漫画「七つの大罪」334話のネタバレと無料読み放題

漫画「七つの大罪」334話のネタバレ

2019年11月27日(水)週刊少年マガジン52号 発売

334話のネタバレ

第334話/ 一つの時代の終わり

ブリタニアに太陽の陽が射し、天変地異がおさまったと皆が喜んでいる。

ジェリコはあの人たちがやってくれたという。

そこにギーラとドレファス様が来て王国に戻ろうとジェリコに声をかける。

バルトラコック国王のもとに、「〈七つの大罪〉が魔人王を討ち帰還されました。エリザベス様もご無事です」との報告が入り、国王は涙を浮かべる。

そしてみんなに〈七つの大罪〉を出迎えるように指示を出す。

しかし、その場からギルサンダーは一人離れていこうとする。

ハウザーとグリアモールはギルを追いかけていく。

振り向いたギルは涙を流していた。

グリアモールはエスカノール殿のことは本当に残念だったと話す。

ギルはメリオダスたちの胸中を思うと顔を合わせたところでとてもかける言葉が見つからないと言う。

するとグリアモールが今夜は三人だけで呑み明かさないかと提案し、三人で呑みに行くことになった。

三人はまさか伝説の〈七つの大罪〉に欠員ができたことに驚いているが、ギルは「エスカノール殿は死を覚悟していた、仲間のために命を賭けると笑顔で言い放ったんだ。

それは決して誰にでもできることじゃない」と話す。

ハウザーはいつか俺もあんな聖騎士になりたいもんだと言うが、それに対してギルはおこがましいと言った後、たしかにそうだと笑って「あの人は言ってた俺たち若者にはキラキラ輝く未来があるって」とエスカノールが話していたことを思い出す。

そして三人は呑みに行こうと言い出したグリアモールの家に向かう。

そこで三人は〈七つの大罪〉と〈傲慢の罪〉に乾杯をする。

そしてハウザーが一つの神が消えて一体これからどんな時代が来るのやらと話すと、ギルは平和な時代に決まってるじゃないかと笑って答える。

そこに「あら残念。光と闇の均衡が崩れ訪れるのは混沌の時代らしいわよ」と言って後ろからビビアンが異様な表情を浮かべながら登場する。

リュドシエルに殺されたはずのビビアンが再び目の前に現れたことに驚くギル達だが、ビビアンは「不死鳥の如く蘇ったのよ!愛の力でね♡」と言ってギュルルと回って見せるのだった。

三人が説明になってないと言うと、ビビアンは倒れて薄れゆく意識の中、必死に呼びかけ続けてくれた人がいたのだと言う。

するとギルはドレファス様かと気づき、その後ヘンドリクセンに回復魔法をかけさせ続けていただけだと言う。

そこにグリアモールがぬっとでてきて、その後家で看病していたのは父さんなんだと説明する。

そしてビビアンは「オマケにあの女神族の聖なる魔力のおかげでかけられていた痣の呪いまで解けちゃったのラッキー♡」と言うのだった。

続けてビビアンは「だからギルのことはもういいの!私は真実の愛に目醒めたから。やっぱり女は愛するよりも愛されるべきよね」と言うのだった。

ギルはビビアンを見つめて考えこんでいる。

そしてビビアンに「さっきキミが話した言葉の意味はー混沌の時代とは一体?」と尋ねる。

するとビビアンは私もよくわからないけどあいつが口癖のように言っていたと言いながら『「光と闇の均衡が崩れる時」「神々の時代は終焉を迎え混沌が蘇る」「そして世界は生まれ変わる」』と言う言葉を教えてくれる。

意味が分からないと言うギルにビビアンは本人に直接聞いてみなさいと言う。

その本人とは「〈暴食の罪〉マーリン」なのだと教えてくれるのだった。

「七つの大罪」334話の感想(ネタバレ含む)

「七つの大罪」334話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

近日更新!

「七つの大罪」334話の考察(ネタバレ含む)

近日更新!

漫画「七つの大罪」334話を無料で読む方法

「七つの大罪」334話は漫画雑誌「週刊少年マガジン」に掲載されている作品です。

週刊少年マガジンは「U-NEXT」で、完全無料で読むことができます。

「七つの大罪」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「七つの大罪」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