灼熱のニライカナイ「漫画コミック単行本1巻」のネタバレ&発売日と無料読み放題

漫画「灼熱のニライカナイ」1巻のネタバレ

コミック「灼熱のニライカナイ」1巻(2020年11月4日発売予定)

灼熱のニライカナイの1巻には、1話(2020年6月29日 週刊少年ジャンプ30号 発売)〜7話(2020年8月24日 週刊少年ジャンプ38号 発売)が収録される見込み。

「灼熱のニライカナイ」1話のネタバレ&感想・考察

2020年6月27日(土)週刊少年ジャンプ30号 発売

灼熱のニライカナイ 1話  イルカとサメ

つづきはこちらから

1話のネタバレ

今時珍しい熱血不良刑事「鮫島灼熱(さめじま ぼいる)」。
彼はハードボイルドを愛する強面・武闘派の刑事として都会で大暴れし……その結果、コンプライアンス違反で小笠原の島へと左遷されてしまった。
「クビにならなかっただけマシか……」と自分を慰めながら船に乗って訪れたのは、「姉ヶ島」というのどかな島。
そこで「七瀬宇海」という若くて巨乳の女性巡査に出迎えられて、鮫島は彼女のミニパトに乗せてもらいながら姉ヶ島署へと向かった。
その道中で「この島には『イルカに育てられた少女』がいるんです」という眉唾物の話を聞かされる鮫島。
少し前に「海の教団」なるカルト宗教が起こした集団失踪事件が起きており、そこで神託の巫女として祭り上げられた幼い少女がいたのは鮫島も知っていた。
その少女がほんの3日前に姉ヶ島の海岸に流れ着いたというのだ。
そんないまいち信用ならない話の後で到着した姉ヶ島署には……その少女「チャコ」と、彼女を連れて海から現れたというイルカ刑事「オルフェウス警部補」の姿が!
オルフェウスは首から下は警察制服に身を包んだ偉丈夫であるものの、顔はイルカそのものという謎の存在。
しかし姉ヶ島署の誰もそれにツッコまず自然に受け入れており、チャコは彼を「パパ上」と言って慕っている。
何が何だか分からないまま、そのイルカ刑事とコンビを組まされてしまう鮫島。
そんな彼の所に初めて入ってきた事件は、本土からやって来た観光客のヤンキーが起こした自動車接触事故だった。
ヤンキーは後部ライトカバーが破損しているのを指さしながらしつこく被害者アピールをしてくるが、宇海から免許証の提示を促されても何だかんだと拒否し続ける。
舐められる宇海に代わって強面の鮫島が話を聞くも、やはり免許を見せてこない。
実はこのヤンキー、無免許運転だった。
彼の車に同乗している輩達もスマホを鮫島に向けながら「生配信中っすよ」と鮫島を煽り、警察側の不祥事を誘って事をうやむやにしようとする。
が、ここでイルカ顔のオルフェウスが介入するとヤンキー達も驚愕。
オルフェウスは接触事故を起こした相手の車のドライブレコーダーを確認し、ヤンキー達の車が信号無視をして突っ込んできた末の逆ギレだと判断していた。
そう言われたヤンキー達は今度はさっさと車を出して逃走を図るのだが、そんな彼らの車にオルフェウスと鮫島は容赦なく拳銃を構える。
コンプライアンスが厳しい今の時代、ほとんどの警察官は現場で銃を一度も撃たないまま退職を迎える。
しかし二人はその例外的存在で、両者同時に躊躇なく発砲!
そしてヤンキー達の車のタイヤをパンクさせ、路肩に激突させてしまった。
それに驚く宇海だったが、車の進行方向にあった横断歩道に親子がうずくまっていたのに気付いて冷汗を流す。
ヤンキー達は後方のオルフェウス達をあざ笑いながら逃走を始めたので、前方で横断歩道を渡っていた親子の事など全く気付きもせず、そのまま突っ込もうとしていたのだ。
鮫島達がタイヤをパンクさせて無理やり進路変更した事で、親子は無事に助かった。
ヤンキー達は車も体もボロボロだったものの全員なんとか生きており、「絶対に訴えてやる!」と鮫島達にまた食って掛かる。
だがオルフェウスは「この島はほぼ圏外で生配信とか無理だから」と彼らの脅しに屈しない。
着任早々に発砲してしまう部下に頭を抱えてしまう署長。
だが二人の活躍を見ていたチャコは「わるいやつをいっぱいつかまえる、せかいいちのおまわりさんだ!」と言って目を輝かせるのであった。

