終わりのセラフ「漫画コミック単行本20巻」のネタバレ&発売日と無料読み放題

終わりのセラフ

漫画「終わりのセラフ」20巻のネタバレ

コミック「終わりのセラフ」20巻(2020年2月4日発売)

終わりのセラフの20巻には、80話(2018年7月4日 ジャンプSQ8月号 発売)〜84話(2018年11月2日 ジャンプSQ12月号 発売)が収録された。

「終わりのセラフ」80話のネタバレ&感想・考察

2018年7月4日 ジャンプSQ8月号 発売

終わりのセラフ 80話

近日更新!


「終わりのセラフ」81話のネタバレ&感想・考察

2018年8月4日 ジャンプSQ9月号 発売

終わりのセラフ 81話

近日更新!


「終わりのセラフ」82話のネタバレ&感想・考察

2019年9月4日 ジャンプSQ10月号 発売

終わりのセラフ 82話

つづきはこちらから

82話のネタバレ

第八十二話 真昼の夜

リーグとの鎖と真祖の鎌との攻防はますます激化する。

それに巻き込まれそうになるもどうにかかわし「こんな大怪獣決戦に俺たち人間は何ができるのか、渋谷は敵がいないうちに一度撤退しよう」と言う話になる。

こんな時にグレンはどこにいるのかと気にするも、外には出てきていないようだと一度官舎に戻ってグレンに合流しようと深夜達の話はまとまる。

グレンは真昼から鬼になる準備はできているかと聞かれている。

できてないと言ったらと聞き返すと励ましてあげると言われる。

これを失敗したら楽になるな、というグレンに真昼はたたみかけるように言葉を投げる。

最後に怖いのかと聞かれ、五歳のときお前に初めて会ってから、大切なものを守れない自分の弱さを呪い、いつの日か誰かを守れるだけの力を手にしたいと願ったがいまだに自分は誰も守れないと話すグレン。

そして真昼は誰にも守ってもらえずに鬼になってしまったこと。

深夜たちは死人でありタイムリミットが来たらまた死んでしまうのに、あいつらを生き返らせるために自分は世界中の人間を生贄にしたと気持ちを吐露する。

すると真昼はそれはあなたのせいではないと言うが自分がやったと全てを自分のせいにしてしまうグレンに「私たちのせいよ」と彼を慰め、グレンにあなたは上手くやれると勇気づけようとする。

するとグレンの背中から無数の鎖が飛び出してくる。

真昼は自分が鬼を半分受け取るから絶対に暴走はさせないと声をかける。

するとそこに深夜達が飛び込んで来る。

その光景を見てグレンに近づこうとするが、そこにまで鎖が飛ばされて来る。

銃で鎖を断ち切ってグレンの姿が見えた時、一緒に目に映ったのは真昼の姿であった。深夜は白虎丸に力を貸してくれと言いながら、グレンから離れろと真昼に銃を向けるも鎖に阻まれてしまう。

そして真昼はグレンに目を閉じるように言う。

深夜の叫びも空しくグレンは目を閉じてしまう。そして目を閉じた世界には、胸に刃を突き刺され横たわる真昼の姿があった。

猛烈な叫び声をあげた後、真昼の体から何かが出てきてグレンにずいぶん長く閉じ込めてくれたなと話しかける。

雄一郎を追いかけてきたミカエラはようやくその場所に追いついた。が、その時後ろから何かが駆けてくるのを感じ取る。

リーグと戦っていた真祖も何かを感じ取り、あれも君の手配なのかと尋ねるが、リーグはどうでしょうとはぐらかす。

グレンの前に現われたのは、ノ夜であった。

ノ夜は刀をグレンに投げ、グレンはそれをしかと受け取る。

気に食わないものはぜんぶ壊して君は最強の鬼になるとノ夜はおぞましい姿で語りかけるのである。

82話の感想&考察(ネタバレ含む)

「終わりのセラフ」82話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「終わりのセラフ」83話のネタバレ&感想・考察

