マッシュル-MASHLE-「漫画コミック単行本1巻」のネタバレ&発売日と無料読み放題

マッシュル-MASHLE-

漫画「マッシュル-MASHLE-」1巻のネタバレ

コミック「マッシュル-MASHLE-」1巻(2020年6月4日発売)

マッシュル-MASHLE-の1巻には、1話(2020年1月27日 週刊少年ジャンプ9号 発売)8話(2020年3月16日 週刊少年ジャンプ16号 発売)が収録された。

「マッシュル-MASHLE-」1話のネタバレ&感想・考察

2020年1月27日(月)週刊少年ジャンプ9号 発売

マッシュル-MASHLE- 1話

つづきはこちらから

1話のネタバレ

世の中は筋トレブームだ。

老若男女みんながトレーニングにいそしんでいる。

もちろん魔法の世界でもそれは例外ではなかった。

森の中で大きな音を出しながら、ウェイトリフティングをやっているマッシュルームカットの男がいた。

男はひとしきりウェイトリフティングを終えると、チートデイなのかシュークリームを食べはじめた。

レグロ・バーンデッドという老人が森の小屋に住んでいた。

このレグロ・バーンデッドはさっきのマッシュルームカットの男の祖父だという。

この小屋で二人で住んでいるらしい。

このレグロ・バーンデッドがマッシュルームカットの男にずっと筋肉トレーニングを命じていたらしい。

その理由は‥このマッシュルームカットの男がまったく魔法が使えなかったからである。

レグロ・バーンデッドはせめてもと、マッシュルームカットの男にカラダを鍛えさせていたのだった。

マッシュルームカットの男はレグロ・バーンデッドに反対されていたにもかかわらず、シュークリームを買いに町まで出かけてしまった。

マッシュルームカットの男はアザのない男として警察に通報されていた。

マッシュルームカットを追う警察官がいた。

ブラッドだ。

ブラッドはレグロ・バーンデッドの小屋を襲撃する‥。

1話の感想(ネタバレ含む)

「マッシュル-MASHLE-」1話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

20代男性
最初カラーを見た段階ではブラッククローバーと似た感じかと思いました。ですが読み進んでいくと絵と話がまさかのギャグマンガでした。話も好きな人は好きな感じですが、絵はまだまだこれからだと思います。これから王道のバトル漫画路線は人気が出ないと思うのでギャグ路線でいってほしいです。

「マッシュル-MASHLE-」1話を読んだ感想(ネタバレ含む)2

30代女性
魔法の世界で魔法の力を持たない正直すぎる少年が、なぜか魔法学校の主席を狙うことになったお話。カラー絵からもハリー・ポッターのパロディを臭わせるような感じで、内容もシュールだったりマッスルだったりでなかなか笑えるマンガでした。絵もシュールなかんじで好き。これぐらいの笑いもジャンプには必要。

「マッシュル-MASHLE-」1話を読んだ感想(ネタバレ含む)3

30代女性
魔法を得意げに使っている人々に対し、冷静なツッコミをし、悪党を一発でたやすく撃退する主人公がいいですね。育ての親であるレグロとも、お互いを大事に想っているいい関係を築けているのも好印象です。次回から魔法学校に入学することになるのでしょうが、そこでどんなギャグ展開が巻きおこるのか楽しみです!

「マッシュル-MASHLE-」1話を読んだ感想(ネタバレ含む)4

20代女性
魔法世界で魔法の使えない主人公、連載中のブラッククローバーに設定は似ており、さらに体を鍛えすぎたから単純に力がめちゃめちゃ強くなった、そして「グーパンで」という決め台詞はもの凄ーくどこかで見たな、という感じでした。ギャグ自体は淡白で良かったのですが、あたりにも既視感がありすぎる漫画です。

1話の考察(ネタバレ含む)

30代女性
魔法が使えないのに魔法学校へ行って、最も優秀な学生として選ばれる。魔法が使えなければ生きる権利すら与えられないという世界観で、この条件はかなり厳しくも思えます。しかし、街へ出たマッシュは「相変わらず手でできることばっかりだな」とも言っていたので、案外マッシュの腕力でどうとでもなる気がしますね。表紙のヒロインらしき女の子が顔を赤らめながらマッシュを見ていることから、何にせよ一目置かれる存在となるのは間違いないのではないでしょうか?『エム×ゼロ』の九澄のようにうまくカモフラージュして魔法が使えるフリをするのか、それとも開き直って『ブラッククローバー』のアスタのように腕力ですべて乗り切るのか、次回の展開がストーリーの今後を大きく決めることになりそうです…!

