BE・LOVE12月号 発売

50話のネタバレ

糸間島に着いたももはスマホの写真を見せながら「この人見たことありませんか?」と言って聞いて回っている。

すると「ああ知ってるよ。さにしゃんと一緒にいた人だ」と教えてくれる人がいた。

さにしゃんについて聞いてみると、「この島の看板犬で観光客を浜辺まで案内してやったりする賢い奴なのだ」と言う。

それを聞いてももは「さえは極度の犬嫌いだったはず」と言うが「あれっそうなの?じゃ人違いかな」と言われる。

浜辺では暗い顔でさえが一人で座っている。

そこに来た犬にさえは「また来たの?」と言うと、その犬は袋の中の食べ物を見つけて、さえからもらって満足な様子を見せる。

さえは頭を撫でてみようとするが、なぜか伸ばしかけた手を引っ込めてしまう。

ももは先ほど話した男性と一緒に浜辺に来ていた。

その男性は「何日もあそこでああやってるから気になってね。まぁ、さにしゃんがついてるし、あいつに任せておくのがいいかな」と思ったのだと言う。

ももは「あの人です」と答える。

するとその男性は「そっか、よかった。オレ、シュノーケルとかダイビングのツアーやってるんでよかったら彼女と来て。ここの海見たら元気出るよ」と言って紙を渡して去って行く。

その男性に「ありがとうございます」と言って別れたももは、ザクザクと音を立ててさえの所に近づいていき「やっと見つけた」と声をかける。

さえはももの姿を見て驚きながら「なにしに来たの」と言うので、ももは「何しにじゃないよ。急にいなくなってどういうつもり!?あれから海結ちゃん、ずっと喋らないままなんだよ」と言う。

それを聞いてますますずーんと落ち込むさえに、ももは「一体なにがあったの」と聞く。

少ししてさえは「じつは」と言って話し始める。

「海結はまだ赤ちゃんなのに、きれいでまっさらなのに、私が汚しちゃった、最低だ、とーじの大切な宝物を。

私が死ねばよかったんだ、私が」と言って再び膝を抱えてうつむいてしまう。

ももは「帰ろうさえ。海結ちゃんはさえに怒られたと思ったんだよ。今まで新しいこと覚えるたび、すごいねえらいねって褒められてきたのに急に大声出されてびっくりしたのよ。海結ちゃんにははじめてのことでショックで混乱しちゃったんだと思う。帰って海結ちゃんは悪くないって言ってあげて」と言う。

しかしさえは泣きながら「いやだもうこれ以上傷つけたくない」と言って首を振る。

そして「私が会いに行ったらますます怖がらせちゃう。私は毒なの、みんなを不幸にするの。私なんかいない方がよっぽど海結のためだよ。自然に言葉が戻るのを待った方がいい」と言う。

それを聞いてももは

「なに言ってるのよ。あんたはどうするの?ずっとここにいるつもり?そうやって自分のしたことから逃げるの!?海結ちゃんに悪いことしたと思ってるんでしょ?だったらそれちゃんと言ってあげないと。さえには海結ちゃんに関わった責任があるんだよ」

