漫画「土竜の唄」 669話のネタバレと無料読み放題

土竜の唄

漫画「土竜の唄」 669話のネタバレ

2019年9月14日週刊ビッグコミックスピリッツ42・43号 発売

669話  変貌する周宝

周宝は、副首相・夏瓦沈により致命傷をうけて、虫の息になっていた日向子に自らとどめを刺すのであった…。

周宝が真のマフィアに変貌するための最初の試練として、まずおおせつかったことは、日向子の遺体の処理であった…。

日向子の遺体をトランクケースに詰め込み、山中のゴミ焼却場へと車を走らせる周宝。

そこで日向子の遺体を焼却して骨にする周宝。

周宝は骨になった日向子をひとかけらつまみ、勝新太郎ばりに口にするのであった…。

周骨の口元から焼きたての骨がはなつ煙が噴き出していた…。

そして場面はしでざきコンツェルンのしでざき象一郎の屋敷にかわる。象一郎は周宝の育ての親である。

象一郎は執事から、もうすぐここに周宝がくることをきく。

ここにくるのは三年ぶりとのことであった。金でもせびりにきたかと思っていた象一郎であったが…。

なんと周宝は鬼頭と副首相・夏瓦を両脇に従えて堂々とした出で立ちで登場した。

周宝は金をせびるどころか、1300億円の公共事業の談合を象一郎に持ちかけてきた…。

政府のお膝元の上で公然と公共事業が発注されて、それを反社会的組織の数奇矢会が入札して、工事をするという段取りであった。

数奇矢の会長も次の杯に周宝を決めていると鬼頭はいう。

なんとそんなことを言っている鬼頭にパンチを食らわして、ビルから落とそうとする周宝!!なにがあったのか!

「土竜の唄」 669話の感想

「土竜の唄」 669話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

近日更新!

漫画「土竜の唄」 669話を無料で読む方法

「土竜の唄」 669話は漫画雑誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」に掲載されている作品です。

週刊ビッグコミックスピリッツは「U-NEXT」で、完全無料で読むことができます。

「土竜の唄」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!