ONE PIECE(ワンピース)「漫画コミック単行本96巻」のネタバレ&発売日と無料読み放題

one piece picture

漫画「ONE PIECE(ワンピース)」96巻のネタバレ

コミック「ONE PIECE(ワンピース)」96巻(2020年4月3日発売)

ONE PIECE(ワンピース)の96巻には、965話(2019年12月16日 週刊少年ジャンプ3号 発売)〜975話(2019年3月16日 週刊少年ジャンプ16号 発売)が収録された。

「ONE PIECE(ワンピース)」965話のネタバレ&感想・考察

2019年12月16日(月)週刊少年ジャンプ3号 発売

ONE PIECE(ワンピース) 965話

近日更新!


「ONE PIECE(ワンピース)」966話のネタバレ&感想・考察

2019年12月23日(月)週刊少年ジャンプ4・5号 発売

ONE PIECE(ワンピース) 966話

つづきはこちらから

966話のネタバレ

島に着くと真っ先に船を下りて行ったおでんはロジャーの仲間に斬りかかった。

レイリー、ギャバンがおでんを止めるために出ていこうとするも、ロジャーは自分が戦うためにそれを阻止。

走って来たロジャーを見てニヤリと笑うおでんだったが、ロジャーに一撃で斬り飛ばされてしまう。

立ち上がるおでんだったが、その頃すでに白ひげが船から降りてきていた。

ロジャーVS白ひげ。

お互い刀を振るも、刀同士はぶつからない。

覇気が大きすぎて覇気同士がぶつかっているのである。

そのままロジャー海賊団と白ひげ海賊団の戦いが始まり、3日3晩続いた。

しかし4日目、戦いは終わり両海賊団は飲み明かしていた。

3人だけで飲んでいるロジャー、白ひげ、おでんはログポースの話をしている。

おでんがログポースの文字を読めると分かると、ロジャーはおでんを連れて行きたいと言い出した。

嫌がる白ひげだったが、おでんは新しい世界を見るための旅に出たいと言った。

そしておでんはロジャーの船に乗ることを決めたのである。

おでん、トキ、モモの助、日和がロジャーの船に移動し、イゾウたちは白ひげの船に残った。

そうして始まった新しいおでんの冒険ではまず空島に向かった。

そこで見つけたログポースは古代兵器ポセイドンのことについて記されており、最後の島のことは書いてなかったので、ロジャーがオリジナルのメッセージをつけ足したのだった。

966話の感想(ネタバレ含む)

「ONE PIECE(ワンピース)」966話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

30代男性
今回の話で始めてロジャーの戦闘シーンと必殺技の神避が見られ、感激しています。武装色と覇王色を白ひげとの戦闘時に双方が剣と薙刀が直接触れることなく動きを止めたシーンがあり、見ていて楽しかったです。また、おでん達が空島に行った事実も見られて疑問が解けました。

「ONE PIECE(ワンピース)」966話を読んだ感想(ネタバレ含む)2

20代男性
今回ではいよいよ海賊王ゴール・D・ロジャーと白ひげの対決が描かれておりまさに伝説級の一騎打ちが読めて良かったです。そしていかにしておでんがロジャー海賊団に
入団したか判明してまた1つ謎が解けたような気がします。両者の対決ではお互いの刃が当たっていないのに覇王色の衝突が起きたのでこういった覇気のぶつかり合いがあ
るんだなと勉強になりましたが、おでんの過去偏も面白いですがもうそろそろ現代へ物語を進めて欲しいと思いました。特にマリージョアでの世界会議にて何が起こったか
気になりました。

「ONE PIECE(ワンピース)」966話を読んだ感想(ネタバレ含む)3

30代男性
おでんとロジャーとの出会いの話でしたが、これまで特に語られなかったロジャーの戦闘力ですが、余命1年で白ひげと互角とはかなりの実力です。そしてロジャー自ら白ひげに頼み込むことでおでんはロジャーの船に乗るのですが、ここで彼らが空島に行った話が出てきます。連載としてはずいぶん前の話なので懐かしくも嬉しかったです。