1話の感想&考察(ネタバレ含む)

「灼熱のニライカナイ」1話の感想&考察(ネタバレ含む)1

30代男性
今回の1話のクオリティかなり高くて、密漁船突入までのコメディのノリはちゃんと面白いし、シリアスな展開で見える世界観の鱗片や謎、そこからカタルシスに繋がるラストとかなり楽しかった!でも「亀田くんが乱獲」って台詞が変で、そこが読んでる間ずっと気になって駄目だった!

「灼熱のニライカナイ」2話のネタバレ&感想・考察

2020年7月6日(月)週刊少年ジャンプ31号 発売

灼熱のニライカナイ 2話 小さな名探偵

つづきはこちらから

2話のネタバレ

姉ヶ島と呼ばれる小笠原諸島の一つに飛ばされてしまった刑事・鮫島灼熱(さめじま・ぼいる)。
着任から一日が経つも、彼の引っ越し荷物を載せた船は台風による欠航が決まってしまい、しばらく荷物が届かない事に。
同僚の宇海たちによると、姉ヶ島ではそうした事態も珍しいものではないらしい。
それにも驚く鮫島だったが、何よりも彼を困惑させていたのはチャコとオルフェウスの変人親子の存在であった。
チャコはごっこ遊びなのか警棒で思い切り鮫島の脳天に一撃をお見舞いしてくる謎の幼女。
そしてオルフェウスは正体不明のイルカ刑事。
そのオルフェウス曰く「チャコは姉ヶ島署の保護対象」らしいのだが、彼女をいったい何から保護しているのかまでは教えてもらえなかった。
そんな彼らのところに強盗事件の通報が入る。
鮫島は「事件多くない?」と思いながらもオルフェウス達とともに現場へ急行。
被害に遭った山崎という男の家は……ゴミ袋が散乱するゴミ屋敷だった。
「東京にもあったなあ」とぼやく鮫島に、オルフェウスは「東京風を吹かせるな」と絡んでくる。
鮫島にそんなつもりはなかったのだが、それでもオルフェウスは真剣な顔で「新宿の事件に比べればゴミみたいに思うかもしれんが、ここは海洋犯罪の最前線だ」と忠告。
すると捜査にくっついてきたチャコが「犯人は爆弾魔かも」と発言。
そんなわけがあるかと呆れる鮫島だったが、その時「カチッ!」と何かのスイッチが入る音が。
それに続けてチッチッチッ……という音まで聞こえてきて、鮫島は驚きながらも周囲に「伏せろ! 爆弾だ!」と大声で警告!
次の瞬間、本当に爆発が起きてゴミ屋敷は吹き飛んでしまった!
周囲に犯人がいる筈だと思い視線を巡らせる鮫島は、そこに謎の「タコ」が隠れていたのに気づく。
タコは「ざまぁみろ! 爆発最高!」とあからさまに喜びながら去っていった。
とりあえず犯人候補は見つかったものの、「何あれ? 人じゃないよね?」と困惑する鮫島。
だがイルカ刑事のオルフェウスは動じることなく犯人の追跡を始めた。
署長たちも爆弾テロには驚くものの、犯人がタコである事には驚いていない様子で……?
それでも鮫島がオルフェウスと共にタコを追いかけると、タコが人型に変身している場面に遭遇。
「次から次へと何なんだ……」と固まってしまう鮫島を置いてオルフェウスがタコに飛び掛かるも、千切れたタコの足を踏んづけて滑った上に爆発!
そんな光景にも呆れながら、鮫島は人型になったタコに関節技を仕掛けて制圧していく。
が、鮫島もまたタコのぬめりで滑って拘束を解いてしまった。
更にタコは人型を維持しつつも、その口から長大な蛸足を何本も伸ばすという異様な技を繰り出してきて……?

