七つの大罪「漫画コミック単行本40巻」のネタバレ&発売日と無料読み放題

漫画「七つの大罪」40巻のネタバレ

コミック「七つの大罪」40巻(2020年2月発売予定)

七つの大罪の40巻には、330話(2019年10月30日 週刊少年マガジン48号 発売)〜338話(2020年1月15日 週刊少年マガジン7号 発売)が収録される見込み。

「七つの大罪」330話のネタバレ&感想・考察

2019年10月30日(水) 週刊少年マガジン48号 発売

330話のネタバレ

魔人王が急に苦しみ始めた。

そしてついにゼルドリスが空中に解き放たれた。

それを魔人王は「我が器、手放してなるものか」と再び取り込もうとするが…


「七つの大罪」331話のネタバレ&感想・考察

2019年11月6日(水) 週刊少年マガジン49号 発売予定

331話のネタバレ

メリオダスは「今持てる限りすべての力でてめえを倒す!!」と言って、みんなと一緒に大地を依り代に顕現した魔人王に向かっていく。

魔人王は「ひれ伏せ、愚か者共!!」と言って“虚無(デスゼロ)”を繰り出す…


「七つの大罪」332話のネタバレ&感想・考察

2019年11月13日(水) 週刊少年マガジン50号 発売

332話のネタバレ

大罪メンバーの合技でついに魔人王を撃破した。

その破片がものすごい勢いで舞い散る中、キングはディアンヌを守ろうとする。

また、エリザベスが巻き込まれ潰されそうになるところをメリオダスが…


「七つの大罪」333話のネタバレ&感想・考察

2019年11月20日(水) 週刊少年マガジン51号 発売

333話のネタバレ

ゼルドリスとゲルダはみんなの元から去って行った。

行っちゃったねとエリザベスは寂しそうに話す。

そしてエスカノールは「さあ、みなさんもみんなが待っています…


「七つの大罪」334話のネタバレ&感想・考察

2019年11月27日(水) 週刊少年マガジン52号 発売

334話のネタバレ

ブリタニアに太陽の陽が射し、天変地異がおさまったと皆が喜んでいる。

ジェリコはあの人たちがやってくれたという。

そこにギーラとドレファス様が来て王国に戻ろうとジェリコに声をかける…


「七つの大罪」335話のネタバレ&感想・考察

2019年12月11日(水) 週刊少年マガジン2・3号 発売

335話のネタバレ

光と闇の均衡が崩れる時、神々の時代は終焉を迎え混沌が蘇る。

愛欲に飢え、知識を貪る暴食の娘(マーリン)よ、君は見事にそれを果たしたー。

みんなが集っている場で、マーリンの口元の火傷を見て…


「七つの大罪」336話のネタバレ&感想・考察

2019年12月25日(水) 週刊少年マガジン4・5号 発売

336話のネタバレ

アーサーは自分の体に起こる変化に驚いている。

苦しむアーサーの前でマーリンは「畏れるな、受け入れろアーサー。自身に秘められた測り知れぬ魔力に目醒める時だ」と声をかける。

戸惑うアーサーに再び激痛が走る…


「七つの大罪」337話のネタバレ&感想・考察

2020年1月8日(水) 週刊少年マガジン6号 発売

337話のネタバレ

「湖の姫」または「混沌の巫女」と呼ばれる者が湖の中から「マーリンがなぜ混沌を求めたのか」についてマーリンの代わりに話し始める。

姿を見せるように言うメリオダスに、この湖からは離れならない身だと説明する…


「七つの大罪」338話のネタバレ&感想・考察

2020年1月15日(水) 週刊少年マガジン7号 発売

第338話/ 決別

つづきはこちらから

338話のネタバレ

メリオダスは「マーリン、湖が話したことがすべて真実なら、お前は混沌を復活させるために〈七つの大罪〉を騙し続けてきたのか?そんなとんでもねぇ化け物を復活させるため。

いいや…いるかどうかもわからねぇ存在のために…!!」とみんなの前でマーリンに聞く。

マーリンは何も答えない。

湖の姫は「混沌は実在しますよ…あなたたちはすでに出会っているではありませんか」と答える。

大罪メンバーが誰のことだろうかと考えている。

湖の姫は「その背に乗り共に旅をしてきたはず。彼女もまた己の復活の時を待ちわびながら…」と言う。

ホークはそれを聞いて「だから誰よ?なあメリオ」と言ってメリオダスの方を見る。

するとメリオダスは「まさか混沌の正体が…」と言ってホークママの方を見る。その言葉にホークは「おっ母がコントン!?何言ってんのお前ら。なあおっ母!?」と笑ってホークママに話しかける。