「ONE PIECE(ワンピース)」966話を読んだ感想(ネタバレ含む)4

20代男性
空島にあったポーネグリフはロジャーがおでんに彫らせたモノだということがわかったり、おでんがロジャーの船に行くことになった経緯が判明して面白かったです。ラフテルの手前の島の名前が出たり、考察が捗るような内容で読み応えがありました。

「ONE PIECE(ワンピース)」966話を読んだ感想(ネタバレ含む)5

30代女性
おでんの活躍やロジャー海賊団と打ち解ける様子が清々しく、ダイジェストで見せられるのが本当にもったいないくらいです。これまでの物語の伏線や謎が一挙に明らかになっていく爽快感も、おでんの人物像と重なって読んでいてとても気持ちがいいです。

966話の考察(ネタバレ含む)

20代男性
今回の話はおでんが白ひげからロジャーの元で冒険を始め、空島にあったポーネグリフにロジャーのメッセージを刻み、冒険の最終章を見せてほしいと思ったところで終わりました。
次回はロードポーネグリフを探し回る旅になるのではないかと思われます。
ロジャー自身も言っていましたが最後の島に辿り着くにはロードポーネグリフが必要となって来るのです。
既に1つ写しがあるみたいなので、残りの3つを探す話になって来ると思います。
恐らくワノ国、ビッグ・マムがいるホールケーキアイランド、イヌアラシとネコマムシの故郷のゾウにあるのではないでしょうか。
それらの地でロジャーやおでん達は色んなものを見て、仲良くなり、時には戦ったりするのではないかと思われます。

「ONE PIECE(ワンピース)」967話のネタバレ&感想・考察

2020年1月4日(土)週刊少年ジャンプ6・7号 発売

ONE PIECE(ワンピース) 967話

つづきはこちらから

967話のネタバレ

空島から下の海に戻ったロジャー海賊団が次に向かったのはウォーターセブンでした。

その頃、船内ではワノ国にロードポーネグリフがあることを今になって知り驚くロジャーがいました。

ウォーターセブンに到着してトムと再会するロジャー。

そして、トムとロジャーの話の話題は海列車が完成したのかという事でした。

一方、子供時代のフランキーを勧誘するおでんですが、断られてしまいます。

その後シャボンディー諸島を経由して向かうのは魚人島。

魚人島ではポーネグリフに書かれたポセイドンが人魚であり、10年後に生まれるであろとシャーリーが予言します。

新世界についたロジャー海賊団。

しかし、ワノ国近海でトキが倒れてしまいました。

そして、ワノ国到着してイヌアラシとネコマムシは船を下ります。

再会した錦えもんたちはおでんも帰ってきてほしいというような雰囲気でしたが、おでんは再び船に戻ります。

次に向かったのはゾウでした。

ひつギスカン公爵にはイヌアラシとネコマムシの手紙を受け取り生きていたことに涙します。

ゾウに上陸したロジャーとおでんは見えない何かを感じていました。

そして、最後のロードポーネグリフを発見して喚起するロジャー。

ペドロも船に乗りたいとロジャーに頼みますが断られてしまいます。

そして、ロジャーはとある港町で最後の島の場所が見つかったのですぐに向かおうとします。

しかし、バギーが高熱で断念。

さらに、シャンクスも看病のため船を下りてしまします。

最後の島に着いたとき、世界のすべてを知ったというおでん。

彼はそのことをまとめていました。

そして、到着して宝を目の前にしたロジャーは笑っていたそうです。

最後に、ロジャーはその島にラフテルと名をつけるのでした。

967話の感想(ネタバレ含む)

「ONE PIECE(ワンピース)」967話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

30代男性
赤い歴史の本文が魚人島にあったのはびっくりしましたね。あれを持ち出せるような力は誰が持っているの?って思っちゃいますし、ネプチューン王がロビンに存在を言ってないのはとても気になります。信頼できる誰かに託されたかなとも思いますね。あとはシャンクスとバギーはラフテル行きに離脱したんだという事実には納得しました。

「ONE PIECE(ワンピース)」967話を読んだ感想(ネタバレ含む)2

20代男性
今週のワンピースは、ロジャーがラフテルにたどり着くまでの過去がようやく分かり始めました。今までに、関わってきたネプチューン、ロックスさんなど様々なキャラが出てきて、本当に面白いと思いました。ラフテルと名付けた理由はあまりよくわかりませんでしたがラフテルとは笑い話というのだけはわかりました。