2話の感想&考察(ネタバレ含む)

「灼熱のニライカナイ」2話の感想&考察(ネタバレ含む)1

30代男性
2話にして本筋がよく分からない 宗教、少女、イルカ警官、海洋犯罪どれなのか 絵は上手いのにテンポが遅いかな

「灼熱のニライカナイ」2話の感想&考察(ネタバレ含む)2

20代男性
1話のワクワクと比較すると、少し下がった印象を受けた2話だなぁ、というのを最初に感じたなぁ。チャコちゃんも今のところ何があるのかも不明だし、目指すところがはっきりしないの辛いなぁ

「灼熱のニライカナイ」2話の感想&考察(ネタバレ含む)3

30代男性
うーーん、正直そっち行っちゃったか〜っていう印象。 人外の敵(?)カオス要素強いなぁ… ベルゼもマリーも良く言えばカオス、悪く言えば訳わからん時があったから、軌道に乗るまではシンプルなストーリーが読みたかった感。 1話で完結しないのもうーん… でもキャラは魅力的。

「灼熱のニライカナイ」3話のネタバレ&感想・考察

2020年7月13日(月)週刊少年ジャンプ32号 発売

灼熱のニライカナイ 3話

つづきはこちらから

3話のネタバレ

口から巨大な蛸足を伸ばす謎の存在と退治する鮫島!
チャコや海を守るため果敢に飛び蹴りをかます彼だったが、タコ人間(?)は倒れるどころかますます狂暴化するだけだった。
それに「進化の暴走だ!」と焦るオルフェウス。
しかし鮫島はそれでもやはり一歩も下がらず、「ここからはおまわりさんの仕事だ」と言って警棒を引き抜いた。
そして襲い来る蛸足を警棒で見事に捌いていく。
圧倒的な戦闘力で、何本もあった蛸足を細切れにしてみせる鮫島!
そしてそれを見届けてから「足の切れ端も爆弾になるぞ!」と忠告をしてくるオルフェウス!
その遅すぎる忠告に鮫島は「千切りまくった後だアホ!」とブチギレるが、オルフェウスは爆弾タコ人間の所まで一瞬で詰め寄ってくると、敵を地面に叩きつける勢いを利用して、千切れた蛸足を全て上空に飛ばしてみせた。
蛸足はそのまま上空で全て爆発したため、人的被害は無し。
その後、取調室に連れて行かれた爆弾タコ人間は「あのゴミ屋敷の爺さんのせいで俺の家がめちゃくちゃ臭くて……」とその犯行動機を説明。
そしてオルフェウスに見送られながら海へと帰っていった。
一件落着(?)後、ハードボイルドな雰囲気を出しながら「これが海洋犯罪の最前線だ」と言ってくるオルフェウスに、「海洋犯罪じゃなくてビックリ怪事件だろ!」とツッコミを入れる鮫島。
結局この島の事はよく分からないままだったが、鮫島は後にオルフェウスと二人で海のギャングを震えさせる存在になっていくようだった……。

3話の感想&考察(ネタバレ含む)

「灼熱のニライカナイ」3話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「灼熱のニライカナイ」4話のネタバレ&感想・考察

