漫画「贄姫と獣の王」 71話のネタバレと無料読み放題

漫画「贄姫と獣の王」71話のネタバレ

2019年9月5日発売 花とゆめ19号 掲載

71話のネタバレ

聖獣ベンヌとともに魔族の国を旅立ったサリフィは人間の国の中心である一番の国マスクヴィアナを目指している。

そこの王様にこの親書を届けることになっている。

町が見えてきていざ故郷についてみるとサリフィが最初に感じたことは人間がいっぱいというものであった。

その人間の世界を本当は自分が生きていくはずだった場所として眺めるが複雑な表情を浮かべている。

巡礼者かいと商人に声をかけられ困っていると、そこに割って入る男性が現れた。

そしてその男性は巡礼に行くと良いと思われる場所を一方的に教えてくれるのだが、サリフィは王城に行きたいのだと話し、国王陛下に謁見を賜りたいのだと伝えた。

するとその男性は一般の謁見は受け付けてはいないが私でよければ用向きだけでも聞こうと言う。

するとサリフィは「魔族の国の使いでオズマルゴ王より人間の国代表のマスクヴィアナ王への親書を持ってきました」と親書を手渡す。

サリフィは牢屋に入れられてしまった。

ベンヌは鍵ぐらいすぐに開けてやると言うのだが逃げたりしたら怪しまれるからそれはだめだと反論する。

さっきの人が親書をちゃんと王様に報告してくれるといいなと思うサリフィであった。

魔族の国ではアミト姫を始め、みんながサリフィの身の安全を心配していた。

夜になって、サリフィがおーさまが本当に心配で死んじゃうかもなどと考えていると「サリフィ・クライノエル」と牢屋の外から先ほどの男性に名前を呼ばれた。

記録を確認してその名前の少女が生贄として魔族の国に献上されたことが確認できたから君が魔族の国から来たという話は信用しようと言われ、牢屋から出された。

その男性はマスクヴィアナ王国対魔騎士団団長代理オセロットと名乗った。

そして君には新たな名前と家が与えられ人間の世界で普通に暮らしていけるようにすると話した。

サリフィは改めて親書を国王に届けて欲しいという希望を伝えるが、それについて、人間は魔族の文化を研究することを一切禁じられているから魔族文字の文書を正しく読み解ける識者がこの国にはいないと突っぱねられる。

何度も私が説明したはずだと訴えるサリフィだが、オセロットは魔族の王が人間と対等な話し合いを望んでいるという事をたとえ聖人の発言だとしても普通は信じられないのだと説明した。

それに対してサリフィは絶対に信じてもらってその返事をもらわないと自分は魔族の国に帰れないと伝える。

するとオセロットはどうして人間の世界を捨てて魔族の国に帰ると言うのかと聞く。

サリフィは「私を待っていてくれる大好きなひとがいるから帰りたいのだ」と話しオセロットは「魔族を愛したのか」とその事実に驚く。

そして君の言葉を信じてみてもいいと言うが、無条件にと言うわけにはいかないからこれから君には言うとおりに動いてもらうと命じられる。

オセロットは魔族文字を読める人がいるかもしれないと言い、その女性に会い王城まで連れて来て欲しいと頼む。

シダイ村の魔女の事ではないかと聞き、ようやくそこに辿り着く。

それらしき家について声をかけるが誰も返事はしない。

留守かなと思っていると背後からいきなり鎌で斬りつけられそうになる。

するとベンヌが大きくなりサリフィを護ろうとして炎で燃やそうとする。

身に着けていた上着が焼け落ちてその女性がの姿が目の前にはっきりと見えた。

その姿を見てサリフィは何かを思い出す。

「贄姫と獣の王」71話の感想

「贄姫と獣の王」71話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

20代女性
魔族の国の親書を持ってサリフィがいよいよ人間の国(故郷)に戻ってからが描かれていきます。生贄として人間の国を出ることになって以来初めて、人間の国に足を踏み入れた時の気持ちはただ「人間がいっぱい」と言う事だけでしたが、気持ちの奥底でどれだけの感情が渦巻いていたのかと思われます。
人間の国で出会ったオセロットは対魔騎士団団長代理と言う肩書きを持っていました。サリフィが確かに生贄として魔族の国に差し出されたことを確認するという正しい行為も行っていますが、団長に会わせるわけでもなければもちろん王様にも会わせないという事だけでも、何かサリフィを隠したい理由があるのかと勘ぐってしまいます。そして魔族文字を読める者を探しに行って連れて来るように命令するのは何か魂胆があるのではと思ってしまいます。その人が連れて来られてしまったら、人間の国の決まりとしてはその人は捕らえられてしまうのではないでしょうか。何かサリフィを利用することで魔族文字の読める人間に対して別のやりたいことがあるのではと推察されます。
その魔族文字が読めるとされる人をサリフィは知っているようでした。サリフィの過去とどのような関係があるのかとても気になります。

漫画「贄姫と獣の王」71話を無料で読む方法

「贄姫と獣の王」71話は漫画雑誌「花とゆめ」に掲載されている作品です。

花とゆめは「U-NEXT」で、完全無料で読むことができます。

「贄姫と獣の王」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「贄姫と獣の王」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