「ONE PIECE(ワンピース)」967話を読んだ感想(ネタバレ含む)3

20代男性
もう、終わりが近づいてきている中で今回は過去編最高潮。ついにあの男ロジャーの過去が描かれて、最後の島ラフテルに到着しました。こんなに急展開があると本当にもう終わりなのかと思わされます。次回に期待です。

「ONE PIECE(ワンピース)」967話を読んだ感想(ネタバレ含む)4

30代男性
扉絵の嵐とのコラボが良かったです。
また、急展開で進む物語に興奮がおさまりません。
回想中ですが遂に、最後の島ラフテルに到着し財宝がなんだったのかとても気になるところです。だいたい想像はつきますけども・・・。
本編は、いつ再会するのかとても待ち遠しいものです。

「ONE PIECE(ワンピース)」967話を読んだ感想(ネタバレ含む)5

30代男性
おでんの過去、海賊王ゴールドロジャーの物語が描かれておりいろいろな伏線が繋がっていき、ここ数週間いつもより楽しみになっています。でもゴールドロジャーの話が出てくるということは、ワンピースの物語も終盤に入ってきてるのかなと思いました。
キャラクターの幼い頃が出てきたりして面白いです。

967話の考察(ネタバレ含む)

20代男性
ジョイボーイにまつわる考察
800年前の人物で、巨大舟ノアを作った。ノアの役割は、人魚族を地上の楽園に運ぶため。おそらくラフテルと思われる。しかし連合軍に敗れ、その約束は果たせないまま終わった。彼は死ぬ前にワンピースと空白の100年、謝罪文を残している。残した理由は、未来のD【モンキー・D・ルフィ】に託すため。
時系列まとめ
・ジョイボーイは自由な思想を持っていた
・ノアを作る
・ノアを使うにはポセイドンが必要
・ポセイドンの力で海王類を呼び寄せる
・ノアをラフテルに運ぶ【海王類はラフテルの場所を知っている】
・プルトンを作る【レッドラインを壊すため。世界を1つにしようとした。人繋ぎの世界】
・巨大王国は連合軍に敗北
・ジョイボーイは魚人島で、謝罪文を残す
・空白の100年を残す【自由から権力に変わった。自由こそが本当の世界】
・ワンピースを残す

「ONE PIECE(ワンピース)」968話のネタバレ&感想・考察

2020年1月20日(月)週刊少年ジャンプ8号 発売

ONE PIECE(ワンピース) 968話

つづきはこちらから

968話のネタバレ

ラフテルから帰還したロジャーにシャンクスがいろいろ質問をし、それが終わった後に何故か泣いたのである。

ラフテルに行った事でロジャーは海賊王となり、彼が見つけて手に入れたものはワンピースと称される事となり、海軍や多くの海賊に狙われるようになったのである。

やがてロジャーは解散を宣言し、真っ先に船に降りると他のクルー達は泣きながら見送ったのである。

次にワノ国へとやってきたおでんは上陸しようとして失敗した船の残骸を見て、改めて開国することを決意すると船を降りたのである。

トキやモモの助、日和、錦えもん達が出迎えに来て、九里の者達もトキのおかげでおでんの事を悪く言わずに出迎えたのだ。

城に戻ったおでんは錦えもん達からスキヤキが亡くなった事、代理としてオロチが就任して悪政の限りを尽くしている事、彼の後ろ盾にはカイドウがいるので誰も逆らえずにいる事を知ったのである。

しまいにはモモの助の命を狙われ、彼を守るためにトキが負傷してしまった事を知って怒り狂ったおでんはすぐさま城を飛び出し、オロチの元へと向かったのだ。

立ち塞がった者は一人残さず蹴散らし、宴会中のオロチにおでんは刃を向けたのである。

オロチは自分がやられればカイドウが黙ってないと言うが、おでんは斬ってから考えると答えたのだ。

968話の感想(ネタバレ含む)

