漫画「七つの大罪」337話のネタバレと無料読み放題

漫画「七つの大罪」337話のネタバレ

2020年1月8日(水) 週刊少年マガジン6号 発売

337話のネタバレ

第337話/ マーリン

「湖の姫」または「混沌の巫女」と呼ばれる者が湖の中から「マーリンがなぜ混沌を求めたのか」についてマーリンの代わりに話し始める。

姿を見せるように言うメリオダスに、この湖からは離れならない身だと説明する。

アーサーはどこかで「湖の姫」と聞いたと思い、「初代カルフェン王に聖剣をもたらした」と言う事を思い出す。しかしメリオダスは自分が三千年以上生きてきて一度も「混沌」という存在を耳にしたことはなく、もちろんマーリンからも聞いたことがないと言う。すると湖の姫は「彼女は三千年の間、あなたにはもちろん他の誰にも隠し通してきたのですから」と言う。

大罪メンバーはその言葉に驚きを見せる。

湖の姫は「一つ昔話をしましょう」と言ってマーリンの過去について話を始める。

かつてブリタニアには魔神族にも女神族にも与せず栄華を誇った、優れた人間の賢者たちの住むベリアルインという都が存在したのだと言う。

そこでは魔神族や女神族に対抗する兵器として魔術の才能を持つ人間の子供たちを被検体として実験を行っていたのだと言う。

そしてその中でも極めて強く特異な魔力を持って生まれた子供が「マーリン」だった。

彼女は天才児ではあったが中身は親への愛情に飢えた幼子にすぎなかった。

彼女は実の親である賢者の長が与えた書物の山と実験の日々に嫌気が差して脱出したこともあった。

しかし追いつめられ再び監獄同然の日々に逆戻りした。

そして覚悟した彼女を救ったのは一人の少年だった。その少年が「魔神族メリオダス」だったのだ。

大罪メンバーはマーリンを救ったのが団長であったことに驚き、アーサーがマーリンに「大変な過去があったのだね」と聞くとマーリンは「遠すぎる過去だ」と目をそらして答えるのだった。

幼いマーリンの心はメリオダスが優しく差し出してくれた手に、誰からも決して与えられなかった愛情に、満たされていったのだった。

そしてマーリンはメリオダスと会う度にその感情は高まり、徐々に特別なものへと変化したのだ。

その言葉にキング達は驚きを隠せない。エリザベスもその「感情」に気づく。

しかしメリオダスはいつまでたっても幼いマーリンを女としては見てくれず、彼女は悩み、考え、決心した。

それは「少女の姿を捨て大人の女へと生まれ変わり、その肉体を留めるべく己に流れる刻を止める」ことだった。

メリオダスの心を自分へ向けさせるためにしたことだった。

しかしその想いは報われることなく「女神族エリザベス」に一瞬で奪われた。

驚き、悲しみ、怒り、嫉妬と言った目まぐるしい感情が幼いマーリンを襲った。

しかし幼いマーリンに優しく口づけしてくれるエリザベスに接し、マーリンはどうしても二人を嫌いになることはできなかったのだ。

その後、マーリンは自らベリアルインに戻り心に空いた大きな穴を埋めるようにこの世界の知識を貪り喰らったのである。

それでも心の飢えが満たされることはなく、賢者たちの噂話から「混沌」と言う「遥かなる古、星々の間に誕生した力の意志」の存在を知ったのだった。

「混沌」はこの世界を造り出し、最高神と魔人王、神樹を産み落とす。

そして4番目に巨人を造り、そこから人間を造り出したのだ。

混沌に最も近い不完全ながらも完璧な種族を造り出したことに、最高神と魔神王は嫉妬し危惧を覚え、二人は結託して「混沌」を封印するに至ったのだ。

その話を聞いてマーリンは三千年もの間ひたすら混沌を復活させることを目的として生きてきたのだと言う。

マーリンは「無限とも言える未知を生み出す混沌を復活させることができれば、きっと心の飢えを満たしてくれると信じた」のだった。

その話を聞いて大罪メンバーはうろたえ、感情をあらわにする。

ディアンヌが「ふざけるな」と言って「キミはボクらの何を知っているっていうのさ」と言う。

すると湖の姫は知っていることと言えば、と言ってマーリンがこれまでにしてきたことを説明する。

ディアンヌはデタラメばっかりと怒り、キングがマーリンに言い返すように声をかける。

マーリンはついに重い口を開く。

そして「混沌を復活させるには最高神と魔人王を封印するだけでは意味がなく、どちらかでも完全に倒し均衡を崩す必要があった」と話し始める。

そしてもう一つの条件としてアーサーを覚醒させるために「爆発的な魔力」が必要だったのだと言う。

メリオダスは前に出てマーリンに「お前は本気でエリザベスを殺そうとしたのか?」と聞く。

その言葉にマーリンはメリオダスの目的はエリザベスにかけられた呪いの解除だけでそれが解けてしまうと魔神王を討つことから手を引くかもしれず、それでは困ったのだと話す。

それを聞いてメリオダスは「それで呪いを再発動させたのか」と聞く。

するとマーリンは自分の正当性を訴えるかのように「だが姉々を救ったのも私だ」と言い返す。

ついにメリオダスは「〈七つの大罪〉を集めさせたのもすべてはこの目的のためだったのか?」と聞く。

しかしマーリンは何も答えない。

すると湖の姫は「不思議なことではないわ…殺したいほど憎んでも愛することができる…それが人間ですもの…。所詮…彼女と他種族とでは真に理解し合うことはできないのでしょうね…」と話す。

うなだれた表情の大罪メンバーとは違い、マーリンはまっすぐにすっきりとした眼差しを皆に向けるのだった。

「七つの大罪」337話の感想(ネタバレ含む)

「七つの大罪」337話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

近日更新!

「七つの大罪」337話の考察(ネタバレ含む)

近日更新!

漫画「七つの大罪」337話を無料で読む方法

「七つの大罪」337話は漫画雑誌「週刊少年マガジン」に掲載されている作品です。

週刊少年マガジンは「U-NEXT」で、完全無料で読むことができます。

「七つの大罪」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「七つの大罪」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