漫画「七つの大罪」326話のネタバレと無料読み放題

漫画「七つの大罪」326話のネタバレ

2019年9月18日(水)週刊少年マガジン42号 発売

326話のネタバレ

第326話 <七つの大罪>vs.魔人王

ディアンヌが繰り出した大地創造(マザー・クリエイション)によってみんながいる場所の景色が一変する。

続けて攻撃に入る。

魔人王はたかが巨人の小娘ごときが刃向かうのかと言うが、それに対しディアンヌはそうだと返す。

そして自分は戦うことが嫌いな一人ぼっちの巨人の女の子だったけど、生まれ変わったと言い放つ。

攻撃の連続に魔人王は自分を湖から引き剥がすつもりだなとその魂胆に気づく。

それでもディアンヌは<七つの大罪>エリザベス、エレイン、ホーク、何より自分を護り続けてくれたキングがいてくれたから戦うと言う。

その言葉を魔人王はくだらない戯言と言い、自分に勝てる理由になどならないと断言する。

それを聞いてエリザベスやメリオダスは他人の心配ができるそういう子を怒らせるのが一番怖いと言い返す。

その言葉に励まされてか、ディアンヌは「ボクは巨人族の女王、ドロール様に託された種族の未来のためにも絶対負けられない」と一層頑張りを見せる。

そしてそれ以上に負けられない理由があると言う。

「ボクは、ボクの夢はキングの・・・」と言うが攻め込まれそれ以上の言葉が出て来ない。

するとキングはバンに女に全部言わせる気かと言われてしまう。

そしてキングは「ディアンヌすぐにでも魔人王をやっつけたらオイラと結婚しよう」とプロポーズする。

ディアンヌは「するー!」と大声で返事をしてそれが全力の攻撃となる。

その攻撃に吹き飛ばされた魔人王がいる場所からは湖が消失していた。

なんだここはと言う魔人王に対して「ここは墓場さ、あんたのな」と答え「これより我ら<七つの大罪>魔人王討伐の任務を開始する」と宣言する。

それを聞いて思うところのある表情を浮かべる魔人王だが、湖の消失により魔力の回復はもうできなくなった。

そしてエスカールは「正午だ」と魔人王への悲報を伝え、メラメラと燃え滾っている。

「七つの大罪」326話の感想(ネタバレ含む)

「七つの大罪」326話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

近日更新!

「七つの大罪」326話の考察(ネタバレ含む)

30代男性
ディアンヌが巨人の姿に戻って攻撃に転じて以降、戦況に変化が訪れます。魔人王はたかが巨人の小娘に何ができるのかと侮っていますが、ディアンヌはみんなのために戦うと言って一層頑張りを見せます。そのことをくだらない戯言と言ってしまう魔人王に対して、七つの大罪のメンバー達は他人の心配ができるディアンヌを信じて励ましています。
そしてディアンヌ本人も巨人族の種族の未来のためにも負けられないと一層頑張り、自分の夢を口にします。それを聞いてキングはついにディアンヌに結婚しようとプロポーズをするに至ります。ディアンヌは喜びからすぐに元気に「する」と返事をしています。気持ちを受け入れてもらえた喜びがよく出ていて、戦いの中にありながら気持ちがほっこり温かくなる場面と言えます。
ディアンヌの攻撃により魔人王の魔力の供給源であった湖が消し飛んでしまいました。さすがにこの事態は魔人王でさえも想定していなかったかもしれません。湖が無くなったことで七つの大罪メンバーも自由に動けるようになったと思えます。最後にエスカールが言った「正午だ」という言葉は次回への伏線となっていると考えられます。魔人王は精神世界での戦いも同時進行していますが、みんなで新たにどんな攻撃を繰り出して魔人王を倒すのかとても気になるところです。

漫画「七つの大罪」326話を無料で読む方法

「七つの大罪」326話は漫画雑誌「週刊少年マガジン」に掲載されている作品です。

週刊少年マガジンは「U-NEXT」で、完全無料で読むことができます。

「七つの大罪」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「七つの大罪」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