「ONE PIECE(ワンピース)」968話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

20代女性
今週のワンピースは怒涛の展開の速さで目まぐるしかったです。
ロジャー海賊団のラフテルから帰還、その後解散。
解散後ロジャーが船を降りおでんが降りワノ国内の変化からの、おでんが怒りに任せオロチのところまで殴り込みに行った所まで一気に進んで盛り沢山だったなと思いました。
個人的にシャンクスの涙の理由が一番気になりました。
来週も展開が楽しみです。おでんはいつ死ぬのか…

「ONE PIECE(ワンピース)」968話を読んだ感想(ネタバレ含む)2

30代男性
おでんがとうとうワノクニに帰ってきたが、ワノクニの変わりようと、すきやき亡き後好き放題やって皆を苦しめていたオロチが憎く感じました。いてもたってもいられなくなりオロチのところに乗り込むおでんもかっこよく見えました。この後に何があったかきになります。

「ONE PIECE(ワンピース)」968話を読んだ感想(ネタバレ含む)3

20代女性
毎回展開がだらけることなく面白いです。特に和の国に入ってからはかなりテンポが良く、展開もいい意味で予想を裏切ってくれるのであっという間に読み進んでしまいます。個人的にはビックマムが大好きなので応援していますがルフィーは今後どうなっていくのか期待が高まります。また、和の国ということもあり、日本の風景が細かく描かれていてとても力をいれているように感じるのでそのあたりも楽しみのひとつです。次回がまちきれません。

「ONE PIECE(ワンピース)」968話を読んだ感想(ネタバレ含む)4

30代男性
ロジャーは下船した後どうやって白ひげのいるサクラの島まで行ったのかが気になりますし、おでんがワノ国に帰ってきた時にトキがおでんの身を心配して自身が狙われた事を伏せるように傷を隠したのがばれて、激高したおでんがオロチを斬る為に乗り込んだ最後のシーンはかっこいいなーと思いました。

968話の考察(ネタバレ含む)

20代男性
今回は、冒頭のシャンクスの涙のシーンがとても印象的でした。ラフテルから帰ったロジャーに対しシャンクスはいくつかの質問をしたようで、それに対して泣いていたのだと思います。考えられる理由としましては、自分が政府側の人間であることを知っていたシャンクスが過去に政府が行った悪行を知ってしまったからなどではないでしょうか。ロジャーが死ぬということに関しては元から余命が少ないことを知っていたためわざわざこのタイミングで泣くのは違和感を感じます。そしてワンピースの正体ですが、リオポーネグリフを解読して完成する空白の100年の歴史や、それによって得られる世界がワンピースだと予想されていましたが、ここは単純にロジャーが残した宝がワンピースと考えられます。

「ONE PIECE(ワンピース)」969話のネタバレ&感想・考察

2020年1月27日(月)週刊少年ジャンプ9号 発売

ONE PIECE(ワンピース) 969話

つづきはこちらから

969話のネタバレ

光月おでんがオロチにカタナをむけて斬りかかった!

オロチは命乞いをしている!

そのとき、老人がじゃりんと琵琶を鳴らした。

光月おでんとオロチの間にバリアのようなものが貼られた。

それにより、光月おでんのカタナはオロチには届かず、まわりの掛け軸や壁だけが吹き飛んだ。

これは‥

悪魔の実の能力だ!

琵琶法師黒炭せみ丸のバリバリの術である。

さらに黒炭ひぐらしは光月おでんの父親に化けてみせた。

黒炭ひぐらしのマネマネの実の能力だ。

そう、光月おでんの父がオロチを将軍に推薦したのは、こういったカラクリがあったのだ。

それを知らずに光月おでんが革命を起こして、オロチに変わって将軍になってくれると信じている民衆たちは、外で歓喜の声をあげている。

その数時間後‥光月おでんは将軍オロチ前で裸で踊って金をもらっていたという‥。

革命は起きなかった。民衆は大いに失望したのだった。

それから一年がたった。

光月おでんは新聞で、ゴールド・ロジャーの処刑とワンピースの報道を知って涙した。

それからさらに4年あまりがたった。

オロチはカイドウに反旗を翻したらしい。

これを機に、光月おでんはカイドウを討つケツイをするのであった。

ワノ国の一世一代の大騒動がはじまる‥。

969話の感想(ネタバレ含む)