「マッシュル-MASHLE-」2話のネタバレ&感想・考察

2020年2月3日(月)週刊少年ジャンプ10号 発売

マッシュル-MASHLE- 2話

つづきはこちらから

2話のネタバレ

イーストン魔法学校の編入試験は超難関。エリートの息子たちが志願者として集まり、杖の手入れや魔法書のチェックなど、試験に対して余念なく備えていたが、マッシュは筋トレをしたり空気イスで筋トレの本を読んだり、と相変わらずの様子。

火の中から現れ、魔法で試験会場を作って見せる試験官にも容赦なくツッコミを入れ、試験官からの顰蹙を買ってしまっていた。

1次試験は、文字が動く答案用紙の魔法を解き、文字を整列させて問題を解くというもの。

魔法を使えないマッシュには無理かと思われたが、マッシュが羽ペンを握りつぶして見せると、文字は綺麗に整列。

1次試験をあっさり突破するのだった。

その後も筋力を活用して試験を突破していくマッシュ。

しかし試験官には完全に目をつけられてしまい、次の試験では罠にはめようと図られてしまう。

試験は罠だらけの迷路からゴール地点にたどり着くというもの。

出発しようとするマッシュだが、女子の受験者に話しかけられ、一緒に協力して攻略することに。

しかし様々な罠に引っ掛かる女子は、マッシュの足を引っ張ってしまう。

このままだと試験に合格できないため、地面にへばりつく女子を置いて行こうとするマッシュ。

しかしそこで「レビオス・カフス!!」と魔法を唱え、マッシュを捕らえる女子。彼女は「諸事情」により、マッシュを足止めさせなければならないのだと明かす。

騙されていたことを知るマッシュだが、「悪いけど僕にも諸事情があるんだ」と言いながら、人間の力では外せないという魔法の拘束具をいとも簡単に壊してしまい、ゴールへと走り去っていってしまった。

あっけに取られ、取り残された女子。

そこに大きなスフィンクスがやって来て、謎かけをされる。

杖を払われて手を負傷し、腰が抜けてしまったまま襲われる女子。

これは自分のために他人を騙した罰なのだと、マッシュに心の中で謝りながら受け入れようとする。

ところがそこには、スフィンクスの顔に強力なパンチを食らわせるマッシュの姿が…!

なぜ助けに来たかと問う女子に、「諸事情が僕みたいな感じだったら なんかカワイソウだと思って」とマッシュは答えた。

試験はタイムアップ間近。

マッシュたちはもう間に合わないかと思われたが、いかなる強力な魔法をも防ぐ厚さ1mの壁を破壊し、ゴールに到着するのだった…!

2話の感想(ネタバレ含む)

「マッシュル-MASHLE-」2話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

30代女性
漫画の中のあちこちに笑える要素があって、ただのファンタジー漫画でなく、ギャグ漫画として楽しんでいます。1話よりも主人公のマッシュの反則的な強さが更にアップしているように思えてあり得ないくらいの筋力や力が見ていてとても笑えました。

「マッシュル-MASHLE-」2話を読んだ感想(ネタバレ含む)2

30代女性
マッシュがいちいちシュークリームを食べているのが気になりました。今後もシュークリームはこの作品の中であちこちに出てくるのかが気になります。今回出てきたヒロインと思われる子は、今後も純粋な可愛らしいヒロイン枠に収まることが出来るのかが気になります。

「マッシュル-MASHLE-」2話を読んだ感想(ネタバレ含む)3

30代女性
マッシュが力が強いのはよく伝わるのですが、魔法の文字でさえ力で御してしまうのがまさか過ぎて笑えました。今までも強い主人公の漫画は出てきましたが、今までとはまた違う強さの主人公で見ていてとてもワクワクしてきます。マッシュは見た目は地味ですが魅力を感じて面白いです。