と言って説得しようとする。

さえは「無理だよ、怖い。もし会って海結に拒絶されたらもう私立ち直れない」と言って泣くのであった。

ももはさえの腕をつかんで「ちょっと来て」と言って連れて行こうとする。

さえは「やだももちゃん帰りたくない。怖い」と言うが、ももは「帰るんじゃないよ。気晴らし」と言って先ほどさえの所まで案内してくれた男性のいるお店に訪ねて行った。

そしてダイビングツアーのお願いをするのであった。

そしてももは「彼女はまだライセンス持ってないんで体験コースで」とお願いする。

その男性は「じゃあ沖合に浅くてすげーキレイな場所があるんでそこに行きましょう」と言う。

さえはダイビングなんてと辞めたそうにしているが、ももは「いーじゃんつきあってよ。せっかくこんなキレイな海が目の前にあるのに潜らないなんてもったいない」と言う。

そして申込書に記入とサインを頼まれて、ももは緊急連絡先の所をみて何か悩んだあと記入する。

さえは「ももちゃんお茶飲む」と言ってコップを持ってくるが、ももは「いいわあとで、そこ置いといて」と言う。

その反応に不満そうな顔をするさえの所に、さにしゃんが嬉しそうに走ってきてコップの中のものを飲んでしまう。

男性がさにしゃんを引き剥がそうとするが、さにしゃんはさえにぴったり寄り添って離れようとしない。

ももが「さにしゃんって地元の言葉ですか?かわいい響き」と言うと、「嬉しいとか楽しいって意味です」と教えてくれる。

さえはさにしゃんを一緒に連れていってはダメですかと聞く。

すると慣れっこだからと言ってさにしゃんも一緒に連れて行くことになった。

家ではとーじが海結におやつをあげようとしていた。

海結はソファーの上に上がってキョロキョロしている。

その様子を見て「どうした?なにか探してるのか?」と聞くと海結は空を見つめている。

そして「もしかしてここに登ったら柏木がいると思って?」と口に出して海結の後姿を黙って見つめてしまうのであった。

船に乗ってもさにしゃんはさえにべったり引っ付いている。

ももは「さえって犬嫌いじゃなかったの?」と聞くと、さえは「嫌いだよ。だってウチじゃ飼えないもん。好きになっちゃいけないの」と言う。

さにしゃんとさえの様子を見てももは「ここに来るまであんたが海結ちゃんのことでそこまで心を痛めてると思わなかった。でもあんたとさにしゃん見てたらわかるわ。あんた海結ちゃんのことホントに大切にしてたんだね」と言う。

そして「きっと海結ちゃんさえのこと大好きだったんだね。だからなおさらショック受けたんだわ」と言って少し考えて「海結ちゃんが喋らなくなったのは怒られたからじゃない、あんたがいなくなったからよ。さえが帰ってこないから喋らないのよ」と言う。

そして海結ちゃんは「自分がなにかいけないこと言ってそのせいでさえが出て行っちゃったってそう思ってるのよ。さえが帰ったら海結ちゃんの言葉も戻るよ」と言う。

さえは昔ソラと言うプードルを飼っていたことがあったのだと言う。

でもお母さんのアレルギーが酷くなるから人に譲ったことがあったのだと言ってまた泣き出す。

するとももは「ソラちゃんのことずっと後悔してたんだよね。だったら同じ後悔を繰り返しちゃダメ。海結ちゃんはさえのこと待ってるよ」と言うと初めてさえはさにしゃんの頭を撫でるのであった。

ももとさえはようやく海に入ることになった。

さえは海の中で「なんてキレイ。知らなかったこんな世界。生命があふれて輝いてる。ああすごいよ海結。海結にも見せてあげたい」と思い、ここに来てからとーじより思い出すのは海結の事ばかりで海結に会いたい、帰りたいと思うのだった。

そろそろ戻りましょうという段階になって、ももとインストラクターの男性は船が流されていることに気づく。

その男性は待っていてくださいと言って先に船に戻ろうとする。

ももはさえに自分から離れないように言うが風の吹き方で一雨くることを感じ取る。そしてさえは「ももちゃん、あの人帰ってこないよ。船もどんどん遠くにいっちゃう」と言って顔面蒼白になっている。

とーじの家には操さんが訪ねて来て、とーじに「東寺ケ森くん、安達さんと結婚するって本当?」と聞かれる。

カイリはその時店でお皿を落として割ってしまう。

大丈夫ですかと聞かれて、カイリは「ごめん手が滑った」と答えながら店の時計の時刻を見るのであった。

海に取り残されたももとさえは水量も増し、顔が強張ってきている。

さえは「どこ行ったの!?あの人。船も見えなくなっちゃった。どうしようももちゃん、これって遭難だよね?ねぇ、私たちどうなっちゃうの!?」と悲壮な叫び声をあげるのであった。

「ピーチガールNEXT」50話の感想(ネタバレ含む)

「ピーチガールNEXT」50話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

近日更新!

「ピーチガールNEXT」50話の考察(ネタバレ含む)

近日更新!

漫画「ピーチガールNEXT」50話を無料で読む方法

「ピーチガールNEXT」50話は漫画雑誌「BE・LOVE」に掲載されている作品です。

BE・LOVEは「U-NEXT」で、完全無料で読むことができます。

「ピーチガールNEXT」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「ピーチガールNEXT」単行本は462ポイント〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「ピーチガールNEXT」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