2019年10月4日 ジャンプSQ11月号 発売

終わりのセラフ 83話

つづきはこちらから

83話のネタバレ

第八十三話 鬼ニヒキ

ノ夜の呪いが解き放たれて、グレンは鬼の姿に変わってしまった。

深夜たちはみんなでグレンを拘束しようとする、「動くな潰れろ」と言われて体が勝手に動いて押し付けられる。

「お前も潰れろ、深夜」と冷ややかに言われて潰されそうになるが、白虎丸を呼び出して僕にもっとあいつを救うための力をくれと願うが、白虎丸はこれ以上はダメだと言う。

でも助けるんだと言う深夜に白虎丸はあれはもう普通の鬼じゃないと言う。

しかし深夜は関係ないという。

それを聞いて白虎丸は関係あるよと言って、深夜の過去の話をする。

決して熱くならないことに欲望を持っているが深夜だと言う。

誰かの命を奪う時も君は何も感じない、そして自分の命がなくなる時も何も感じないのだと言う。

柊真昼の交配相手として買われて、ずっと子供同士で殺し合いの訓練をさせられた時も君は一度も熱くならずに生き残ったのだと言う。

あげく真昼が手に入らなくてもきみは何も感じない。深夜は感じる必要ないだろ、世界はそうできていると言う。

白虎丸は今回も同じだグレンはもう助からない、だから逃げろと言う。

しかし深夜は僕はグレンを助けると言う。

なぜそんなにグレンに執着するのかと言われて、君は僕の鬼なんだから知ってるくせにと言う。すると白虎丸は自分にないものを持ってるからだろ、と言う。

グレンは君以上に世界に絶望していて、柊家に馬鹿にされるために生まれた家系で何をしようが何も手に入らない運命を生きていた、なのにあいつはなにもあきらめないんだと言う。

何度負けても絶対になにもかもがうまくいかないと分かり切っていても馬鹿みたいにずっと諦めないんだ。

白虎丸には馬鹿は嫌いなはずだろ?

一瞬でも馬鹿になったら君は生き残れなかったと言われる。

ああ大嫌いだ、だからグレンのことも嫌いと答える。

白虎丸はなら捨てなよとアドバイスするが、そうしようと言いながらも結局君はグレンを救うと言われる。

もしくは恋だと言われるが、深夜はただの憧れだよと答える。

そして僕じゃなく真冬がグレンを選んだ理由がわかると言う。

グレンは馬鹿みたいに傷つきながら何も諦めないんだと言う。

助けたくなるだろ?と白虎丸に言うが、白虎丸は助けたら君は死ぬと言い、君にそれだけの力はないと言われてしまう。

そしてまさかここで死ぬ気かい?と聞かれる。

白虎丸は僕は君の鬼だから死なれたら困ると言う。

深夜は一つだけ心残りがあると言う。

何かと白虎丸が聞くと、グレンが生きるのをあきらめてないなら僕だけあきらめるのはむかつくってことだよと答える。

そして白虎丸に僕の欲望を喰らえと言って、僕は鬼になってもいいから限界まで力をよこせと言う。

とうとう白虎丸は深夜に欲望の名前を聞く。

すると「絶対にグレンをあきらめない」という欲望を述べたのである。

ついに深夜も鬼になりグレンに「おまえひとりで勝手にいかせないぞ」と言う。

力の差は歴然で、深夜は投げ飛ばされる。

しかし深夜は真昼みたいに遠くには行かせないと言って、「一緒にいるんだ一緒に戦うんだ」とグレンに言葉を投げかけ続ける。

しかしグレンはお前に俺は止められないと言うが、深夜は「お前は僕たちといたいはずだ。だってお前は真昼じゃないんだ」と言う。

「お前はグレンだ」と言う深夜にグレンは俺はもうグレンじゃないと言って、深夜の胸を突き刺す。深夜はグレンじゃないならお前はなんだと尋ねる。

するとグレンは鬼だと答える。

そしていつだって俺は「お前らを救うために力に溺れる」と言い残して去っていく。

グレンは真昼とノ夜のところに戻って来た。

真昼には喋りすぎないでと言われ、ノ夜には全部しゃべっちゃえよとけしかけられる。

深夜が真昼と名前を呼ぶが、真昼は何も答えない。

グレンは少し力を借りるぞと言って背中から鎖を出してみんなに突き刺し、出でよ「真昼の夜」と言って剣を上に構える。

剣に力を纏ったようだ。

深夜がお前は一人でいったいどこへ行くと聞くと、グレンは「世界を救いに」と言って背を向けるのであった。

83話の感想&考察(ネタバレ含む)

「終わりのセラフ」83話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「終わりのセラフ」84話のネタバレ&感想・考察

2018年11月2日 ジャンプSQ12月号 発売

終わりのセラフ 84話

近日更新!

漫画「終わりのセラフ」を無料で読む方法

「終わりのセラフ」は漫画雑誌「ジャンプSQ」に掲載されている作品です。

「終わりのセラフ」は電子書籍配信サービスであるU-NEXTで読めます。

U-NEXT

「ジャンプSQ」最新号配信中↓

「U-NEXT」では31日間の無料体験実施中!

無料期間でお得に読む手順(簡易版)

  1. 上記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「ジャンプSQ」509円〜)
  3. 無料期間内に解約すると、月額基本料金が無料!

U-NEXTに関して詳しくは↓(今クールアニメも見放題で多数)
U-NEXTの詳細記事