「マッシュル-MASHLE-」2話を読んだ感想(ネタバレ含む)4

30代女性
作品中に出てきたなぞなぞの答えがなんなのか分からなくて気になります。コミックになった時に答えが収録されていてほしいなと思いました。また、魔法が使えない魔法漫画の主人公というのがブラッククローバーと被らないか心配になりましたが、ギャグのレベルが高すぎて被る心配はなさそうだなと思います。

「マッシュル-MASHLE-」2話を読んだ感想(ネタバレ含む)5

30代女性
マッシュの冷静なツッコミ体質と筋力ですべてを解決できる力、そして自分を罠にはめた女の子を助けに行ける男気がとても魅力的でいいですね。まだ2話目ではありますが、続きがとても楽しみに感じられる新連載です。

2話の考察(ネタバレ含む)

30代女性
魔法学校への編入試験を次々にクリアしていったマッシュでしたが、彼は魔法を使うことができないということはまだ誰にもバレていないようですね。このまま魔法が使えないことを隠し通したまま、筋力ですべてを解決していく展開になっていくのでしょうか…?魔法学校の校長らしき人物の目にも止まったようで、次回も大人からの難題を筋力で解決するという話になりそうです!今回マッシュが助けた女子ですが、試験官がマッシュを落とすために用意した足止めの生徒だった模様。彼女も「諸事情」があって従わざるを得ない状況だったようですが、マッシュの男気に顔を赤らめ、最後はマッシュに寄り添って登場したことから、今後は彼女とのラブコメ展開もある予感がしますね!

「マッシュル-MASHLE-」3話のネタバレ&感想・考察

2020年2月10日(月)週刊少年ジャンプ11号 発売

マッシュル-MASHLE- 3話

つづきはこちらから

3話のネタバレ

前回の試験で第二試験である迷路脱出をパワーで迷路の壁を強制的に突破してきたマッシュ。

迷路をクリアしたマッシュだが、周囲からは批判を喰らい帰れコールを受けてた。

本人も周囲からの批判により精神的に参っていたときに、前回の迷路でマッシュを足止めしようとしたが、逆にマッシュに助けられた少女が「彼は悪くない やめてほしい」と周囲の批判に反論した。

(少女の名はレモン・アーヴィン)

反論したレモンに対し、試験監督であるクロード・ルッチが反論した理由を言うなと声を荒げる。

ルッチを無視し、レモンはルッチにマッシュがゴールできないように足止めするように指示されていたことを話す。

その話を聞いた周囲はざわつく中でレモンはさらに話を続ける。マッシュを足止めできたら入学試験を合格にしてやるとまで言われたことを明かす。

前回の迷路で自分を助けてくれたマッシュに好意を抱くレモン

(正確には、迷路でケガしたレモンに対しケガが痛いならおんぶしていくことを提案するマッシュルだが、レモンはケガのことではなく自身の精神的な重い部分を受け入れてくれたと勘違いしていた。一人勝手に「マッシュルが結婚してくれといってくれた」などと勘違いが暴走している)

レモンによりすべてがバレたルッチは開き直り、貴族ではないマッシュとレモンは学校にふさわしくないから意図的に不合格にしようと」していたことを自ら暴露する。

レモンの事をけなした後に魔法で攻撃しようとした時にマッシュがルッチの杖を折る。

簡単に手で杖を折ったマッシュに周囲は驚くばかり。

ルッチが反論しようとした時に校長であるウォールバーグ校長の登場により周囲は静寂と化す。

校長から今から最終面接を行う事、試験監督は校長自ら行うことが発表される。

校長の登場によりルッチはなぜきたのか問うが、後で部屋にくるように言われただけだが、ルッチは茫然としていた。

最終面接一人目はマッシュから始まった。

校長からの志望動機をきかれたが、「家族と平和に暮らすため」と答えるマッシュ。

周囲の監督官は疑問をもつが、校長は次の質問をする。

迷路でレモンを助けた理由について聞かれると、「助けなかったら自分が後悔すると思ったから」と答える。

その答えに対し校長はさらに、壁が壊せなかったりしたらと考えなかったのかと問うと、マッシュは「考えたところでやるしかない」と答える。

その答えを聞いた校長は、マッシュに圧倒的な強さを持つものが立ちはだかったらどうする(校長が立ちはだかったらトいう意味も含めて)と問い、マッシュのおじいさんの魂を殺せる魔法でマッシュに見せ、どう行動するのか問う。