2020年7月20日(月)週刊少年ジャンプ33・34号 発売

灼熱のニライカナイ 4話

つづきはこちらから

4話のネタバレ

鮫島たちの報告書を読んだ署長は、書き直しと冷静に述べた。
自分でも小学生の作文を書いている気分だったと、署長の判断を打倒だと思う鮫島。
しかし、すべて事実であるため署長に異を唱える。
署長は報告書の一部を音読しながらツッコミを入れていく。
反論している鮫島だったが、自他ともに認める小学生の作文のような文章を音読されることに羞恥で悲鳴を上げ始めた。
一息ついた署長は鮫島を連れ出す。
説明が遅れたことを詫び、チャコに進化を促す神託という予言の力があると鮫島に告げる。
鮫島は浜辺を歩きながら海の教団の話を思い起こしていた。
すると、ヒトデを見つめるチャコに遭遇する。
彼女がヒトデが人でなしと言うと、ヒトデはみるみる大きくなり、頭部がヒトデで身体が人間という姿に変わる。
そして、砂場にカッターの刃入れてやると叫び、海に帰って行った。
その様子に鮫島は愕然とする。オルフェウスは抱き枕に文字を入れていた。
そこに鮫島が殴り込む。
鮫島は彼が神託の事を話していなかったことに激怒する。
オルフェウスは表に出ろと喧嘩を売り、それを買う鮫島。
警察署の前で相対した二人が構えをとる。
鮫島は勝負に勝ったら神託のルールを教えろと提案。
オルフェウスは同意したと同時に殴り掛かった。
しかし、鮫島が躊躇なく発砲したことにより彼の突撃は阻止される。
そして、銃のグリップで頭部を殴られノックアウト。
オルフェウスの横で川の字になって昼寝をしようとするチャコと鮫島。
チャコは鮫島に昼寝のコツを教えようとするも途中で寝てしまう。
寝言でママを呼ぶチャコ。
起きたオルフェウスは彼女の母親の行方について語った。
二人は浜辺に出ると、チャコの神託のルールは分かっていないこと、彼女が海の犯罪者達に狙われていることを告げた。

4話の感想&考察(ネタバレ含む)

「灼熱のニライカナイ」4話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「灼熱のニライカナイ」5話のネタバレ&感想・考察

2020年8月3日(月)週刊少年ジャンプ35号 発売

灼熱のニライカナイ 5話

つづきはこちらから

5話のネタバレ

海中パトロールを頼まれた鮫島は「それって警察じゃなくて海上保安庁の仕事だろう……」と文句を言いながらも船着き場へ。
すると先日の爆弾タコ人間が顔を出し、「友達の亀田君が密漁船にさらわれた」と相談してきた。
実際に密漁船の出没する場所へと言ってみると、そこには確かに亀の密猟を行う者たちの姿が。
ひとまず署へ連絡を入れたオルフェウスは、逃げる密漁船を追うために制服を脱ぎ始める。
その下から出てきたのは……人型ではなく綺麗な普通のシロイルカ!
「さあ、俺を投げろ!」と言ってくるオルフェウスに「動けねえなら海に入ってから変身しろよ!」と突っ込みを入れる鮫島。
どうしたものかと途方に暮れる鮫島だったが、そこでチャコが謎の怪力を発揮してシロイルカ状態の鮫島を抱え上げた!
そのイルカに鮫島をまたがらせると、チャコは二人分の重さをものともせずに海へとダイブし、海面を蹴りながらすさまじいスピードで密漁船を追いかける!
そしてオルフェウスごと密漁船の中へと投げ入れられた鮫島は、そこでマスクをした謎の男と戦闘に。
鮫島の戦闘力にそこそこ食らいつくその男は、鮫島に対して「お前のその強さは本当に人間か? こちら側じゃないか?」と質問。
鮫島はそれを無視して男に今度こそ蹴りをお見舞いすると、「俺は人に感謝されるのと、くそ野郎をぶちのめすのが大好きだ」と言って男をボコボコに。
こうして密漁者は無事に捕まえられ、亀達も回収されたが、爆弾タコ人間が言っていた亀田君は見つからなかった。
よく話を聞いてみると亀田君は名前に反して「カッパ」であり、そのカッパは今まさにチャコの横に座ってキュウリをかじっていたのであった。

5話の感想&考察(ネタバレ含む)

「灼熱のニライカナイ」5話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「灼熱のニライカナイ」6話のネタバレ&感想・考察

