漫画「七つの大罪」327話のネタバレと無料読み放題

漫画「七つの大罪」327話のネタバレ

2019年9月25日(水)週刊少年マガジン43号 発売

327話のネタバレ

正午を迎え「天上天下唯我独尊(ザ・ワン)」エスカノールがついに動く。

その姿を見て魔人王は一分間限定とはいえ、メリオダスとゼルドリスの二人を倒した力かと言い、その力がどれほどのものか自ら吟味してくれようと構える。

ディアンヌは自分達も加勢すると言うが、エスカノール本人が邪魔は許さないと言い、魔人王に対峙する。

一対一のすさまじい戦いの中、メリオダスはエリザベスに自分の後ろに隠れているように言う。

これが魔人王の力だとエスカノールに殴りかかり、出来損ないの我が息子とは別次元だろうと自分の力を見せつけ認めさせようとする。

しかしエスカノールは「痛みだけだ!!」と言い、反撃の拳を振り上げる。

そして「貴様の一撃からはなんの思いも感じぬ」と言う。

その意味が分からないのか、魔人王は怒りにまかせエスカノールとの殴り合いを続ける。

ディアンヌは「天上天下唯我独尊」状態のエスカノールの攻撃に耐え続けるなんて信じられないと言う。

しかしバンはその戦いを見ながら、問題は時間だと言う。

それに気づいてか魔人王は褒めてつかわすとして、自分と対等に渡り合える人間が存在することに驚いているようだ。

しかし、貴様に勝機はないと言い、エスカノールの体にはいよいよ時間切れが来たようだ。

しかしエスカノールは諦めた訳ではなく「友よこれでようやく誓いを果たせる」として魔人王の一撃を腹に受けたまま、先ほど以上に燃え盛る状態になって見せたのである。

さすがの魔人王も驚きを隠せないようだ。

「七つの大罪」327話の感想(ネタバレ含む)

「七つの大罪」327話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

近日更新!

「七つの大罪」327話の考察(ネタバレ含む)

20代男性
前回の話ではディアンヌの活躍がメインで描かれていましたが、今回は正午と言う活躍できる時間を迎えたエスカノールの孤軍奮闘の姿を中心に描かれていました。「天上天下唯我独尊」の姿となったエスカノールは1分間限定でこの姿でいることができます。魔人王に対峙するエスカノールの姿は本当にパワフルでみんなに力を与えるかのような戦いぶりに見受けられます。
魔人王に力を見せつけるように痛めつけられても、エスカノールはその攻撃からは痛みだけしか感じないと言い返しています。魔人王の攻撃には何も気持ちが入っていないように感じているのではないかと思われます。
ついに限定の1分が終わりを迎えることになりました。その状態になって初めてエスカノールは、「友よこれでようやく誓いを果たせる」と言います。これは過去七つの大罪メンバーもしくはメリオダスにした誓いを指しているのではないかと思われます。そしてエスカノールの体は再び燃え盛るような状態になります。これはもう一度「天上天下唯我独尊(ザ・ワン)」を繰り出すという事なのか、もしくはそれ以上の威力の技を身につけたということなのか次の展開が気になるところです。
また魔力の回復のための供給が絶たれたという事で、そろそろ魔人王の力が弱まってこないかと思います。

漫画「七つの大罪」327話を無料で読む方法

「七つの大罪」327話は漫画雑誌「週刊少年マガジン」に掲載されていた作品です。

週刊少年マガジンは「U-NEXT」で、完全無料で読むことができます。

「七つの大罪」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「七つの大罪」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