するとマッシュはおじいさんの魂を殺そうとする槍を手で受け止めて「どちらかが力尽きるまで守る」と答える。

マッシュの答えに学園生徒にふさわしいいと判断した校長は合格と言い渡す。

最後に、校長に「校長が立ちはだかったら、グーパンでボコボコにする」と答えるマッシュであった。

3話の感想(ネタバレ含む)

「マッシュル-MASHLE-」3話を読んだ感想(ネタバレ含む)1

20代男性
主人公の力任せで真っ直ぐなキャラクター像がうまく描かれていたように感じました。ボケた感じと真っ直ぐな性格が分かりやすく話の中で表現されていて、いいメリハリがあって楽しく読むことができました。これからに期待しています。

「マッシュル-MASHLE-」3話を読んだ感想(ネタバレ含む)2

30代女性
卑劣な手段でマッシュを罠にはめようとしたルッチの思惑が今回でバラされ、校長によりきっちり断罪されるであろう描写があったのはスカッとしました。これまで登場した魔法使いは嫌味な性格ばかりで辟易していましたが、少なくとも校長は違うようで、今後の展開に期待が高まります。

3話の考察(ネタバレ含む)

30代女性
マッシュが助けた少女・レモンはかなり勘違いしてしまうタイプの様子。マッシュの優しい言葉から自分に気があるものと勘違いして、プロポーズされたという段階にまで発想を飛躍させていました。彼女は今後もマッシュへの好意と勘違いで彼や周りを振り回し、ストーリーを動かしていく存在となっていきそうですね。この世界では魔力のないものばかりか、貧乏な人間も虐げられるような価値観が蔓延しているようですが、ウォールバーグ校長は弱気を助け強きを挫く、「強き者としての資質(ノブレス・オブリージュ)」を見極めるための面接試験を課しており、必ずしもその価値観に染まっていない模様。試験を見るに校長はマッシュに魔力がないことを看破している可能性もありますし、校長の庇護のもと、正義の心を持つマッシュが世直ししていくような展開もあるかもしれません。