すると湖の姫は「混沌は一つの実体を持たぬ力の意志…それは所詮二人の神に封印された仮初めの姿」と説明する。

するとホークママの姿はベキベキと音を鳴らしてぐしゃっと潰れてしまう。

ホークは驚いて走って行くが、キングは「ただの抜け殻だ」と答える。

アーサーが「中身は一体どこへ?」と言葉にする。

それを聞いてマーリンは「お前の中に宿ったのだ、アーサー。お前が混沌の王として目醒めたその瞬間にな…」と口を開く。

自分の中に「あの大きな豚が丸ごと?」と驚くアーサーに、マーリンは「混沌だ」と答える。

そう言われてもアーサーは「なんの実感も感じない」と言う。

メリオダスが「アーサーが無意識に使ったあの魔力か…。マーリン今すぐアーサーを元に戻してやるんだ!」と言う。

しかしマーリンは「もはや不可能だ。混沌自らがアーサーに共鳴し共生を決めた。何よりそれこそアーサーが選ばれし混沌の王である証」と答える。

メリオダスが「アーサー自身の意志はどうなるんだ!?」と詰めよる。

しかしマーリンは「責めたければなんとでも言え…」と突っぱねようとする。

そこにアーサーが「二人共ちょっと待って!!!!私のことで喧嘩はやめてください!!」と二人に割って入る。

そしてアーサーは「〈七つの大罪〉は私の憧れなんです…お願いですからこんなヒヨッ子にすぎない私のことで争わないでください」と言う。

その言葉から地面がモコモコ盛りあがり、ヒヨコになってピヨピヨと歩いていく。

その現象を目の前で見てホークは驚いて訳が分からない。

アーサーは自分の幼い頃からのことを話し始める。

幼い頃、人々を護れる立派な人間になりたいと夢見ていたこと。

でも人々を護るため努力しても結局全員を護ることが出来なかったこと。

全員を護ることを諦めた途端、自分の心が絶望に押し潰されそうになったこと。

そう話ながら大罪メンバーの周りにはゴゴゴと四角い塊がどんどん積み上げられていく。

そのことに気づかないのかアーサーの話は続く。

そして「そんな時ですマーリンと出会ったのは。彼女は悩む私に道を示してくれた」と言って核心の話が始まる。

マーリンはアーサーに「ならば不可能を可能にする王になれ。護りたいものすべてを護れる世界を作ってみせろ」と話したのだと言う。

そしてアーサーは「その言葉が私の景色を一変させた。私はマーリンに師事を乞い多くのことを学び、そして約束したんです。必ず立派な王となって誰も見たことのない素晴らしい世界を作ると!!!」と両手を広げて嬉しそうに話す。

その時には大地の景色は一変していた。

周りの様子に気づいてアーサーは一体何が起きたのか分からず驚いている。

ホークは「あの野郎、自分でやってることに気が付いてねーの?」と突っ込む。

その時ホークママが背負っていた家から「アーサー」と呼びかける声がする。

そしてキャスが「とうとう覚醒したんだね…ボク…うれしい」と声をかける。

しかし湖の姫は「アレは…まさか!!」と驚き、マーリンに「アレをアーサーに近づけさせないで!!!」と言う。

しかしその時すでにアーサーとキャスが抱きつこうとしていた。

突然キャスが大きな口を開きアーサーに食いつこうとする。

その時メリオダスが「危ねえ!!!」と言ってアーサーに飛びつく。

しかしすでにアーサーの右腕は引きちぎられ、その腕にキャスが食いついていた。

メリオダスがみんなにキャスを捕まえるように指示を出す。

しかし湖の姫は「生ぬるい!!!確実に仕留めてください!!!さもなくば全員思い知ることになりますよ!!混沌の力の一端を…!!!」と言う。

大罪メンバーはその言葉に驚き、キャスの方を見る。

すでにそこには恐ろしい化け物ができつつあるのだった。

338話の感想&考察(ネタバレ含む)太

近日更新!

漫画「七つの大罪」を無料で読む方法

「七つの大罪」は漫画雑誌「週刊少年マガジン」に掲載されている作品です。

「週刊少年マガジン」は電子書籍配信サービスであるU-NEXTで読めます。

U-NEXT

「週刊少年マガジン」最新号配信中↓

「U-NEXT」では31日間の無料体験実施中!「七つの大罪」単行本も配信!

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む(「週刊少年マガジン」300円〜/「七つの大罪」単行本453円〜)
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!

●漫画「七つの大罪」のその他の話のネタバレや無料で読む方法のまとめに関してはコチラ↓