「ONE PIECE(ワンピース)」969話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

30代男性
ルフィにとって大切な友達や子分が食べた悪魔の実がワノ国の光月家にとっては憎らしい能力となっておでんを苦しめますね。約五年ぐらい黒炭オロチに我慢してきたが、立ち上がりワノ国を取り戻そうと決意する所で終わりますが、哀愁が漂いますね。傳ジローはこの後どうなっているかが気になりました。

「ONE PIECE(ワンピース)」969話を読んだ感想(ネタバレ含む)2

30代男性
おでん様がみんなの前で裸踊りを踊っていたのがとてもビックリしました。おでん様から離れて行く人が多くなったのが驚きました。それをカイドウの部下とオロチが笑っていたのが最低だと思います。おでん様がカイドウを倒すことを決めたのがよかったと思います。

「ONE PIECE(ワンピース)」969話を読んだ感想(ネタバレ含む)3

30代男性
ワノクニの過去に何があったのか、おでんとオロチの因縁がわかりそうで楽しみです。まさかオロチの仲間にバリバリの実の能力者がいたとは、ビックリでした。オロチの非常さへのおでんの怒りが伝わってきました。赤鞘たちの活躍も気になります。

「ONE PIECE(ワンピース)」969話を読んだ感想(ネタバレ含む)4

40代男性
いよいよ、やっと、おでんがカイドウを討つ覚悟を決めたとても感動的な内容でした!
しかもバリバリの実の能力者、バルトロメオの前の持ち主まで出てきて、ビックリでした!
とにもかくにも、来週のワンピースが楽しみで仕方ないです!

「ONE PIECE(ワンピース)」969話を読んだ感想(ネタバレ含む)5

40代女性
読んでいて苦しい回でした。きっとオロチに脅されてやらされていたであろう裸踊りのシーンは悔しくて仕方ないですし、折角決意して反乱を決行しても、その結末がわかっているだけに…。おでんが航海していた頃の話は読んでいてとても楽しかったですが、今は早くルフィがオロチを倒すところを見たいと思うばかりです。

969話の考察(ネタバレ含む)

30代男性
まず、ヒョウ五郎が捕まったとありますが、ルフィと会うまでずっと捕まっていたという事になると判断できます。
続いて、おでん裸踊りについてですが、醜態をさらして家臣や町の人たちに印象を悪くするのと同時にそれによって守っていたのかもしれません。
そして、今回の最後の流れを踏まえると次回はおでんVSカイドウになると思います。
おでんが持っている閻魔でカイドウに傷をつけたという話がありましたので、次回どうやって傷をつけたのかというのが判明すると思います。
さらに、公開処刑という文字もありましたので公開処刑まで描かれると思います。
970話の最後ですが、現代に場面が戻り、ワノ国の過去編が始まる前の錦えもんたちが描かれて終わると思います。

「ONE PIECE(ワンピース)」970話のネタバレ&感想・考察

2020年2月3日(月)週刊少年ジャンプ10号 発売

ONE PIECE(ワンピース) 970話

つづきはこちらから

970話のネタバレ

おでんと赤鞘九人男たちはオロチの首を狙いに出向くが、オロチたちの待ち伏せにあってしまう。

城にスパイでも居るのかもしれないなとオロチが告げる。

かつておでんがバカ殿様になることで結んだ契約は全てウソであり、あの時点でおでんたちとヒョウ五郎が手を組めばまだ部下の少なかったカイドウには苦しい戦いになると踏んで提案したでまかせでだった。

白ひげやロジャーも同じように強いが甘い海賊だったと馬鹿にするカイドウ。

誰も傷つかないためにあの日選んだ選択は間違いではなかったとおでんは告げ、戦いの火蓋が切って落とされるのだった。

多勢に無勢ではあるが、おでんたち侍は強く、カイドウの部下たちを圧倒する。

さらにオロチについた忍者軍から離反したしのぶも加勢に入る。

おでんたち11人に対し、千人もの海賊たちだったが、戦いは長期戦となる。

おでんの必殺技「おでん二刀流『桃源十拳』」がカイドウの胸に十字の傷を付ける。

トドメを刺そうとカイドウに詰め寄ったその時、息子であるモモの助が人質に取られ、気を取られてしまい、カイドウの反撃にあってしまう。

そのモモの助はマネマネの実で化けた黒炭ひぐらしであった。

おでんがやられたことで隙が生じ、侍たちも次々やられていってしまう。

戦場となった兎丼の森は5日後の雨の日まで燃え続けたのだった。

おでんと9人の部下たちは投獄され、将軍への謀反人として処罰の決定を待っていた。

事情を知らない民衆の中には心配する声はあまりなかった。

元々部下ではなかったしのぶだけはおでんの機転で自由の身となっていた。

そして3日後、おでん含め10人が大衆の面前で釜茹での刑に処されることが決定するのだった。

970話の感想(ネタバレ含む)