「マッシュル-MASHLE-」4話のネタバレ&感想・考察

2020年2月17日(月)週刊少年ジャンプ12号 発売

マッシュル-MASHLE- 4話 

つづきはこちらから

4話のネタバレ

イーストン魔法学校に入学したマッシュ。さっそく「鍵を開ける」呪文の授業に参加するが、魔力がないマッシュは魔法を使えるわけがなく力尽くで鍵を開けていた。そんなマッシュを見て先生はキレるがマッシュは気にすることもなく「魔法とか苦手なんで」とさらっと言い放つ。それを見ていたフィンという少年。マッシュとは関わりたくないと思いながら寮の自分の部屋へ向かうとなぜかドアがなかった。そのドアはマッシュが手にしていて驚かされるフィン。改めて自己紹介をお互いすると、マッシュの自己紹介が思った以上にまともで、まともな人なのかと一瞬思うが、マッシュはそれぞれの筋肉の名前を言いだし、再びマッシュに驚かされる。フィンは内部進学組のため編入生のマッシュと同部屋になり分からないことは何でも聞いてくれと伝える。するとマッシュは「神覚者」になるにはどうすればいいのかフィンに問う。それには金の級硬貨というコインをテストや学校生活などで評価を得て与えられ、3学期終了時に5枚以上持っていると神覚者候補として次にいけるという。更に硬貨に関係なく一定の成績をとれないと退学になると聞きマッシュは危機感を持ち始めた。そんなマッシュをフィンは「頑張ってね」と応援するが「一緒に」とは決して言わなかった。次の日、マッシュはほうきの授業があったがほうきを持っていなくフィンに貸してもらった。ほうきの使い方を聞くがもちろんマッシュのほうきが動くことはない。一人の生徒がマッシュに絡んでくるが力技でほうきを魔法で動かしたように見せるマッシュ。それでも絡まれるがタイム測定が始まると聞きその生徒と勝負をすることになってしまった。スタートをするとあっという間にゴールまで飛んだかのように見せたマッシュ。周りは驚くがフィンだけはしっかり見ていた。マッシュはスタートと同時にほうきを投げ、そのほうきに飛び乗っていた。絡んで来た生徒はマッシュに更に文句を言い手を出そうとするがキャベルという生徒に止められる。キャベルは笑顔でマッシュに近づき「放課後またここに来なよ」と言って去って行った。周りはそんな様子を見て「高校で最初の犠牲者」と言っていた。フィンによるとキャベルは魔法局の高管の息子で逆らうと退学させられるということだった。その頃、マッシュに絡んでいた生徒はキャベルに顔を殴られていた。殴っていたきゃベルの手はその生徒の血で汚れるのだった。放課後になって、マッシュはキャベルのことを忘れてシュークリームを作っていた。忘れられていたキャベルは怒りをあらわにするのだった。

4話の感想&考察(ネタバレ含む)

30代男性
4話も面白い。やっぱ読みやすい分かりやすい漫画はそれだけでアドですね。1話で最低だったキノコの好感度がどんどん上がっていく。今のところキャラが立ってるのは主人公だけだからレモンや新キャラが人気でれば化けてくるかも。でもそうするとミタマと競合するんだよなあぁ
20代女性
ほうきの乗り方がハリーポッター!『飛べ』って…地面蹴ってそうなるw 投げて飛び乗って世界新出すって… 放課後のお菓子作り美味しそうだけどおいもキャベツのこと忘れてるよ、 第4話も笑えるシーン沢山あって面白い
20代男性
桃白白実演で笑った。そうか、こうやってやればとりあえずほうきに乗ってるように見えるのか。

「マッシュル-MASHLE-」5話のネタバレ&感想・考察

2020年2月22日(土)週刊少年ジャンプ13号 発売

マッシュル-MASHLE- 5話

つづきはこちらから

5話のネタバレ

マッシュの教科書がボロボロに破られているが、マッシュは少し残念そうなぐらいで気にも留めていない様子である。
ロイドは昨日マッシュが来なかった理由を尋ね、「シュークリームを作ってたから」という理由を聞くとご立腹だ。
ロイドは次の一手として命令を聞くことで「神覚者になれるよう教頭に口添え」をするとマッシュに提案するのだ。
マッシュはこれを承諾する。神覚者に本気でなりたいので少し嬉しそうな表情で承諾していた。
そしてロイドの命令を聞く日々が続くが、また教科書が破られていたのである。
フィンに教科書を見せてくれるように提案するが、フィンはお断りするのである。しかしそんなことお構いなしに「ありがとう」と教科書を見せてもらうマッシュ。
そして終わった後マッシュはフィンに「君みたいな人と友達になれてよかった」と告げるのである。
フィンはこれに感動したようだ。
ロイドの命令はエスカレートし水をわざと床にこぼして拭かせる、ついに今度は服をもやそうとまで提案し始めるのだ。
ロイドはフィンにそう命令するが、フィンは拒否。そしてフィンはロイドにボコボコにされるのである。
フィンの表情とロイドが「今度は」と命令の最初ににつけたことでフィンが今までの犯人だと分かるのだ。
そこに偶然マッシュが登場。ボコボコにされてるフィンはマッシュに今までの罪を詫びる。「怖くて逆らえなくて、でも傷つけてごめん」と謝るのだ。
そこでマッシュが激昂してロイドをボコボコにするのだが、退学になってしまうかもしれないと気づき少し慌てて今回は終了。

5話の感想&考察(ネタバレ含む)

