漫画「土竜の唄」 670話のネタバレと無料読み放題

土竜の唄

漫画「土竜の唄」 670話のネタバレ

2019年9月30日週刊ビッグコミックスピリッツ44号 発売

日向子は副首相、夏瓦沈によって亡き者にされた。

しかしその現場はすべて鬼頭の配下のものによって録画されていたのだ。

副首相、夏瓦沈を反社会的組織数寄矢会の手駒にするためには弱みを握らなければならない。

そう、日向子は鬼頭、数寄矢会に利用されていたのだ。

それだけではない。日向子の遺体を周宝の手で片付けさせることで、周宝を裏社会のドンに仕立て上げるための儀式にすると、裏で絵を描いていた鬼頭と数寄矢会。

その思惑通り、周宝は鬼頭と副首相、夏瓦沈とならんで、政府相手に公共事業の入札価格の談合など、

ド犯罪に手を染め、そのナワバリを拡大していったのである。

このままいけば間違いなく数寄矢会の跡目は周宝になる予定であった。

そして、いま、夕焼けのビルの上で周宝は鬼頭を突き落とし、ネクタイ一本だけでかろうじて支えている!

命乞いをする鬼頭!まったく理解できないといったようすである。

やはり、日向子の仇討ちか…、鬼頭はそう周宝に問う!

周宝は鬼頭に逆に問うた。愛を知っているかと…。

鬼頭は愛など幻想だとのたまう!

周宝は愛がない者は人ではないと鬼頭にいう。

鬼頭のネクタイに銃弾が打ちこまれ、鬼頭はまっさかさまにビルからダイブした…。

そして現在、周宝は…。

「土竜の唄」 670話の感想

「土竜の唄」 670話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

近日更新!

漫画「土竜の唄」 670話を無料で読む方法

「土竜の唄」 670話は漫画雑誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」に掲載されている作品です。

週刊ビッグコミックスピリッツは「U-NEXT」で、完全無料で読むことができます。

「土竜の唄」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!