漫画「土竜の唄」 666話のネタバレと無料読み放題

土竜の唄

漫画「土竜の唄」 666話のネタバレ

2019年8月26日週刊ビッグコミックスピリッツ39号 発売

第666話  日向子と沈の死闘

副首相、沈はプロレス技も組み込んだ独自の格闘術の使い手だった!!

はっきり言ってどう見ても、スケベなただの小柄なおっさんにしかみえなかったためか、日向子も油断してあっさりとタタミに沈んでしまった!!

完璧に決められた日向子の右腕!!これがPRIDEなどの格闘技イベントなら、ルール無用のバーリトードゥとはいえ、レフェリーからタオルが投げ込まれるところであろう。

しかし、これはファイトと呼べるものですらない。。。

ぎゃあああああと悲鳴をあげる日向子!!

日向子はなんとかマウントを逃れるが、両腕は完全に使い物にはならなくなっていた。。。

だらーんと両腕を垂らして、青ざめる日向子。。。こいつはやばいと。。。

日向子は無事な足を使ってキツツキもケリを副首相にくらわせようとするが、それは無謀である。

ここまでの戦い、IQレスラーすら彷彿とさせる副首相、沈にそんなものがきかないことは明白であった。。。

さらに副首相は日向子のボディに拳を喰らわせると見せかけたフェイントをはさんで、日向子の顔面を吹き飛ばす!!

庭まで飛んでく日向子!!

周宝が駆けつけるもむなしく、日向子は頭から地を大量に流し虫の息だった。。。

「土竜の唄」 666話の感想

「土竜の唄」 666話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

30代男性

記念すべき第666話!!といっても666という数字は西洋ならともかく、日本ではそんなに特別ではないのかもしれないが。。。。

副首相、沈。。。どうしようもないゲスで完全に悪役なんだが、妙に魅力を感じないだろうか。。。

少なくとも今回に限っては日向子や周宝よりもまばゆい光を放っている。。。

こういう魅力のある悪役を描けるマンガ家は貴重なのである。

いまやアンパンマンにおけるばいきんまんまでネットで炎上する令和の時代。。。

副首相、沈にはみんなに愛される悪役でいてもらいたい。

漫画「土竜の唄」 666話を無料で読む方法

「土竜の唄」 666話は漫画雑誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」に掲載されている作品です。

週刊ビッグコミックスピリッツは「U-NEXT」で、完全無料で読むことができます。

「土竜の唄」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!