「マッシュル-MASHLE-」の感想&考察(ネタバレ含む)1

30代女性
のんきにシュークリームを食べてとてもマイペースな様子のマッシュですが、ちゃんと目的のことも覚えていてそのために頑張ろうと思っている様子が見られました。あまりにもマイペースすぎる姿が見ていて心配になっていたので、真面目な部分が見られたのは良かったです。

「マッシュル-MASHLE-」の感想&考察(ネタバレ含む)2

30代女性
マッシュは基本的にあまり表情に変化がないので、教科書がボロボロになったのに対してどんな感情をもったのだろうと考えてしまいました。普通なら怖くなったり、怒ったり等と何かしらアクションがあるはずですが、マッシュはそもそも他人がやったとかも考えていないのかなと思いました。今まで人とあまり関わったことがないので誰かがやったと考えたりしなかったのかなと思ってしまいました。

「マッシュル-MASHLE-」の感想&考察(ネタバレ含む)3

30代女性
マッシュは今まで他人と関わらずに生きてきたので、何が嫌がらせで何が善意なのかもあまり分かっていないのかもしれません。嫌味やイジメなどを受けても、自分が嫌だと感じることがなければ全て受け入れるというマッシュがとても純粋で少し可哀想に感じられました。

「マッシュル-MASHLE-」の感想&考察(ネタバレ含む)4

30代女性
マッシュは今までおじいさんと暮らしていて嫌なことをされることもなく、幸せに暮らしてきたから誰かに嫌なことをされてもそれが何なのか分かっていないのかなと思いました。また、フィンに対して馴れ馴れしいのも、自分にとって嬉しいことをしてくれる人は良い人と思っていて、本当に素直にフィンの存在が嬉しいことだと思っているのではないかと感じられました。

「マッシュル-MASHLE-」の感想&考察(ネタバレ含む)5

20代男性
マッシュが怒らせてしまった人はクラスのボス的存在の人でマッシュも危ない状況になってしまうと思われた今回ですが、案の定いじめられます。
しかしマッシュはいじめをいじめとも感じてないようで、内心は「教科者がボロボロになってちょっと残念」ぐらいにしか思ってなさそうでした。
またロイドの「言うことを聞いてくれたら神覚者に推薦してあげる」というのも本当にラッキーとか思ってるマッシュですが
フィンがロイドにいじめられてるのを見ると熱い心を見せてくれました。時折見せる心の熱いところがこれからの物語の中核になってくるかもしれないと感じました。
フィンはフィンで、後ろめたい気持ちで命令されるがままでしたが、やっぱりいい奴なのでマッシュに心を動かされて友情から罪を告白しました。
これからの展開はマッシュが時折見せる熱い気持ちと共に物語が進んでいくのではないかと思いました。
またロイドをボコボコにしたことによって更なる敵も増えると思います。

「マッシュル-MASHLE-」6話のネタバレ&感想・考察

2020年3月2日(月)週刊少年ジャンプ14号 発売

マッシュル-MASHLE- 6話 マッシュ・バーンデッドと学校のルール

つづきはこちらから

6話のネタバレ

前回、教頭先生のお気に入りで父親が偉い役人の息子を地面にめり込ませたマッシュ。地面にめり込ませるまでの過程を教頭は見ていたが、役人の息子が悪いのに役人の息子を厳罰にせず、マッシュを厳罰にしようする。教頭も偉い者を助けた方が得になるという考えの奴だったので、マッシュを退学処分にしようとする。しかし、マッシュはその考え方に怒りがわき教頭顔面に膝キックをお見舞いする。起こった教頭は魔法を唱えようとするが、先にマッシュが目くらませをし、床を掘って教頭を埋める。教頭は自分を地面に埋めるなど無事で済むと思うのかなどの脅し文句をかけるが、マッシュは平然と脅し」に屈せず教頭を地面に埋めようとする。(土をかぶせていた。)
後日、校長より教頭と役人の息子(キャンベル)の件でよびだされた。マッシュの行いを魔法局は許さず退学処分にするようにと通達がきたことをマッシュに伝えられる。
しかし、校長はマッシュの行いを褒め、この世の人々の考え方に不満や疑問を抱えていることを話す。マッシュの退学処分を取り消し、マッシュに学校でトップになってもらいたいことを伝える。改めてマッシュに学校トップになる方法について説明する(勉強や行事でいい成績を残し証のコインを集めること)がマッシュは情報が多すぎて気絶した。校長から激励の言葉を受けたマッシュ。校長はマッシュの顔の偽の模様に気付いている様子だが、マッシュがトップになれることを信じている。
後日、魔法界人気のスポーツ「ドゥエロ」の寮対抗戦が開かれた。」ドゥエロはほうきを使って行う競技なのだが、マッシュは1年生ながらチームに抜擢される。
今回の試合で勝つとコインがもらえるのだが、魔法が使えない、ほうきも乗れないマッシュはどうしようと若干焦っていた。

