漫画「七つの大罪」323話のネタバレと無料読み放題

漫画「七つの大罪」323話のネタバレ

2019年8月21日(水)週刊少年マガジン38号 発売

323話のネタバレ

第323話 ボクはここにいる

メリオダスはゲルダにキミは本当に勝手だと、二度もゼルを見捨てたのに今度は自己満足の為に弟を助けようとしていると言われてしまう。

安らぎに今入ろうとするゼルの眠りを妨げるなと言われるが、メリオダスは「ゼル!」と大声で弟の名前を叫ぶ。

するとゼルはその声に反応し目を覚ます。

ゼルは何をしに来たのかとメリオダスに問うとメリオダスはお前を救うためだと答えるがそれを聞いて戸惑いを見せる。

するとゲルダはゼルに耳を貸すなと言うが、ゼルは「お前が本物のゲルダではないことは分かっていた」と偽物のゲルダに告げる。

すると偽物のゲルダは姿を消してしまい一面が霧に覆われてしまう。

メリオダスはゼルを探すが複数の幻影に惑わされどれが本物か見分けがつかなくなってしまう。

メリオダスはゼルを繋いでいる糸を片っ端から切ろうとするが、それをゴウセルが身をもって防ごうとし、切りつけられてしまう。

そしてゴウセルは精神世界から離れてみんなのいる魔人王のいるところに戻ってしまう。

その魔人王に本物のゲルダが噛みつくが、返り討ちにあい首を引きちぎられてしまう。

その様子にバンは怒りをあらわにするが、ゲルダは死んではおらず吸血鬼の再生能力で自分の首を繋げてしまう。

そして魔人王に噛みついたのは攻撃のためではなく、血で繋がりゼルと魔人王の精神世界の内側に潜るためだとほほ笑んでみせる。

いまだゼルの本体を見つけることができないメリオダスにゼルはここを出て魔人王ごと俺を切れと言う。

そして戻ったらゲルダに伝えてほしいことがあるとメリオダスに伝言を頼もうとする。

するとそこに精神世界に潜入すること成功した本物のゲルダが姿を現すのである。

「七つの大罪」323話の感想(ネタバレ含む)

「七つの大罪」323話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

近日更新!

「七つの大罪」323話の考察(ネタバレ含む)

20代男性
メリオダスは弟のゼルを助けるために魔人王の精神世界の中に潜り込んでいるのであるが、現状救出はなかなかうまくいかないようです。その精神世界にいるゲルダが偽物であることにゼル本人が気づいたことでゼルはメリオダスに助けを求めると言う新たな展開を迎えることになります。精神世界ではない現実の世界で戦っている大罪のメンバーですが、そこには本物のゲルダがいて魔人王に挑んでいくことで手詰まりだったゼルへの救出に別の展開が加えられていきます。それはゲルダ本人が魔人王と血で繋がることにより、ゲルダは魔人王の精神世界に飛び込み、ようやくゼルの目のまえに現れることができました。とはいえ、何ができるか何をきっかけとしてゼルの本体を見極められるかが現状全く見えては来ていない状態に変わりは無さそうです。今後メリオダスとともにどのようにしてゼルを救っていくのかが焦点になりそうです。

漫画「七つの大罪」323話を無料で読む方法

「七つの大罪」323話は漫画雑誌「週刊少年マガジン」に掲載されている作品です。

週刊少年マガジンは「U-NEXT」で、完全無料で読むことができます。

「七つの大罪」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「七つの大罪」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