「ONE PIECE(ワンピース)」970話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

30代男性
裸踊りを強いられたことに従ったおでんが、「あの日の判断はアレでよかった」と、後悔を微塵も見せず未来のことだけ考えている姿勢がとてもかっこいいです。それだけに結局子を想う気持ちを利用されてしまったことが悔しくてなりません。

「ONE PIECE(ワンピース)」970話を読んだ感想(ネタバレ含む)2

30代女性
光月家VS百獣海賊団の戦いが一話で描かれるのは少し寂しいな。くの一・しのぶを仲間ではないと言い放ったおでんの心境が分かりますね。この後黒炭家のオロチ以外の能力者がどんな最期を迎えるのかが気になりました。

「ONE PIECE(ワンピース)」970話を読んだ感想(ネタバレ含む)3

20代男性
まさかおでんがカイドウを倒すぐらいの実力を持っていることに驚きました。海賊王のロジャーの船に乗っていたこともあって強いのは百も承知でしたが、カイドウに致命傷を与えるほどだとは思いませんでした。結果的におでんは敗れてしまい、おでんの最期がどう描かれているのかが早く見てみたいです。

「ONE PIECE(ワンピース)」970話を読んだ感想(ネタバレ含む)4

20代男性
カイドウがおでんに勝つための準備期間としての5年のためにオロチが策を弄してたことが判明して本当に賢しい奴だということを再認識させられた。カイドウの腹の十字傷はおでんの技でついたもので、優勢だったのがマネマネの能力者の小細工で負けてしまったのが不憫でならない。

970話の考察(ネタバレ含む)

30代男性
“現代のオロチにもこちらの行動が筒抜けになっていますが、過去編でも情報が漏れてしまっているかのような描写が出てきました。裏切り者が居るかのような描かれ方がされており、そうなると現代で未だに合流していない赤鞘九人男の一人である傅ジローが断然怪しくなってきます。もしくは忍として過去編でもちょくちょく姿を見せたしのぶが怪しいでしょうか。しかしこれだけ過去編や現代で魅力的に描かれた人たちを裏切り者だとは考えたくないのも事実です。
そこで一つ考えられるのが能力者によるものだという考え方です。マネマネやバリバリという能力が大きく関わって戦況を変えられているので、ここでもまた別の能力により情報を把握されているのではないでしょうか。裏切り者が居てほしくないという考えからの思いつきですが、あまりに要所要所で相手方にばれてしまっているので可能性はあるように思えます。”

「ONE PIECE(ワンピース)」971話のネタバレ&感想・考察

2019年2月10日(月)週刊少年ジャンプ12号 発売

ONE PIECE(ワンピース) 971話

近日更新!


「ONE PIECE(ワンピース)」972話のネタバレ&感想・考察

2019年2月22日(土)週刊少年ジャンプ13号 発売

ONE PIECE(ワンピース) 972話

近日更新!


「ONE PIECE(ワンピース)」973話のネタバレ&感想・考察

2019年3月9日(月)週刊少年ジャンプ15号 発売

ONE PIECE(ワンピース) 973話

近日更新!


「ONE PIECE(ワンピース)」974話のネタバレ&感想・考察

2019年3月16日(月)週刊少年ジャンプ16号 発売

ONE PIECE(ワンピース) 974話

近日更新!

漫画「ONE PIECE(ワンピース)」を無料で読む方法

「ONE PIECE(ワンピース)」が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

ですが「ONE PIECE(ワンピース)」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

「ONE PIECE(ワンピース)」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「ONE PIECE(ワンピース)」単行本は410円〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「ONE PIECE(ワンピース)」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