6話の感想&考察(ネタバレ含む)

「マッシュル-MASHLE-」の感想&考察(ネタバレ含む)1

30代女性
教頭先生の顔に何かをぶつけているシーンを見て、まさかシュークリームをぶつけたのではと最初は思ってしまいました。シュークリームでなく土でしたが、大好きなシュークリームをそのようなことに使うことはきっとあり得ないのだろうなと思いましたが、所々でシュークリームが出てくるので少し期待してしまいました。

「マッシュル-MASHLE-」の感想&考察(ネタバレ含む)2

30代女性
今回もマッシュの超人パワーが炸裂したのが見ていて面白かったです。力の限り地面を掘って、いつでも埋められるということを平気で言う主人公ってなかなかいないよなと思います。正統派に見えてダークな部分が目立つところがマッシュの魅力だと思います。

「マッシュル-MASHLE-」の感想&考察(ネタバレ含む)3

30代女性
今回の話で一番笑えたシーンが、校長に呼び出されて呼びだされた理由が「寮のキッチンで勝手にシュークリームを作ったから」と言ったシーンです。あのシュークリームは勝手にキッチンで作ったものだったのかと思うと笑えました。明らかに事件を起こしたことだと分かるのにボケなのか真面目に言ってるのか分からないマッシュが見ていて楽しいです。

「マッシュル-MASHLE-」の感想&考察(ネタバレ含む)4

30代女性
寮対抗戦のスポーツ大会が開催されるようですが、イメージの絵を見ているとハリーポッターに似ているなと思って笑えました。所々ハリーポッターっぽい所が今まで気になっていましたが、どんどん色濃くなりそうな予感がします。ホウキに乗れないマッシュがどのように活躍するのか楽しみです。

「マッシュル-MASHLE-」の感想&考察(ネタバレ含む)5

30代女性
真面目なバトル漫画になりそうになるかと思えば、笑いどころが多くて心が和んでしまいます。ギャグ漫画なのか、バトル漫画なのか、ほのぼの漫画なのかジャンルが分からなくなります。他の魔法をテーマにしたブラクロや魔女の守人などの漫画とは明らかにテイストが違っていて見ていて楽しいです。特に真面目なシーンでのシュークリームが初回からしつこく出続けているところが面白く、今回もあのシュークリームは勝手にキッチンに入って作ったことが分かって笑えました。次回はシュークリームがどんな形で出てくるのかが楽しみになって、逆に出なかったらどうしようって気持ちになりそうだなと感じています。笑いどころだけでなく、物語もしっかりしていて、マッシュの目的が今回更にはっきり分かりました。ちゃんと目的やゴールがある漫画は分かりやすくて良いと思います。次回の内容がハリーポッターに似たような競技が出てくるなと思うとそれも笑えました。ホウキで飛べないマッシュがどんな風に競技に挑むのかが楽しみです。

「マッシュル-MASHLE-」7話のネタバレ&感想・考察

2020年3月9日(月)週刊少年ジャンプ15号 発売

マッシュル-MASHLE- 7話

近日更新!