2020年8月11日(火)週刊少年ジャンプ36・37号 発売

灼熱のニライカナイ 6話

つづきはこちらから

6話のネタバレ

鮫島は宇海の家にお邪魔していたが、多くの他所の人々がいたので鮫島は大家族なのかと聞いたのである。
宇海は自分の家の父親が村長だから気づいたら誰か家にいる事が多いから、気がついたら集合所になっていたのだと言ったのだ。
そんな中、宇海の父親が崖を登る猫を助けた際、崖に落ちてしまったとの報告を受けて鮫島達は現場へと向かうと、父親は片手で崖を掴んでいて、猫を抱きかかえていたのである。
しかも既に限界が近く、遺言を言い残そうとするくらいだったのだ。
ロープを下ろしたのだが、両手が塞がっているので父親は動けなかったのである。
そこで高校生の山本と岡村が立候補したのだが、その代わりに宇海の胸を触らせてほしいと言い出したのである。
最初は拒んでいた宇海だったが、問答が長引きそうだったので服の上からならと言う条件で山本達は引き受けて動いたのだが、勢いが付き過ぎて父親と同じ状態になってしまったのだ。
続けて住人2人も動き出したのだが、山本達と同じ状態になってしまったのだ。
そうしたら鮫島はロープ無しで崖を下り、近くにあったロープを使って近くの岩場に縛って走ると全員掴まれと言い、山本達は掴んだが走った鮫島はオルフェが引き上げていた船に激突してしまったのだ。
しかし、何だかんだで皆助かり、山本と岡村も宇海の破れていた服から胸を見れたので、鮫島と親しくなったのである。

6話の感想&考察(ネタバレ含む)

「灼熱のニライカナイ」6話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!


「灼熱のニライカナイ」7話のネタバレ&感想・考察

2020年8月24日(月)週刊少年ジャンプ38号 発売

灼熱のニライカナイ 7話

つづきはこちらから

7話のネタバレ

こらこら亀を虐めるなと浜辺の子供らを注意する田中。
しかし、助けたのは人面魚!?
どうやら田中に恩返しがしたいようだが、扱いに困った田中は鮫島に相談するも頭かおかしいのかと、話せば話すほどに疑惑の目を向けられることに。
そこにオルフェが姿を現わすと、鮫島は宇海、オルフェらと田中家に行く。
そこに正座していたのは人間の姿に変えた人面魚。
彼女は竜宮の使いで、助けてもらった田中を海底に引きずり込みたいと言うものの、殺意はないと主張。
しかし、海底に潜るには、我慢と気合と根性が必要で、昭和の部活みたいな話で会話が噛み合わない。
田中の希望もあり、ともかく海に潜ることになった鮫島たち。
水着に着替えると宇海のスタイルを見て軽い嫉妬を覚える人面魚。
しかし、鮫島はカナヅチだった。
人面魚は前にあった人間はエラ呼吸をしていたと、オルフェのことを思い出す。
オルフェは海中での呼吸方法はあると言う前に、竜宮に行くには覚悟が必要だと田中に質問をする。
顔を赤らめながら「セイラ」と名乗る人面魚に惚れてしまったか、田中は海中にWi-Fiはあるのかと確認して竜宮宮に向かう覚悟を決めたようだ。
オルフェは、かつての竜宮には錬水術という水の性質を変える技術が存在していたと、チャコがシャボン玉で遊ぶストローを拝借し、海底散歩への準備が整うのだった。

7話の感想&考察(ネタバレ含む)

「灼熱のニライカナイ」7話の感想&考察(ネタバレ含む)1

近日更新!

漫画「灼熱のニライカナイ」を無料で読む方法

「灼熱のニライカナイ」は漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」に掲載されている作品です。

ですが、連載が開始したばかりで単行本も発売されていないため、今のところ読み放題のサービスを含め週刊少年ジャンプを完全無料で読む方法はありません。

ですので、ここでは「灼熱のニライカナイ」が掲載されている週刊少年ジャンプの他作品の単行本を完全無料で読む方法をご紹介します。

U-NEXT

週刊少年ジャンプで掲載されている多くの作品のコミック単行本が電子版として配信中!

「U-NEXT」では31日間の無料体験実施中!完全無料で最新刊を読めます。

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(ジャンプの単行本は410円〜が多い!)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「灼熱のニライカナイ」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