「マッシュル-MASHLE-」8話のネタバレ&感想・考察

2020年3月16日(月)週刊少年ジャンプ16号 発売

マッシュル-MASHLE- 8話 マッシュ・バーンデッドと強めの魔法使い

つづきはこちらから

8話のネタバレ

暑苦しくドゥエロの練習に誘うトム。大量に積んだ本を手にして勉強に誘うレモン。そんな2人に囲まれたマッシュは、フィンに助けを求めるが、フィンは寝たフリをしていた。そんな中に、前回マッシュの新聞記事を見ていた男・「ランス・クラウン」がやってくる。トムは彼の顔にアザが2本あることに戸惑い、彼が編入試験で1位成績であることを知っていたレモンはそのイケメンぶりに見とれていた。

ランスは、かなり昔の特殊な魔法道具だと言うビンを取り出し、その中にトム・レモン・フィンを閉じ込める。「これを返して欲しかったらフクロウ小屋横の森へこい」と言い残し、魔法で去ってしまうランス。マッシュは迷わず森に行き、ランスと一対一で向かい合っていた。

ランスは賭けをすると言い、銀の級硬貨(コイン)2枚を見せる。一部の上級生しか持っていないはずのそれを見たトムは驚く。しかも、アザの本数はその時点での魔力量を表すことから、ランスはかなりの強敵であることに気がつき、一人焦るトムだった。

ランスの提案する勝負は、お互いに級硬貨を賭けるもの。この学校では魔法を使った決闘はこれ以外タブーだと言うのだ。ランスは、編入試験の時のマッシュの行動の甘さを批判した。「自分の目的よりその日知り合った他人を優先させるなんて」、と。「そんなふざけた奴にオレが負けることはありえない」と断言するランス。そしてランスの底知れなさからマッシュへ警告を送るトムとレモンだが、マッシュはランスに対し「そういうのいいから 早くやろう」といつもの無表情で言うのだった。

ランスは杖を取り出し、「グラビオル」と唱え、「やりやすく」するために周りの地面を沈めた。「そういうパフォーマンスは必要ない」とすぐさま殴り掛かるマッシュ。しかし再び「グラビオル」と唱えたランスによって、マッシュの全身が地面に叩きつけられてしまう。ランスは、マッシュがたいした目的もなさそうなのに、銀の級硬貨を持っていることにこだわっていた。そして、自分と同じ次元に立つ人間はいらないと断じ、「お前みたいなカスは一生地面に這いつくばってろ」と、人間の力では耐えられないほどの重力を加えた。

しかし、「立たなくても十分だよ」と言うマッシュ。すると突然足場を崩され、今度はランスが倒れてしまった。マッシュは地面に手を突っ込み、木の根を片手で引き抜いて地面を割ったのだ。「君も本当は這いつくばるの好きなの?」と、マッシュはランスの目の前に立つのだった。

8話の感想&考察(ネタバレ含む)

30代女性
マッシュの周りも個性的な仲間たちで賑やかになり、絵的にも楽しくなってきましたね!突然やってきた新たな敵によってシリアス展開が始まってしまいましたが、ここから来週いつものギャグ展開になるのか、それとも仲間のためにマッシュが覚醒するのか、どちらに転んでも楽しみです!
30代女性
30冊以上の本を積み上げてプルプルプルプルと勉強の本を持ってくるところにちょっと萌えを感じました。というか、多すぎて漫画のコマからはみでてます!そのコマに萌えてると、あっという間に編入試験で1位のランス・クラウンが現れてビンの中に閉じ込めてしまいます。そして、フィンに戦いを挑みます。まだこの話では決着がつかず、続きが楽しみです。ちなみに、ビンの中から二人の戦いは見えるようです!3

漫画「マッシュル-MASHLE-」を無料で読む方法

「マッシュル-MASHLE-」が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。

「マッシュル-MASHLE-」は単行本化されていないため、現時点で完全無料で読む方法はありません。

ですのでここでは「マッシュル-MASHLE-」が掲載されている週刊少年ジャンプの、電子版コミック単行本を完全無料で読む方法をご紹介いたします。

「週刊少年ジャンプの電子版コミック単行本」を無料で読む

完全無料で読む手順(簡易版)

  1. 下記「U-NEXT無料登録はこちら」からお試し登録
  2. 登録完了後に600円分のポイントがプレゼントされるので、読みたい作品をポイントで読む
  3. 無料期間内に解約すると、完全無料!